今年も冬がやってくる!! Boosterpackdepot名物、今季注目の「これを買うべし」スタッドレスタイヤ特集

 今年の夏は西日本では猛暑が続いたいっぽう、首都圏を含む東日本では長雨が続き、比較的気温の低い日が多かった。特に東北地方の人にとっては、今年は夏がなかったなぁ……と感じている人も多いのではなかろうか!? そんな今シーズンだが、そろそろ北海道から東北地方のドライバーにとってはスタッドレスタイヤへの交換を考える時期になってきた。非降雪地域のドライバーにとっては、まだまだでしょ!? と感じるかもしれないが、北海道からは雪の便りも聞こえ、確実に季節は冬に向かっている。降ってからでは時すでに遅し。準備は早めに進めましょう!!

文:Boosterpackdepot編集部/写真:Boosterpackdepot編集部
Boosterpackdepot2017年11月26日号「スタッドレスタイヤ特集」


■今季のスタッドレスは激戦が繰り広げられる!!

 今シーズンはスタッドレスタイヤが激戦だ。国内メーカーではブリヂストンと横浜ゴムが相次いで主力スタッドレスタイヤをフルモデルチェンジして送り込んできた。国内ワンツーシェアを誇る両社が同時にスタッドレスタイヤの新商品を投入するというのはこれまでにはなかったこと。キーワードはともにより高い氷上性能に加え、ロングライフ、ウエット性能、ドライ路での操安性能の向上である。スタッドレスタイヤの開発競争は、各タイヤメーカーの技術力の現われとも言えるため、力が入った新商品となっている。

 また東洋ゴムはミニバン専用スタッドレスタイヤ「WINTERトランパス」をモデルチェンジ。やはりアイス性能に加えてロングライフやドライ操安性をアピールする。海外メーカーではミシュランが久しぶりに日本向けスタッドレスタイヤをフルモデルチェンジ。新開発トレッドゴムの採用により、高いアイス性能を実現。グッドイヤーは「アイスナビ」をフルモデルチェンジして氷上ブレーキ性能の向上とともに転がり抵抗の低減をアピール。新製品を中心に、最新オススメスタッドレスタイヤをチェックしていこう!! 


【ブリヂストン ブリザックVRX2 全109サイズ】
〜発砲ゴムの進化で氷上性能向上。さらにドライ路での操安性も引き上げる〜

■どんなタイヤ
 発泡ゴムを採用し、アイス性能の進化でスタッドレスタイヤをリードしてきたブリヂストン「ブリザック」の最新作がVRX2である。アイス性能のさらなる向上はもちろんのこと、ドライ路面での操安性能、静粛性の引き上げにも着目した、新世代のスタッドレスタイヤとして、トレッドパターン、ゴムともに一新したフルモデルチェンジで登場した。

 キモになってくるのはもちろん発泡ゴムなのだが、VRXにも搭載されていた親水性の高いアクティブ発泡ゴムはそのままに、トレッドゴムのシリカをさらに増量することで低温時の柔軟性を高めているのがポイント。これによりいっそう氷雪路に密着し、高いグリップを引き出すことが可能となる。トレッドパターンはブロック剛性を高めるデザインが技術的なポイント。

 制動時などのGによりブロックが倒れ込み変形することで接地面が減少してグリップ力が低下する。サイプの形状や配置などを最適化することでブロック剛性をVRXに対して24%高めている。これにより接地面の減少を抑制し、高いグリップ性能を安定して発揮させることができるのだ。

進化した「アクティブ発砲ゴム2」を採用し、氷上ブレーキ性能10%短縮
進化した「アクティブ発砲ゴム2」を採用し、氷上ブレーキ性能10%短縮

■乗ってどうだ!?
 今回は従来品となるブリザックVRXとの比較試乗が氷上テスト路で可能だった。30km/hからの制動テストでは、体感的には大きな差異を感じ取ることはできなかったものの停止距離は数回のテストを繰り返しても平均して1.5m程度VRX2が手前で停止することが確認できた。体感的に大きな進化を感じたのは氷上旋回路での操縦性。操舵に対してクルマの反応の『手応え感』がダイレクトでクルマを動かしやすいのだ。

 定常円旋回の限界速度もVRXでは20km/hだったものが23km/hに高まっているし、アクセルの微妙な踏み込みや戻しに対するクルマの反応がわかりやすいので安心して限界点を探ることができる。これがブロック剛性が高まったことによる大きな効果のひとつなのだ。圧雪ハンドリング路を走ると、VRXでは若干操舵に対するクルマの反応の遅れ、とくにS字の切り返しやレーンチェンジのような動きをした際にタイヤがよれてワンテンポ遅れて挙動が発生するような場面があったが、VRX2ではそうしたネガティブな印象を感じることはなく、積極的にスノードライブを楽しむ余裕がある。

 また今回はテストコース周辺の一般道を試乗することもできたのだが、除雪されたドライの国道を走ると、直進性のよさ、ワダチ乗り越え時の安定性などが格段に高まっており、一般的なスタッドレスタイヤで感じる「やわさ」がなくとても安心感がある。

VRX2では従来品で感じた圧雪路での操舵に対するレスポンスの遅れが改善された
VRX2では従来品で感じた圧雪路での操舵に対するレスポンスの遅れが改善された

【横浜ゴム アイスガード6 全95サイズ】
〜さらに進化したコンパウンドとパターンで氷上性能とともにウエット性能も向上〜

■どんなタイヤだ!?
 2012年、先代アイスガード5のパターンはそのままに吸水密着性を高めた新開発コンパウンドを搭載して登場したアイスガード5プラス。氷上性能が大幅に高められたことを実感したものだが、今回の『アイスガード6』はその名が示すようにフルモデルチェンジの最新作で、新デザインのパターン、新開発コンパウンドを採用する。

 「アイス性能はもちろんですが、ユーザーからの要望の高いウエット性能を大きく引き上げました」と横浜ゴム開発陣は言う。新開発トレッドデザインは左右非対称。イン側は主にアイス性能を追求するため、サイプ密度を高め、接地面積を拡大している。いっぽうアウト側は雪上性能のために溝面積を拡大するとともにブロック剛性を高めている。『クワトロピラミッドディンプルサイプ』はサイプ内部を立体的4つ折りにすることで荷重がかかった際の倒れ込みを抑制。『ダブルマイクログルーブ』が排水性を高めるとともに横方向へのエッジ効果を高めている。

 ゴムはシリカを採用するとともにオレンジオイルSを配合し低温時の柔軟性を高め密着効果を増大。これが氷上だけではなくウエット性能にも大きく効いてくるとのこと。ヨコハマ独自の新マイクロ吸水バルーンが効果的に氷上の水膜を吸水するとともに露出したバルーンの断面が引っ掻き効果を発生し、より強力なアイスグリップを発揮するのである。

[]
「新マイクロ吸水バルーン」を配合した新開発「プレミアム吸水ゴム」を採用し、氷上ブレーキ性能15%向上、ウエット性能5%向上

■乗ってどうだ!?
 試乗当日は2月の北海道にしては異例ともいえる高温で日中はプラス気温。スタッドレスタイヤの性能を確認するには非常に厳しいコンディションだった。そのため、氷盤路面での試乗はキャンセルされ、半年後の6月に改めてアイススケートリンクの試乗で確認することとなったのだが、15%短縮されたという氷上ブレーキ性能、7%短縮されたという氷上旋回性能について、アイスガード5プラスとの比較でしっかりと確認することができた。

 また、雪上性能については北海道での試乗で確認したのだが、水分を多く含んだ滑りやすいコンディションにもかかわらず、安定したトラクション、コーナリング性能を確認した。スタッドレスタイヤは転がり抵抗が大きいイメージだが、実はこのアイスガード6、サマータイヤのECOS ES31と同等の性能を実現しているのだ。

左右非対称トレッドパターンを採用。イン側は接地面積を拡大しアイス性能、アウト側はブロック剛性を高めて雪上性能とドライ路性能を高めている
左右非対称トレッドパターンを採用。イン側は接地面積を拡大しアイス性能、アウト側はブロック剛性を高めて雪上性能とドライ路性能を高めている

【東洋ゴム WINTERトランパスTX 全31サイズ】
〜ミニバン専用設計のスタッドレス。大幅進化してアイスもドライも性能up!〜

■どんなタイヤだ!?
 専用タイヤ発想のトーヨータイヤのミニバン用スタッドレスタイヤが『ウィンタートランパス』シリーズ。その最新作がTXだ。アイス性能を追求することはもちろんだが、車高、重心が高いミニバンの特性にマッチさせた高剛性構造と専用デザインの非対称トレッドパターンを採用することでレーンチェンジ時などのふらつき感を大幅に抑制している。トレッドパターンはアウト側には大型ショルダーブロックを採用することでコーナンリング時のしっかり感を高めている。

 また、サイプを斜めに入れることで舵角を与えた際のブロック剛性を高めているのが特徴的。いっぽうイン側は『3Dダブルウェーブグリップサイプ』と名付けられた立体的なサイプ構造を採用することで、前後方向に負荷がかかった際にサイプが倒れ込んで接地面を減少させてしまうことを抑制。また、この時にサイプの間隔が押しつぶされて閉じてしまうことを抑制するデザインとすることで吸水性を高めている。トレッドコンパウンドもイン/アウトで異なるものを搭載しており、イン側はアイス性能を追求したスーパーソフト、アウト側は剛性を確保するソフトコンパウンドとしている。

新開発「3Dダブルウェーブグリップサイプ」によりブロックの倒れ込みを抑制し、アイス制動性能を向上
新開発「3Dダブルウェーブグリップサイプ」によりブロックの倒れ込みを抑制し、アイス制動性能を向上

■乗ってどうだ!?
 旧来品となるMK4αとの比較試乗をすると、7年間の技術進歩を実感。氷盤路での発進トラクションでまずは明確な差を体感。アクセル開度に対する車速の伸びが圧倒的に違う。20km/hでスラロームを試すと、切り始めのグリップ感、クルマの反応がTXでは「じわり」と感じられるのに対しMK4αはスッと抜けてしまうのだ。

 圧雪路面で50km/hからスラロームを比較したのだが、狙ったパイロンに対しより小さい舵角でスッスッと切り返すことができるTXに対しMK4αはクルマの反応がワンテンポ遅れ、パイロンから離れてしまう。このあたり、ショルダー部のブロック剛性が大きく効いている印象だ。アイス路面で20km/hからのブレーキングを試すと、MK4αに対しTXは半車身分程度手前で停止できることが確認できた。ブレーキペダルを踏んだ瞬間の接地感、減速感が大きく違い、これがアイス路面の走行で大きな安心感となる。

左右非対称パターンのイン側にスーパーソフトコンパウンドを配しアイス性能を高めている
左右非対称パターンのイン側にスーパーソフトコンパウンドを配しアイス性能を高めている

【ミシュラン X-ICE3+ 全15サイズ】
〜トレッドデザインはそのままだけど新素材「Mチップ」配合で減ってもよく効くアイス性能〜

■どんなタイヤだ!?
 すでに発売開始から5年が経過している「X-ICE XI3」だが、いまだに高いアイス性能には定評があり、販売面でも大いに健闘しているという。とはいえ国内各タイヤメーカーのスタッドレスタイヤは順次モデルチェンジをしており、ミシュランもいよいよ新商品を投入することとなった。
パッと見た印象、従来品との差異を感じなかったのだが、それもそのはずで、トレッドパターンデザインはXI3を踏襲している。

 マーケティングを担当する日本ミシュランの望月一郎氏は「パターンデザインはすでにベストなものができているのでそれを引き継ぎました。今回は新開発ゴムの採用により、とくに摩耗が進んだ時のアイスブレーキ性能が高く維持されるようになったのがポイントです」と説明する。XI3のトレッドパターンは40%摩耗時でも新品時と「顔」に変化はなく、トレッドパターンに由来するエッジ効果や接地面効果などは新品時と大きく変化しないというのがアピールポイント。

 新商品最大のポイントとなる新開発「表面再生ゴム」なのだが、「Mチップ」と呼ばれるミシュラン独自の新素材が配合されており、トレッドゴムが摩耗するとMチップが溶け出し、トレッド表面に無数の微細な穴が出現する。この穴が氷上面の水膜を除去し、タイヤが氷に密着すること高いグリップを発揮し、それが摩耗後にも維持されるのだ。

新開発「Mチップ」を配合したトレッドゴムは摩耗時にMチップが溶け出し空洞となり、この空洞が氷上の水膜を除去
新開発「Mチップ」を配合したトレッドゴムは摩耗時にMチップが溶け出し空洞となり、この空洞が氷上の水膜を除去

■乗ってどうだ!?
 氷上ブレーキテスト(初速20km/h)ではX-ICE3+の新品とドライ路面で1万km実際に走った状態のものの比較テストを実施したのだが、結果は新品=6.81m、摩耗品=9.30mで、当初説明されていた8%よりも落ち幅は大きかったが、実は新品時の6.81mという結果が圧倒的に「いい」数字なのだ。今回は新品時のテスト結果が期待値以上だった、ということ。

 実際に試乗をすると、トラクション、ブレーキといった縦方向のグリップの高さが特に印象的。立っていられないほどのツルツル状態の氷盤テスト路をリーフで全開加速をすると、トラクションコントロールを効かせながらギュギュギュ……と加速をしていく。ブレーキングも同様で、ペダルを踏み込んだ瞬間の制動力の立ち上がりが心強い。圧雪路での印象は、横方向のグリップ力の高さ。コーナリング中の操舵の切り増しに対する応答性の高さや滑り出しのグリップ感の感覚がドライバーに伝わりやすく、それが安心感につながるのだ。

圧雪路での走りはエッジがしっかりと雪上を掴むような安心感がある
圧雪路での走りはエッジがしっかりと雪上を掴むような安心感がある

【グッドイヤー アイスナビ7 全67サイズ】
〜日本の氷雪路に合わせて開発されたアイス性能&低転がり性能

■どんなタイヤだ!?
 グッドイヤーのスタッドレスタイヤ「アイスナビ」シリーズが初めて日本で販売されたのが1997年のことだったので、今年は20周年にあたる年。その今年6月に発表されたのが新開発スタッドレスタイヤ「アイスナビ7」だ。ユーザーがスタッドレスタイヤに求める性能は、昔も今も変わらず、氷上グリップ性能が圧倒的に高いのだが、時代とともに氷上性能が飛躍的に高まってくると、今度は乗り心地だとかドライ路面での操安性能、低燃費性能など、氷雪路性能以外にも要求が広がってきた。

 アイスナビ7は、日本の氷雪面にマッチするよう開発されており、新開発トレッドデザイン、最新のゴム配合技術などを満載し、従来製品の「アイスナビ6」のドライ性能、ライフ性能を維持しながら、氷上ブレーキ性能を7%高めるとともに、転がり抵抗を4%低減するなど、最新のスペックで登場した。トレッドデザインでは雪中剪断力を高めるジグザグに配置されたラグ溝「バイティング・スノー・デザイン」、排水性能を高めるアクアスプラッシュグルーブ(ウエットブレーキ2%向上)、ショルダーブロックに採用される「エキストラ・マルチプル・サイプ&ウルトラNAVIブレード」(エッジ成分が13%向上し、氷上グリップ向上)などがポイント。
 
 トレッドゴムでは低温下で柔軟性を維持するシリカを微細粒子化し、高密度に分散廃合する「エキストラ・コンタクト・コンパウンド」を新開発。これらにより氷上ブレーキ性能は7%向上した。

微粒子シリカ分散配合により、低温の氷上でも柔軟性を失わない新開発トレッドゴム採用
微粒子シリカ分散配合により、低温の氷上でも柔軟性を失わない新開発トレッドゴム採用

■乗ってどうだ!?
 試乗はアイススケートリンクの特設ステージで実施されたのだが、旧来品となる「アイスナビ6」との比較試乗により、アイス性能の向上が体感できた。特にブレーキングは、15km/hからの制動でプリウス半車身分手前で停止することを確認。ブレーキペダルべた踏みでABSを作動させながらの減速となるのだが、初期の食い付きがよく、ポンと踏んだ瞬間にグッと減速感を感じられるため安心感が高い。また、横方向のグリップも、特に切り始めの反応、切り込んで行ったあとの追従性に明確に差異を感じた。今回はスケートリンクでの試乗だったので雪上性能やドライ性能は確認できなかったが、一番のキモとなるアイス性能は大きな進化を感じた。

微粒子シリカの増量配合で低温下でのゴムの柔軟性を維持する
微粒子シリカの増量配合で低温下でのゴムの柔軟性を維持する

 

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ