発売から7年超!! トヨタ ヴィッツ&エスティマに新型が出ない理由

 堅調に売れる車は、発売から5~7年を経過するとフルモデルチェンジを行うハズ。……なのだが、トヨタのヴィッツとエスティマは少し「事情」が違う。現行ヴィッツは発売から7年以上が経過したものの、2018年2月には登録車中10位の7122台を販売。片やエスティマは現行型の発売から12年近く経過。2018年2月の販売台数こそ881台と低調気味だが、2016年には全登録車中31位となる年間2万336台を販売。登場後10年以上が経過したモデルとしては望外に売れていた。なぜ、両車に新型が出ないのか。

文:渡辺陽一郎/写真:編集部


営業マンも苦悩!? ヴィッツが抱える「事情」

2代目ヴィッツ。こちらは2005年から2010年まで、のべ約5年間販売され、現行型へバトンタッチした
2代目ヴィッツ。こちらは2005年から2010年まで、のべ約5年間販売され、現行型へバトンタッチした

 まずはヴィッツだが、1999年に発売された初代モデルは、トヨタの海外戦略車にも位置付けられ(海外名:ヤリス)、従来のスターレットとは異なる欧州車風の車作りが特徴だった。

 内外装は上質で、居住空間はボディサイズの割に広い。この後2001年にホンダからフィットが発売され、ヴィッツはグレード構成を見直すなど対抗策として買い得感を一層強めた。

 2005年にはヴィッツが2代目にフルモデルチェンジされ、内外装をさらに上質にして見栄えはミドルサイズ並みになった。乗り心地や静粛性も向上して、日本車ながらもプレミアムコンパクトカーの雰囲気を感じさせた。

 ところが、2010年発売の現行型には驚かされた。車内に入るとインパネ周辺の質が下がり、走らせればノイズが大きく、特に直列3気筒の1Lエンジン搭載車は騒々しい。乗り心地も14インチタイヤ装着車を筆頭に粗さが目立った。

 取り扱いディーラーのネッツ店からは「3代目の新型は(質感が下がったために)2代目の先代ヴィッツを使うお客様にすすめられない。セールス活動に支障が生じている」との声も聞かれた。

 そこでヴィッツは2012年に内装に改善を加え、2014年には新型エンジンの搭載と併せてスポット溶接箇所の増加、ボディ底面に装着された補強材の大型化、吸音材/遮音材/制振材の追加などを行った。

 この時に喜んだのがネッツ店のセールスマンで「ようやく先代ヴィッツのお客様に乗り換えの提案ができる」と語った。

 2015年には緊急自動ブレーキを作動できる安全装備のトヨタセーフティセンスCを採用して、2017年にはハイブリッドを設定。この時にもスポット溶接箇所を増やして新しいショックアブソーバーを採用した。

 発売後に足まわりの硬さを調節する程度なら理解できるが、スポット溶接箇所を増やして補強材も変更するとなれば話は別だ。

 3代目の品質低下を発売後の改良が裏付けており、未熟な商品を市場に投入したことになってしまう。セールスマンに「先代ヴィッツのお客様にすすめられない」と言わせたのでは、新型車として失格だろう。

現行ヴィッツの質感低下と新型が遅れている理由

こちらは発売当初の現行型ヴィッツ。2014年と2017年の改良で、それぞれ外観を一新し、現在に至る
こちらは発売当初の現行型ヴィッツ。2014年と2017年の改良で、それぞれ外観を一新し、現在に至る

 質感低下の背景にあったのは、2009年に深刻化したリーマンショックだ。世界的な不況で、国内市場に与えた影響も大きい。

 国内の販売総数を対前年比で見ると、2008年はマイナス5%、2009年にはマイナス9%で461万台まで下落した。2017年の523万台に比べると88%、国内販売がピークだった1990年の778万台に比較すると59%であった。

 この不況はすべての新車開発にも影響を与え、ヴィッツの質感低下、フルモデルチェンジの遅延もこの点に起因している。

 ちなみに欧州のヤリスは2012年にハイブリッドを設定したが、国内のヴィッツが用意したのは2017年だ。

 開発者は「トヨタは全車にハイブリッドを用意する方針だから、カローラなどに続いてヴィッツにも搭載した」とコメントしたが、あまりコストを費やさずに売れ行きを維持する目的もあっただろう。

 世界的に厳しくなる経済環境、安全/運転支援/環境技術などの研究開発に伴うコストアップが、フルモデルチェンジの周期を長引かせている。

エスティマは新型の計画がない?

現行型エスティマは2006年発売。2016年にはマイナーチェンジが施されたもののすでに約12年間売り続けられている
現行型エスティマは2006年発売。2016年にはマイナーチェンジが施されたもののすでに約12年間売り続けられている

 同様の厳しさはエスティマにも当てはまるが、ヴィッツと異なる事情もある。それは国内におけるミニバンとエスティマの需要動向だ。

 エスティマはオーストラリアでタラゴの名称でも売られるが、基本的には国内を重視して開発される。同じプラットフォームを使うヴェルファイア&アルファードは、海外を含めて人気が高まり2015年に現行型が発売された。

 しかし、エスティマは今後の販売動向が不透明で、フルモデルチェンジに踏み切れない。少子高齢化が進むと、ミニバン市場全体が縮小に向かうことも不安材料だ。

 それでもエスティマのファンは多いから、フルモデルチェンジを行って欲しい。トヨタの開発者も「仮にヴェルファイア&アルファードのプラットフォームを使ってエスティマをフルモデルチェンジすれば、卵型のボディ形状で空気抵抗が抑えられ、タイヤも細くて済むから、現行型以上に経済性と走行安定性の優れたLサイズミニバンになるだろう」という。

 そこで「すでに開発を進めているのか?」と尋ねたら「計画はない。私の妄想だと考えてくれ」とのことであった。

ヴィッツとエスティマの新型に二の足を踏む理由

トヨタの2017年間生産台数(出典:トヨタ)。このデータをみてもわかるとおり、国内販売はグローバル生産の約18%に留まる
トヨタの2017年間生産台数(出典:トヨタ)。このデータをみてもわかるとおり、国内販売はグローバル生産の約18%に留まる

 ヴィッツとエスティマ、さらに基本設計の古いすべての乗用車がフルモデルチェンジされない一番の理由は、メーカーがその商品の将来に自信を持てないことだ。「魅力のある商品を開発して、想定された台数を確実に売ろう」という具合に考えられない。

 特に国内市場については、各自動車メーカーとも軽く見るようになった。世界生産台数に占める国内比率も、ダイハツを除くと20%以下だ。

 海外では新型車が続々と発売されるのに、国内では7年以上を経過した古い車種が増えていく。トヨタや日産は、どこの国の自動車メーカーなのだろう。

最新号

Boosterpackdepot最新号

Boosterpackdepot 10月10日号 スバル・ミドシップスポーツの真偽に迫る!

 毎月10日と26日に発売される自動車総合誌「Boosterpackdepot」の最新号が本日発売! 今号の巻頭スクープは衝撃情報の真偽を追跡。その衝撃情報とは、なんとスバルからミドシップスポーツが市販されるというもの。本誌スクープ班が総力をあげてその情報の核心…

カタログ