ブリヂストン、ヨコハマ、ダンロップ……タイヤ以外の凄いコト ベスト10

ブリヂストン、ヨコハマ、ダンロップ……タイヤ以外の凄いコト ベスト10

クルマの足もとを支えるタイヤ……だけでなく、タイヤメーカーは実に多彩な分野で、その技術力をいかんなく発揮している。このメイン写真の人工芝もまさにそのひとつだ。

今回は多岐に渡るタイヤメーカーの“タイヤ以外の”取り組みから10の凄いコトを選りすぐってお届けする。

文:Boosterpackdepot編集部/写真:ブリヂストン、横浜ゴム、住友ゴム工業


1.西川産業のマットレスに新開発のウレタンフォームが採用

【ブリヂストン】

ブリヂストンが新たに開発したウレタンフォーム「ソムニフォーム」が、西川産業のコンディショニングマットレスの新商品「エアー03(ゼロスリー)」に採用された。

柔らかく、かつ高い反発弾性の特徴を持つソムニフォームを「エアー03」の上部層に一層追加することで、柔らかく包み込むような寝心地を提供。体圧分散性能の向上を追求している。

2.新たな天然ゴム資源!? ロシアタンポポの共同開発を開始

【ダンロップ】

より環境に配慮した高性能な商品提供を目指す住友ゴム工業は、新たな天然ゴム資源として「ロシアタンポポ」に着目。米ベンチャー企業のカルテヴァット社と、その実用化検討のための共同研究を開始した。

ロシアタンポポは、従来の天然ゴム資源であるパラゴムノキと異なり、温帯地域で栽培が可能なため、北米をはじめとする、世界の多くの地域で栽培が可能だ。

3.タブレットに最適。ブルーライトカットフィルムを開発

【ヨコハマ】

無色・透明で液晶ディスプレイの本来の色彩を損なうことなく、ディスプレイのバックライトに使用されるLED光源からのブルーライトを減衰できるフィルム「YF-Rシリーズ」を、横浜ゴムが開発した。

LED光源でのピーク波長となる450nm付近でも効果的にブルーライトをカットすることに成功している。

4.充填材を使わない人工芝「ハイブリッドターフEVO.」

【ダンロップ】

メイン写真でも紹介した人工芝がこちら。ゴムチップや目砂といった充填材(インフィル)の代わりに、カール状のヤーン(原糸)を織り込んだノンフィルタイプの人工芝、「ハイブリッドターフEVO.」だ。

豊富な実績を積み重ねた住友ゴム工業が送り出す、ロングパイル人工芝「ハイブリッドターフ」の新仕様で、充填材がウェアや肌に付着することがないため、さまざまな競技を快適に行うことができる。

5.ボディ剛性を高める自動車ウインドウ用高弾性接着剤

【ヨコハマ】

横浜ゴムが2016年12月に発売を開始した自動車窓ガラス用高弾性接着剤「Hamatite Hyper Sealant(ハマタイト・ハイパー・シーラント)」。

この接着剤は、高強度ポリマーと特殊添加剤の独自ブレンドにより、硬化後の弾性が高いのが特長で、フロント、リアガラスを窓枠に接着させることで、窓ガラス自体がボディの補強パーツになるという。

販売はチューニングショップを通じて行われる。

次ページ:家庭の水回りに、道路のジョイント……残り5つの凄いコト

 6.多彩なキッチンレイアウトを実現「スマートサイホン」
【ブリヂストン】

野村不動産、長谷工コーポレーションと共同で開発した、水が落ちることで発生する引く力(=サイホン力)を利用した新しい排水システムが、スマートサイホン。その新たな排水システムが、野村不動産の大規模分譲マンションに採用される。

従来の排水システムに比べ床下空間を低く設計でき、台所や浴室などの、水回りの配置の自由度が向上する。

7.新型道路ジョイントが首都高羽田線で採用

【ヨコハマ】

横浜ゴムの「YHT-N」型は、従来の「YHT」シリーズをリニューアルして2015年1月に発売された道路橋用伸縮装置(道路ジョイント)。

内部の止水ゴム部を改良する事により、止水性と耐久性が向上したほか、より幅広い取り替え補修に対応できるようコンパクトな構造を実現したもので、2016年1月に首都高速1号羽田線の道路ジョイント交換品に採用された。

8.バス乗降のバリアフリーに貢献する“縁石”

【ブリヂストン】

横浜国立大学、日本交通計画協会と、バス乗降時の正着性向上に関する共同研究を行っているブリヂストンが、「次世代正着縁石」のコンセプト、具体的な形状を考案。

これは、ドライバーの技量に依存せず縁石への進入角度を制御する“路肩スロープ”、縁石接触時のタイヤへの衝撃を緩和する“縁石底ラウンド形状”を有したコンセプトで、バリアフリー化に貢献することが期待されている。

9.寝苦しい夏の夜の安眠をサポート「雪枕 長時間」

【ダンロップ】

寝苦しい夏の夜を救ってくれるのが、ダンロップホームプロダクツが発売した保冷用具「雪枕 長時間」だ。

柔らかいソフトマット層と凍結層、冷気を逃がさない断熱シートの3層構造で構成されている。

また、寝心地を考慮し、凍結層は2分割して中央部分が沈み込む形状を採用。ソフトに首に沿うことで安らかな眠りを実現する。ドラッグストア、ホームセンターなどで販売。

10.世界初! タイヤから路面状態を判別してお知らせ

タイヤから接地面の情報を収集&解析し、路面情報やタイヤの状態を把握するセンシング技術を、ブリヂストンが世界で初めて実用化。

降雪など、刻々と変わる路面状態を車載解析装置によって判別。車内のディスプレイを介して、ドライバーへタイムリーに伝達してくれる。夜間など視界の悪い状況でも路面状態を的確に把握することができるようになり、安全運転を支援する。

最新号

Boosterpackdepot最新号

2020年までの新車完全網羅! Boosterpackdepot7月10日号

 Boosterpackdepot 7月10日号が、いつもより一日早い6月9日に発売。最新号は巻頭から、梅雨空を吹っ飛ばす暑~い新車スクープを展開。さらには、カローラスポーツを筆頭としたニューモデルのとれたて最新情報...

カタログ