ブラジルGPで6位入賞!! F1トロ・ロッソとカシオがコラボした限定ウォッチ

近年のF1は、特にハイクオリティな時計ブランドとの関わりが深い。そうしたなかで日本メーカーで現在、唯一F1チームをサポートするカシオがトロ・ロッソとコラボレーションした限定ウォッチを今年、7月に発売した。今回は、その限定モデルのアウトラインとともに、これまでのカシオとF1の歴史に迫る。

文:WEBBoosterpackdepot編集部/写真:Red Bull、Toro Rosso


2009年、レッドブルへのサポートからF1との関係は始まった。

カシオとF1の歴史との関わり合いは今から7年前、2009年シーズンから始まった。現在サポートするスクーデリア トロ・ロッソの兄弟チーム、レッドブルへサポートする形で、カシオはF1参入を果たした。

当時のレッドブルは、新進気鋭のセバスチャン・ベッテルと実力派のマーク・ウェバーというドライバーを擁し、トップチームの仲間入りを果たそうかという勢いに満ちていた。


写真は2011年のレッドブル「RB7」。フロントノーズには「CASIO」の文字が躍る

そして、カシオがサポートを始めて2年目の2010年、ベッテルが自身初のF1ワールドチャンピオンを獲得。同時にレッドブルもコンストラクターズチャンピオンに輝き、チームとしても、その一員のカシオとしても初の戴冠を経験する。

以後、2013年まで4年連続でF1ワールドチャンピオンに輝いたレッドブルにサポートを続けてきたカシオは、今年からレッドブルに代わり、兄弟チームのトロ・ロッソへのサポートを開始。トロ・ロッソといえば、4回チャンピオンのベッテルや若手のホープ、マックス・フェルスタッペンがかつて在籍。今はWRCチャンピオンを父に持つカルロス・サインツJr.が在籍する“トップチームの登竜門”。この新進気鋭のチームと組み、新たな挑戦が始まった。

毎年出されるエディフィス限定エディション


ベッテルの左腕にはカシオエディフィスがレッドブルとコラボレーションした限定ウオッチがキラリ

現在、トロ・ロッソをサポートするカシオだが、レッドブル時代から、チームとコラボレーションしたスペシャルウォッチを毎年、限定で発売している。

カシオはF1のスポンサー活動を、自社のエディフィスブランドで展開しているが、この限定ウォッチも、そのエディフィスのもの。そして、今年、トロ・ロッソと始めてコラボレーションした限定ウォッチが「EDIFICE Scuderia Toro Rosso Limited Edition」だ。

エディフィスは、カシオらしい高品質さを持ちながら、「新卒の社会人でも手が届く」価格帯が売りのブランド。上記の限定ウォッチは、EFR-554をベースにし、ストップウォッチ機能なども搭載。価格は2万7000円(税別)。そして、今回はそのトロ・ロッソF1ドライバー直筆サイン入りモデルをプレゼント!! 詳細は下記のプレゼントページをご覧下さい。

プレゼント応募ページ

「Scuderia Toro Rosso Limited Edition」商品ページ

 


Scuderia Toro Rosso Limited Edition ■10気圧防水 ■ケース・ベゼル材質:ステンレススチール ■無垢バンド ■メタルバンド(ステンレススチール) ■ストップウオッチ(1秒、30分計、スプリット) ■精度:平均月差+-20秒 ■電池寿命:3年 ■サイズ(H×W×D):51.2×47.1×11.9㎜

最新号

Boosterpackdepot最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|Boosterpackdepot 6月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ

https://best-cooler.reviews/

https://shopvashtextil.com.ua