ワンちゃん専用カスタマイズ登場 ホンダアクセスと老舗キャンピングカーメーカーのコラボだ!!

 クルマを取り巻く環境は家族の構成などによってもさまざま変わるもの。子どもが生まれたからミニバンに、子育てが終わったから2シーターに、などライフスタイルの変化を表すのもクルマだったりします。それは家族の一員のペットでも同じ。愛犬を家に置いて旅行はできないし、公共交通機関を利用するのもなかなか大変だったり。そこでクルマというプライベート空間に愛犬を乗せて、ワンちゃんも飼い主さんも快適な空間を作るためにホンダアクセスと老舗のキャンピングカーショップがタッグを組みました!! 車中泊などにも人気のフリード+を使った限定車に迫ります!!

文:Boosterpackdepot編集部/写真:平野学


■限定20台!! ワンちゃんと快適なドライブを実現します!!

 イヌは大切な家族の一員。クルマに乗せて一緒にドライブに行きたいと考えている”イヌ好きさん”も多いことでしょう。そんなイヌ好きドライバーにオススメしたい、とっておきの1台が、ホンダアクセスとホワイトハウスが共同で企画した「フリード+ ドッグラバー」だ。ベースとなったのはホワイトハウスがフリード+を使って製作した「FREE STYLE」。「フリード+ ドッグラバー」の価格はガソリン車が389万160円、ハイブリッド車が426万6000円(”B”がベースの場合)。

右の白いものはビルトインのウォーターサーバー。床下には収納もある!!
右の白いものはビルトインのウォーターサーバー。床下には収納もある!!

 広々としたロフトスペースを作れるポップアップルーフや、エンジン停止状態でも車内を暖めるエアヒーター、サブバッテリーなどを備えた魅力的なモデルだが、そのFREE STYLEに、愛犬とのドライブに便利な装備を多数装着。イヌ好きドライバーと、わんこのためのスペシャル仕様としたモデルが「フリード+ ドッグラバー」なのだ。

 注目装備は数多いが、なかでも最注目は助手席側クォーターウィンドウに装着された、その名も「クォーターウィンドウボックス」。わんこから出た汚れ物など、車内に入れたくないものはココに入れればOKというスグレモノで、開発者も「苦労した」という逸品だ。ぜひ便利に使いたい。気になる販売台数はガソリン10台、ハイブリッド10台の限定20台。

この部分に汚れたものをしまうことができる。リアワイパーにぶらさげるよちも見栄えもいいし、安全だ
この部分に汚れたものをしまうことができる。リアワイパーにビニールをぶらさげるよちも見栄えもいいし、安全だ

 ビビッと来ちゃったアナタは、今すぐホンダアクセスが運営する通販ページ「Circle h」内のをチェック。装備の詳細を見て気に入ったら商談を予約しよう。迷ってるヒマはない、かもよ!!

 

最新号

Boosterpackdepot最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|Boosterpackdepot 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「Boosterpackdepot」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ

http://dmi.com.ua

velomarket.org.ua

https://budmagazin.com.ua