日本導入祈願!! 国産メーカーのカッコいい海外専売SUV 4選

 世界的なSUVブームを背景に、多くのメーカーが新型SUVの日本導入を決めている。代表例としては今年発売予定の新型ホンダCR-Vや、NYショーで公開され年末〜来年初頭に日本発売予定の新型トヨタRAV4などなど。

 ただCR-VにしてもRAV4にしても、アメリカ仕様の日本版。どうやらちょっと価格が高くなりそう。

 それならアジアに視野を広げてみてはどうだろう。性能も価格も魅力的なSUVがあるのではないか。ちょっと探してみたら、各社あるじゃないですか、日本未導入のSUVが。すでに台数が出ているモデルなら、価格もグッと抑えられるはず。以下、紹介する海外専売SUV勢、ぜひとも導入を検討してほしい!

文:Boosterpackdepot編集部、BoosterpackdepotWeb編集部


■マツダCX-4

 2016年に中国市場専売車として発売が開始されたスタイリッシュなクロスオーバーSUV、CX-4。その開発コンセプトは「エクスプローリング・クーペ」で、マツダのクロスオーバーSUVモデルのなかでも最も背の低い流麗なボディシルエットを採用しているのが最大の特徴だ。

 そのCX-4だが、クーペSUV人気の高い中国市場での販売は絶好調。世界的なクーペSUV市場の活況から、早ければ今年中には米国での販売も開始されるとみられている。そうなると、日本市場での導入も期待できる。

 CX-4のボディサイズは全長4633×全幅1840×全高1535mm、ホイールベース2700mmで、CX-3(全長4275×全幅1765×全高1550mm、ホイールベース2570mm)はおろか、CX-5(全長4545×全幅1840×全高1690mm、ホイールベース2700mm)の全長も凌ぐ大きさ。

 うーん、カッコいいけどちょっとデカいか。とはいえ何しろ中国で売れているなら安く日本でも売れそう。

 中国市場ではクリーンディーゼル車の設定がなく、2Lと2.5LのSKYACTIV-G搭載車のみだ。もし日本に導入されるとなると、これに2.2Lのクリーンディーゼルが追加されることになるだろう。

 3列シートのCX-8が好調にスタートを切り、2月の一部改良で2.2Lディーゼルエンジンを最新型に切り替えたCX-5、昨年新たに2Lガソリン車を加えたCX-3と、SUVのラインアップに「厚み」を加えたマツダ。この好調なマツダSUV軍団にもう1台加えてほしい。

■三菱パジェロスポーツ

 かつて「チャレンジャー」という車名で日本でも生産・販売していたパジェロの兄弟ブランド車。現行型は2015年8月にタイで発表され、同年秋にタイおよび東南アジア諸国で販売を開始、2017年11月からはロシアでも生産・販売を開始した世界戦略車。

 本格的なアウトドア走行を想定して強固なフレーム構造を採用。エンジンは2.4Lディーゼルターボが主役で、これにアイシン製電子制御8速ATが組み合わされる(3L、V6ガソリンエンジン仕様も用意)。

 ハイ/ローの副変速機を備えたスーパーセレクト4WD-2(電動式アクチュエーターとセンターデフを持つフルタイム4WD)を採用しており、4つのオフロードモード制御(ハイギアの4Hと4HLc、ローギアの4LLcと2WD)はプッシュスイッチで操作可能。

 最低地上高218mmで、フレーム付きのボディが持つ悪路走破性は国産車随一の実力。昨年11月にはフィリピン警察が40台このパジェロスポーツを納入したことがニュースになった。

 スタイルもなかなか現代的。世界的なSUVブームを背景に、ぜひ日本導入を期待したい。

■ホンダWR-V

 ホンダは新興国に魅力的なSUVを持っている。タイなど東南アジアには7人乗りのBR-V、インドやブラジルには5人乗りのWR-Vが発売され人気となっている。

 このうちBR-Vは全長4450mmほどの7人乗りなので、日本で実用的かといえばちょっと厳しい。しかしもういっぽうのWR-Vは全長4000mmとほぼフィットと同じ大きさで、ヴェゼルよりも小さいため取り回しやすく、後席も快適だ(新興国向けのコンパクトカー「ブリオ」がベースなので、価格も安価にできそう)。スペックは全長3999×全幅1734×全高1601mm(インド仕様)で、これに1.2Lのガソリン仕様と1.5Lのディーゼルエンジンが搭載される。

 スズキのクロスビーの人気が続けば、ヴェゼルやトヨタのC-HRよりさらにワンランク下のSUVカテゴリーも盛り上がりそうな気配がある。

 すでに東南アジアではかなりの数が出ているから、量産効果で価格も100万円台に抑えられそう。格安で発売すればこのカテゴリーを一気に独占できるかも。

■ダイハツテリオス

 日本では1997年4月に発売し、2006年に後継車「ビーゴ」にバトンタッチして車名消滅。そのビーゴも2016年3月に生産終了となった。しかしそんな(国内では不遇だった)テリオスも、東南アジアでは活躍を続けた。ロングボディの7人乗り仕様も用意され、2017年11月には「3代目テリオス」としてフルモデルチェンジ。今回紹介したいのは、その3代目だ。

 最大の特徴は、このスタイルなのにFR(つまり2WD)のみ。「走破性は大丈夫なのか?」と心配になるが、ダイハツは「高い走破性に加え、操縦安定性や乗り心地、NV性能、燃費などの基本性能を大幅に向上し、競争力を確保した」と胸を張る。

 全長4435✕全幅1695✕全高1705mmとサイズはトヨタC-HR(全長4360✕全幅1795✕1550mm)と比べると、やや長く、やや幅が狭く、やや全高が高い。アセアン向けの次世代エンジン「2NR-VE」(1.5Lガソリン仕様)を搭載しており、デザインのクオリティも高い。

 なによりこのクラスで3列シート7人乗りって、けっこう需要がありそうです!

最新号

Boosterpackdepot最新号

新型カローラ日本仕様 完全判明!!|Boosterpackdepot 12月26日号

 2018年も残すところ約1ヵ月。Boosterpackdepot 12月26日号が11月26日より発売となった。今号の巻頭では、話題となっているトヨタ MR2復活説の真偽、そして待望の国民車、新型カローラ日本仕様の詳細を捕捉!  中国で世界初公開されたカローラ…

カタログ