冠婚葬祭もどんと来い? シチュエーション別おすすめスポーツカー

 

スポーツカーと一口にいっても車種はさまざまだし、得意なシチュエーション、苦手なシチュエーションがあるもの。また乗り手によって使いたいシーンもさまざまだろう。そこで編集部で”あるある”というシチュエーションを提案。それにマッチするクルマをエキスパートに選んでもらうことにした。2017年のスポーツカー選びのご参考に!!

文:Boosterpackdepot編集部/写真:小宮岩男、池之平昌信、奥隅圭之、西尾タクト、日産、マツダ
Boosterpackdepot2016年10月26日号

 

 


 

首都高全面封鎖でレースをするなら?

首都高はタイトなターンやトリッキーなコーナーが多い。舗装の質も異なるためグリップレベルだって違う。荒れている区間も多いし。この道を全開で走るとなれば、どの速度域でもどんな路面状況でも安心してアクセル踏めるクルマじゃないとダメ。

サスペンションストロークの少ないGT-Rはコントロールに苦労しそう。ということで指名したいのがホンダの新型NSXである。ウェットの鈴鹿で全開走行して以後、私のなかのNSXの評価はヒジョウに高い。ワイルドな首都高だって存分に楽しめることだろう。(国沢光宏)

NSXというと硬派なイメージも強いが、新型はサスペンションストロークもあり乗り心地がいい。首都高の荒れた路面でも充分快適に速いはず

鈴鹿や富士よりミニサーキットで速く走りたい!!

ミニサーキットとなるとニュル24時間やスーパー耐久、そしてラリーやジムカーナといったあらゆるモータースポーツフィールドで鍛え上げられたスバル WRX STIの戦闘力がモノを言う。コースが狭くなれば狭くなるほど、コーナーがタイトになればなるほどWRX STIが本領を発揮する!!

と言いながら、やっぱノーマルではGT-R NISMOに勝つのは厳しいかも? 優勝を狙わず楽しむなら、86かロードスターを選ぶ。もし耐久レースで初中級者とチームを編成しているとなれば、スイフトスポーツも悪くない。(大井貴之)

ハイテク4WDの効果で曲率の高いコーナーもなんのその。強烈なトラクションで速さはピカイチ

車種無制限のレースがあるとして選ぶならどのクルマ?

こ れはもう迷うことなくGT-R NISMO。600psというパワーも凄いが、10年を費やして煮詰められたボディ、足、4WD技術の完成度は恐ろしく高い。そこにレーシングテクノロ ジーが惜しみなく注ぎ込まれたエアロが装着され、ハイグリップタイヤまで装着されているのだから、GT-R NISMOはまさに無敵。

トータル性能が問われる鈴鹿サーキットはもちろん、ストレートの長い富士スピードウェイであろうが、ストップ&ゴーのツインリンクもてぎであろうが、速さを競うならGT-R NISMO以外考えられない。(大井貴之)

国産最強の座は盤石なGT-R NISMO。ニュルで鍛えたボディ、足回り、エンジンなど発売から10年近く経ついまも改良は続き、世界の一線級の性能を誇る

湘南で潮風を感じながら走りたい!!

海沿いの道を気持ちよく走ろうとしたら、やっぱしオープンカーだろう。で、改めて国産車のオープンカーをリストアップしたら愕然としたね。今やなんと3車種しか選べないのである!!

幸 い、ロードスターは世界TOPクラスの魅力を持つ。なんてったって幌を開けるのに数秒しかかからないだから。海に突き当たった交差点の信号待ちで屋根を 開けることだって可能。ロードスターと言えば走りだけを楽しむクルマだと思いがち。されどノンビリ走ったって楽しいのだった。(国沢光宏)

ロードスターにはRFもデビュー。汗臭くない、余裕を持って爽快感を味わえる1台だ

次ページは毎日使いたい人向けのシーン別おすすめスポーツ

 

最新号

Boosterpackdepot最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|Boosterpackdepot 6月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ

также читайте renault.niko.ua

ua-flowers.com/flower-delivery-kiev

misterroof.net/skylights