Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
日本はタイ・バンコクモーターショーで元気をもらおう! | 自動車情報誌「Boosterpackdepot」- boosterpackdepot.info

日本はタイ・バンコクモーターショーで元気をもらおう!

「大変よかった。こういう熱さこそ東京モーターショー、ひいては日本の自動車市場に足りないものです!」と熱っぽく語るのは、タイでバンコクモーターショーをじっくり見てきた自動車ジャーナリストの鈴木直也氏。

 どこがどういうふうに熱かったのか? そもそもタイの自動車市場ってどんな感じなのか? じっくり伺ってみました。
※当記事メイン写真は、タイでは「神」扱いの日産GT-Rと開発責任者(2017年〜)の田村宏志氏。
文:鈴木直也


■アセアンにおける自動車の聖地・バンコク

 われわれ自動車メディア業界で「モーターショー」というと、フランクフルト、ジュネーブ、そしてデトロイトあたりを取材するのが定番だ。

 いわゆる“先進国”のモーターショーでは、注目のニューモデルが世界お披露目されることが多いし、EVや自動運転技術など、自動車の未来を左右するハイテク展示も盛りだくさん。とうぜんメディアの注目度も高い。

 そのいっぽうで、成長率という点では先進国のモータリゼーションは頭打ち。

 販売台数を伸ばしているのは、中国を筆頭とするアジア圏の途上国が中心だ。先進国モーターショーを取材すると、環境やエネルギー問題をどう克服するか、難しい問題に頭を悩ませるが、途上国のモーターショーはもっとアッケラカンと「クルマ大好き! クルマ欲しい!」という熱気に包まれている。

ショー会場である「インパクト・チャレンジャー」。60,000m²の広さを持ち、世界最大の柱のないエキシビションホールとなる。マイケル・ジャクソンやX JAPANもライブを実施
バンコクモーターショーの会場である「インパクト・チャレンジャー」。60,000m²の広さを持ち、世界最大の柱のないエキシビションホールとなる。マイケル・ジャクソンやX JAPANもライブを実施した会場

 ジャーナリスト的には、クルマが直面する課題について取材して小難しいことを言わなくちゃいけないのだが、単純にクルマ好きが元気をもらえるのはどちらかというと途上国モーターショー。取材していても、じつはソッチの方が面白い。

 その雰囲気的は、ちょうど日本が50年前に経験したマイカーブームみたいな感じ。ワールドプレミアのニューモデルや、EV/自動運転のコンセプトカーは出てこないけれど、モーターショーとそこに集まる観衆のクルマ熱はすごいものがあるのだ。

日本車が大人気。アルファード/ヴェルファイアのドレスアップカーが大人気だというから、日本と似ている??
日本車が大人気。アルファード/ヴェルファイアのドレスアップカーが大人気だというから、日本と似ている??

 そういう「これからモータリゼーション盛り上がるぜ!」というエネルギーを実感するには、毎年3月末に開催されるバンコク・モーターショーがお勧めだ。

 ご存知のとおり、タイは「アジアのデトロイト」といわれるくらい世界中の自動車メーカーが工場進出している国で、国内マーケットは80万台程度だが輸出を含めた国内生産は200万台に迫る。

 900万台の日本と比べればまだまだだが、アセアン諸国ではダントツの自動車大国。モーターショーの盛り上がりも域内随一の規模といっていい。

トヨタ・ヤリス(日本名ヴィッツ)のセダン版「ヤリス・エイティブ」。なかなかカッコいい
トヨタ・ヤリス(日本名ヴィッツ)のセダン版「ヤリス・エイティブ」TRDバージョンが会場で人気を集めていた。確かになかなかカッコいい

 エアチケットや宿泊代などの経費も、海外モーターショーとしてはとってもお手軽だ。

 LCCを使えば成田~ドンムアンが3万円以下。モーターショー会場の「インパクト・チャレンジャー」という施設はスワンナプーム空港より古いドンムアン空港の方が近くて好都合。空港からタクシーに乗れば千円足らずで会場まで移動できる。

 モーターショーに展示されているクルマの見どころは、アジア市場向けに造られた日本車と、意外なくらい充実している右ハンドル欧州高級車だ。

 東南アジア諸国の例に漏れずタイも日本車天国で、2017年のデータで日本車シェは約85%。日本では売っていないクルマもたくさん走っていて、これが意外にカッコよくて面白いのだ。

ピックアップトラックも根強い人気。写真はハイラックス・レヴォ
ピックアップトラックも根強い人気。写真はハイラックス・レヴォ

■超高額な日本車がバンバン売れる!!

 まず目立つのは、アジア圏では定番のピックアップトラック。日本にも導入されて話題になったハイラックスをはじめ、フォード、GM、三菱、いすゞが覇を競っている。

 最近は実用車としてではなく、スポーティにトラックを乗りたいというニーズも増えているようで、ハイラックスのTRD仕様なんかが、日本にもこれを入れればいいのに、と思うくらいにカッコイイ。

 また、日本と違ってコンパクトカーでも人気はセダンで、ヤリス・エイティヴ、ブリオ・アメイズ、三菱アトラージュなどが花盛り。マツダもデミオのトランク付きバージョンを売っている。

 そしてもうひとつ、アジアンモーターショーのひとつの特徴は、ただの展示会ではなく即売会でもあるということ。もちろんバンコクモーターショーも例外ではなく、コンセプトカーなどの特殊なクルマを別とすれば、会場にあるクルマはほとんど買うことが可能だ。

 それゆえに、ショーの初日はプレスデイではなく「VIPデイ」。招待されたお得意様がクルマを品定めする日として用意されている。

 日本人の感覚からすると、「え~? モーターショーでクルマ買うの?」と思うかもしれないが、金利の優遇やさまざまな特典が用意されているようで、驚くなかれ約2週間の会期中昨年の実績では3万4000台ものクルマが売れている。

日本よりもさらに高額なポルシェ911GT2が会場で売れてゆく。この「熱さ」をぜひ日本でも導入してほしい!
日本よりもさらに高額なポルシェ911GT2(右ハンドル仕様)が会場で売れてゆく。この「熱さ」をぜひ日本でも導入してほしい!

 しかも、ショーで売れるのは高級車が多い。タイは関税80%にプラス物品税などで、輸入車の価格は日本のほぼ3倍が相場。人気のアルファード・ヴェルファイアで1500万円、レクサスLSで3500万円くらいの値がつくのだが、そういう高価格車がバンバン売れるらしい。富裕層だけを見るなら、タイのお金持ちは日本以上に景気良くお金を使うのだ。

 そして、そういうお金持ちが集まっているところには、美しい花が添えられるのがお約束。バンコクモーターショーで忘れちゃいけないのが、アジアン・ビューティなコンパニオンのお姐さん方。それは質量ともに世界のモーターショーの中でもトップクラスにある。

 全国の美女を選りすぐって、ミス・モーターショーを決めるコンテストが行われ、彼女たちがアンバサダーとなってVIPやプレスへの対応を行う。また、プレスデイ終盤には、各メーカーご自慢の綺麗どころが会場のメインストリートをパレードするのだが、総勢で400人を超える美女のパレードがほとんど2時間近く続く。

■この「熱さ」こそ東京モーターショーに足りないものだ

 もし、あなたが初めてタイを訪れたのなら、いろんな意味でその熱気に圧倒されると思う。

 もちろん、熱帯だから気温が暑いというがまずあるが、果てしなく続く渋滞、近代的なショッピングモールと屋台が混在する街並み、そこに集う人の多さ……。どこを見ても、なんか日本と比べるとホットなのだ。

 クルマ好きにとっては、そんなホットなタイを味わうおすすめイベントがバンコクモーターショー。みなさんも機会を見つけてぜひ訪れてほしいものであります。

最新号

Boosterpackdepot最新号

Boosterpackdepot 10月10日号 スバル・ミドシップスポーツの真偽に迫る!

 毎月10日と26日に発売される自動車総合誌「Boosterpackdepot」の最新号が本日発売! 今号の巻頭スクープは衝撃情報の真偽を追跡。その衝撃情報とは、なんとスバルからミドシップスポーツが市販されるというもの。本誌スクープ班が総力をあげてその情報の核心…

カタログ