「投げ出すつもりはない」スバル社長交代で明かした敏腕経営者の胸の内

 2018年3月2日、一枚のFAXが編集部に届きました。
「役員人事に関する記者会見について」
 そう題されたニュースリリースは、昨年発覚した完成検査問題等を受けて、スバルの代表取締役社長、吉永泰之社長が退任することを示していました。
 本稿では社長退任(正式には今年6月の株主総会後)会見のもようと、質疑応答の一部をお届けします。
文:BoosterpackdepotWeb編集部


■グローバルの生産台数を1.5倍以上に押し上げた

 今後、スバルの長い歴史を振り返るとき、吉永泰之社長の名前は「中興の祖」と記録されることは想像に難くない。

 なにしろ2011年6月の就任から7年間で、

◎軽自動車の生産終了(2012年2月)
◎トヨタとの共同開発車BZR/86ラインオフ(2012年3月)
◎スバル初のハイブリッド車「XVハイブリッド」発売(2013年3月)
◎本社を新宿から渋谷区恵比寿へ移転(2014年8月)
◎次世代プラットフォーム「スバル・グローバル・プラットフォーム」公開(2016年3月)
◎アメリカSIAでカムリ受託生産を終了しインプレッサを生産へ(トヨタとの提携内容を「生産」から「商品」・「技術」へ)(2016年5〜11月)
◎年間世界生産台数100万台突破(2010年は約65万1000台、2016年は102万5000台に)(2016年12月)
◎社名変更(「富士重工」→「スバル」へ)(2017年4月)

 上記のことを成し遂げている(吉永氏の社長就任前に進んでいたプロジェクトが多いが、吉永氏は戦略本部および経営企画部出身のため、自身が手がけたプロジェクトがほとんど)。

 なかでも世界生産台数を約1.5倍以上に押し上げた功績は大きく、スバルの年間売上高は(2017年3月期時点で)5期連続過去最高を記録し続けている。

 その吉永社長を含む経営トップ4名が、2018年6月の株主総会をもっていっせいに退任する。新社長に就任するのは、現在専務執行役員で海外第一営業本部長兼スバル・オブ・アメリカ会長の中村知美氏。

 1959年5月生まれ、慶應義塾大学卒業後、1982年に富士重工入社、国内営業本部から経営企画部をへてグローバルマーケティング本部、海外営業本部で活躍。趣味は(「これは、広報からあまり言わないでくれと言われてるんですが」と注釈を入れつつ)「競馬」とのこと。

今年6月の取締役会でスバルの新社長となる中村知美氏。犬好きだそうです(好感度アップ)
今年6月の取締役会でスバルの新社長となる中村知美氏。犬好きだそうです(好感度アップ)

■「急激に伸びた売上に経営資源が追いついていない」

 そんな、多大な業績を築いた吉永社長ではあるが、昨年から「スバルブランド」の信頼を揺るがす問題が発覚していた。

 ひとつめは昨年10月に発覚した「無資格者完成検査問題」、ふたつめは、こちらは昨年末に浮上した「燃費データ書き換え問題」。

 今回スバルは吉永社長だけでなく、経営トップ(取締役)4名がすべて退任することになるが、それは上記2問題の責任をとるかたちとなる。

 今回の退任会見でも上記に関して記者から質問があり、その回答が新聞各紙のトップに載った。今回の退任会見は質疑応答が大変興味深かったので、以下にいくつか抜粋して紹介したい。

Q.吉永社長は多くの業績を残したが、社長として一番思い出に残っている仕事はどれでしょうか?
吉永氏:皆さんには変な話に思われるかもしれませんが、2012年の(自社生産最後の)サンバーラインオフ記念式典です。ああいうことを覚えているものなんですね。

Q.(新社長に就任する)中村さんは、スバルをどういう会社にしたいと考えていますか?
中村氏:それは……、これからしっかり考えていきたいと思います。具体的には今年の夏に出す新しい中期経営計画に書きます。ただ数字の上で吉永社長と比べるとやりにくいことこの上ないんですが……とにかく地に足をつけて、着実に進めていきたいです。

Q.今回、吉永社長は退任して代表取締役会長(CEO)に就任します。ただの(代表権のない)「会長」になる、という選択肢はなかったのでしょうか?
吉永氏:もちろんその選択肢もありました。代表権があることで「責任をとったとは言えないのではないか」というご批判もあるだろうとも思います。ただ、やはり昨年の完成検査問題等があります。それを「投げる」というつもりも、「逃げる」というつもりもない、しっかりと責任をとってやり遂げる、という意思を示したつもりです。(新社長に就任する)中村氏とツートップになるつもりはまったくなく、(問題の調査や体質改善以外の)仕事はどんどん譲っていきます。

Q.昨年末から燃費データ書き換え問題が浮上しています。社内調査中だとは思いますが、現時点で何か表に出せることはありますか?
吉永氏:詳しくは年度末までに出す調査報告書で明らかにしますが、基準値内であり、カタログ値に影響を及ぼすほどのものではありませんが、「燃費データの書き換え」は、あった、という社内調査での報告を受けております。もちろん、基準値内、カタログ値に影響を及ぼすものではないからといって、「だから許される」というつもりはいっさいありません。いずれきっちりしたかたちで報告し、しっかりと責任をとって対応してゆきます。

Q.アイサイトを開発したスタッフなど、多くの「功労者」といえるエンジニアが離職しています。急成長にかまけて足元が見えていない、と思いませんか?
吉永氏:昨年の決算会見でも申し上げましたが、おっしゃるとおり、急激に売り上げが伸びたことで「経営」の実力が追いついていないと思っています。そのしわ寄せが「現場」に出てしまっている。例えばアメリカの工場では生産台数が20万台から40万台に急成長しましたが、かといってスタッフが2倍になったわけではありません。また日本市場でも、今も多くのリコールの対応を全国の販売店の皆さん、メカニックの方々が無理をしてもらって、なんとか回しているという現状があります。もちろん今後、この状況をなんとか改善していきます。

最新号

Boosterpackdepot最新号

スクープ! 2020年の大物新車たち|Boosterpackdepot 2月10日号

 新年初売り号となる「Boosterpackdepot」最新号が2019年1月10日に発売。元号も変わるなど激動の1年となる2019年だが、Boosterpackdepotではそのさらに先、2020年に登場する大物ニューモデルを独自スクープ! 五輪イヤーに向けて、期待の新車が目白押し…

カタログ

ka4alka-ua.com

oncesearch.com/search/gianna/8

best-drones.reviews