国産車最激戦区! 200万〜400万円で狙うお買い得ミニバン6選

 ヒットカテゴリーの中でも特に各メーカーが力を入れており、日進月歩のミニバン。ラインアップが豊富だから当然競争も激化し、価格帯も広いし車種も多いしグレードも多彩なのでなかなか「これがいい!」と決めづらいカテゴリーでもあります。

 そうはいっても庶民に出せる金額といったら200万〜400万円が限界……という人が一般的。そこで本企画では200万〜400万円で特にお薦めのミニバン6台を、細かくクルマをチェックする「買い得感の鬼」、自動車ジャーナリストの渡辺陽一郎氏に選んでいただきました!

【本稿に登場する「お買い得ミニバン」6車】
◎セレナハイウェイスター Vセレクション
◎ステップワゴンスパーダハイブリッド
◎アルファード 2.5S
◎エスティマアエラス
◎オデッセイハイブリッド
◎デリカD:5ディーゼル

文:渡辺陽一郎
Boosterpackdepot2018年2月26日号「安く買う、上手に買う 2018年はクルマを買う!」より


■まずはざっくりカテゴリーの整理から

 ミニバンを 250万~400万円の価格帯でとらえると、「3つのタイプ」が考えられる。

 まずは標準ボディが5ナンバーサイズの「背の高いミドルサイズミニバン」。

 このクラスでは、セレナ、ヴォクシー/ノア、ステップワゴンなどのエアロパーツを備えた売れ筋グレードは280万~300万円に設定される。

 2つ目はヴォクシー/ノア、ステップワゴンに用意される「ハイブリッド仕様」。エアロパーツを装着した売れ筋グレードが320万~340万円に設定される。

 なおミドルサイズミニバンでは、好調に売れる車種がヴォクシー/ノア/エスクァイア、セレナ、ステップワゴンに集約される。そのためにライバル競争が激化して、ノーマルエンジン、ハイブリッドともに売れ筋の買い得グレードが狭い価格帯に集中した。

 それでも時系列で見ると、あとから登場した車種がお買い得になっている。ライバル車を丹念に研究して装備や価格を決めるからだ。

 3つ目のタイプは、3ナンバーサイズのボディに排気量が2.4L以上のエンジンを搭載する「Lサイズミニバン」になる。

 これらの車種では、快適装備の充実した最上級グレードは価格が700万円を超えたりするが、直列4気筒2.4~2.5Lエンジン搭載車であれば、エアロパーツを備えた充実装備のグレードが330万~380万円で用意される。

 競争の激しいミドルサイズに比べると、好調に売れるヴェルファイア/アルファードが価格を高めて価格帯を広げたが(競争関係が乏しいから安くする必要がない)、それでも400万円以下で機能や装備の割に買い得なグレードを選べる。

 いっぽうライバルのエルグランドは、1年以内に改良を受ける予定だ。これははずして考えたい。

■人気車続々! お買い得グレードとともに紹介します

 まずミドルサイズのノーマルエンジン車で注目されるのはセレナハイウェイスターVセレクションだ。

 ミドルサイズでは居住空間が最も広く、3列目シートの座面サイズと足元空間は、ヴォクシーやステップワゴンを上まわる。シートアレンジも多彩で、3列目を畳めば自転車のような大きな荷物も積める。緊急自動ブレーキの応用技術で運転支援の機能も充実して、高速道路では先行車と車間距離を保ちながら追従走行できる。さらに操舵の支援も行う。

セレナハイウェイスターVセレクション273万4360円/自動ブレーキなどの技術から進化させた運転支援機能が設定されているのがセレナのウリ。ハイウェイスターがお薦め
セレナハイウェイスターVセレクション273万4360円/自動ブレーキなどの技術から進化させた運転支援機能が設定されているのがセレナのウリ。ハイウェイスターがお薦め

 同じミドルサイズではステップワゴンスパーダハイブリッドも注目される。売れ筋のGホンダセンシングの価格は335万160円だ。最上級のG・EXホンダセンシングでも355万9680円だから400万円以内に収まる。

 ステップワゴンのハイブリッドは、オデッセイと同じメカニズムで2ℓエンジンは主に発電機の作動に使う。駆動はモーターが行うから加速が滑らかで、動力性能はノーマルガソリンエンジンに当てはめると3ℓ相当だから力強い。ミドルサイズミニバンでは最もパワフルだ。しかもJC08モード燃費は25km/Lで、ヴォクシーなどのハイブリッドよりも優れる。

 低床設計だから低重心で走行安定性がよく、乗り心地も満足できる。3列目を床下に格納すると広い荷室になり、緊急自動ブレーキを作動できる安全装備も高機能だ。

 価格にも注目したい。オデッセイではハイブリッドとノーマルエンジンの価格差を装備の違いを補正して58万円としたが、ステップワゴンは1.5Lターボとの比較で47万円に抑えた。動力性能が高く燃費も優れ価格は割安。ライバル競争に配慮した結果だ。

ステップワゴンスパーダハイブリッド335万160円/昨年9月のマイナーチェンジでスパーダに待望のハイブリッドモデルが追加されたステップワゴン。ハイブリッドの売れ筋はハイブリッドG(335万160円)だが、最上級のハイブリッドEXも355万9680円でターゲットになる
ステップワゴンスパーダハイブリッド335万160円/昨年9月のマイナーチェンジでスパーダに待望のハイブリッドモデルが追加されたステップワゴン。ハイブリッドの売れ筋はハイブリッドG(335万160円)だが、最上級のハイブリッドEXも355万9680円でターゲットになる

 Lサイズミニバンで最も人気の高いアルファードも、2.5Lのノーマルエンジン搭載車なら400万円以内で買い得グレードを選べる。快適装備を充実させ、外装ではエアロパーツや18インチアルミホイールを備えた2.5Sが373万5720円(7人乗り)だ。内装は豪華で、足まわりが適度に柔軟に伸縮するから乗り心地も快適。4気筒エンジンでもノイズを抑えた。

 そして車内はミニバンでは最も広く、インパネの周辺を豪華に仕上げた。クラウンのミニバン仕様といった雰囲気を感じる。2017年12月に改良を施し、緊急自動ブレーキは歩行者と車両に加えて自転車の検知も可能にした。

アルファード2.5S 373万5720円/ゴージャスな高級ミニバンとあって上級グレードやハイブリッドモデルは400万円を超えるが、300万円台前半からラインアップのある2.5L車は割安感があって狙い目
アルファード2.5S 373万5720円/ゴージャスな高級ミニバンとあって上級グレードやハイブリッドモデルは400万円を超えるが、300万円台前半からラインアップのある2.5L車は割安感があって狙い目

 同じトヨタのLサイズミニバンでエスティマも候補に入る。フロントパフォーマンスダンパーなどを装着した買い得なアエラスプレミアムは340万1018円。卵型の外観と上質な内装が特徴だ。

エスティマアエラス 340万1018円/エスティマはハイブリッド車が400万円オーバーだが、2.4ℓガソリン車が300万円台。ロングセラーモデルで古さも感じるが、スタイリッシュなデザインは魅力的
エスティマアエラス 340万1018円/エスティマはハイブリッド車が400万円オーバーだが、2.4ℓガソリン車が300万円台。ロングセラーモデルで古さも感じるが、スタイリッシュなデザインは魅力的

 そしてオデッセイではハイブリッドに注目したい。ベーシックなタイプは375万円で用意され、売れ筋のハイブリッドアブソルートホンダセンシングは393万6400円(7人乗り)で400万円以下に収まる。低重心のLサイズボディは走行安定性が優れ、加速も滑らかだ。しかもJC08モード燃費は24.4~26km/Lと優れる。3列目の座り心地も快適で、広さで選ぶならヴェルファイア/アルファード、快適性を重視するならオデッセイを推奨したい。このように魅力的なミニバンがそろう。

オデッセイハイブリッド 375万円/昨年11月のマイチェンで機能向上を図り、安全装備のホンダセンシングを全車に標準装着したオデッセイ。ハイブリッド車はホンダセンシング8人乗りが375万円
オデッセイハイブリッド 375万円/昨年11月のマイチェンで機能向上を図り、安全装備のホンダセンシングを全車に標準装着したオデッセイ。ハイブリッド車はホンダセンシング8人乗りが375万円
デリカD:5ディーゼル 353万4840円/最後の1台は(本文では触れられなかったが)ミニバンに本格4WD性能をプラスし悪路もこなせるデリカD:5。燃料費の安さが魅力の2.2Lディーゼルターボ車は「Dパワーパッケージ」が選べて狙い目
デリカD:5ディーゼル 353万4840円/最後の1台は(本文では触れられなかったが)ミニバンに本格4WD性能をプラスし悪路もこなせるデリカD:5。燃料費の安さが魅力の2.2Lディーゼルターボ車は「Dパワーパッケージ」が選べて狙い目

最新号

Boosterpackdepot最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|Boosterpackdepot8月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ

budlux.in.ua