雪道に強いSUVは? おすすめ6台をピックアップ

 

すでに忘れている人も多いと思うが、一昨年の冬、2014年は「10年に一度の豪雪」と言われるほどに多くの雪害が発生した。今冬も地域によってはすでに予想外の積雪があったところもある。やはりこの時期、突然の雪にはしっかり備えておきたい。本記事では、雪のときに心強いSUVについて検証してみる。

文:渡辺陽一郎
Boosterpackdepotプラス2016年12月18日号

 

 


 

冬に効く四駆SUV(2.5Lオーバー編)

今日の国産SUVには、ミドルサイズ以下のシティ派が多い。エンジンの排気量も大半が2.5L以下に収まる。だからLサイズのSUVは少数派だが、個性的な車種がそろう。

その典型がFJクルーザーだ。北米向けのオフロードSUVで4WDはパートタイム式。カーブを曲がる時に前後輪の回転数を調節する機能を備えないから、舗装路は後輪駆動の2WDで走る。

そのかわり直結式の4WDは駆動力の伝達効率が高い。最低地上高も230mmの余裕があるから、悪路にはきわめて強い。V型6気筒の4Lエンジンも悪路走行に適する。

このFJクルーザーとプラットフォームなどを共通化したのがランドクルーザープラドだ。以前はFJクルーザーと同じ4Lのガソリンエンジンを用意したが、今は2.8Lのクリーンディーゼルターボに切り替わり、また2.7Lのガソリンモデルも踏襲している。

4WDにはセンターデフを備えるから、舗装路でも4輪を駆動できる。FJクルーザーと同じく駆動力を高める副変速機も備わり、足まわりの伸縮性も優れているから悪路に強い。そのいっぽうで舗装路の走行安定性も良好だ。

さてもう一台紹介しよう。前輪駆動ベースのシティ派では、ハイブリッドのレクサスRX450hを取り上げる。JC08モードは4WDで18.8km/Lと良好だ。後輪をモーターで駆動するハイブリッドならではの4WDだから、抵抗が少なく減速時の発電を前後のモーターで行える。そのために2WDと同じ燃費数値になった。

個性的なルックスと骨太な走りで根強い人気のFJクルーザー。生産終了の声も囁かれる。欲しい人は決断を急ぎたい
新開発の2.8Lクリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」を採用するランクルプラド
昨年10月にフルモデルチェンジしたRX450h。国産シティ派SUVの代表格ともいえる存在

冬に効く四駆SUV(アンダー2.5L編)

このジャンルで以前から好調に売れているのがエクストレイルだ。前輪駆動をベースにした4WDを搭載するシティ派SUVだが、シートや荷室に防水加工を施すなどオフロードモデル風の機能を持たせている。悪路に配慮されており、ハイブリッドも選択できる。

4WDはオールモード4×4と呼ばれ、前後の駆動系の間に電子制御式の多板クラッチを配置して、前後輪に最適な駆動力を配分する。舗装路は前輪駆動に近い状態で走り、抵抗を減らして燃費を節約。悪路などで前輪が空転すると、後輪に最大で50%の駆動力を配分する。

4WDにはモードの切り替え機能が備わり、前輪駆動の2WD、オート、多板クラッチの締結力を強めて駆動力の伝達効率を最大に高めるロックモードを選べる。

ラッシュ&ビーゴは1.5Lエンジンを積む小さなSUVだがオフロード派に含まれる。4WDは後輪駆動をベースにしたセンターデフ式で、舗装路を含めて4輪を常に駆動する。燃費では不利だが、後輪が空転した後で前輪に駆動力を伝える時間差が生じないから、悪路での安定性が高い。センターデフをロックすると走破力がさらに向上する。

そして先進の4WDとされるのが、アウトランダーPHEVのS-AWCだ。エンジンが直接駆動するのは前輪のみで巡航状態にかぎられ、大半の走行では前後に装着されたモーターが4WDとして駆動する。エンジンはおもに発電機の役目を果たし、綿密な駆動力の制御も可能になった。

スタイリッシュな外観でシティ派ではあるけれど、日産自慢の技術満載で悪路走破性もバッチリ確保しているエクストレイル
2006年の発売となるラッシュ&ビーゴ。近年では珍しいロングライフのモデル
SUV界最高峰の最新技術を装備したアウトランダーPHEV。走行性能ももちろん◎

 

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ