なぜクラウンの地位はアルファード/ヴェルファイアに奪われたのか?

「いつかはクラウン」という言葉どおり、クラウンは「いつか買いたい」というブランドを確立した高級車だ。そのクラウンに取って代わるほどの地位を確立したのが、同じくトヨタのアルファード/ヴェルファイア。2017年にはクラウンの約4倍の台数を販売するまでに成長している。意外かもしれないが、アル/ヴェルの属す高級ミニバンは、かつてトヨタが苦手としたカテゴリーだった。

文:渡辺陽一郎/写真:編集部、TOYOTA、NISSAN


ここ15年で激変したクラウンとアルヴェルの販売台数

【図表1】データはトヨタ調べ。クラウンの販売台数はロイヤル/アスリートの合計。
【図表1】データはトヨタ調べ。クラウンの販売台数はロイヤル/アスリートの合計。

 かつては憧れの日本車といえばクラウンだった。初代モデルを1955年に発売した高級セダンの代表で、2000年頃までは売れ行きも国内販売の上位に食い込んでいた。

 【図表1】は、2002年から2017年までのクラウンとアルファード/ヴェルファイアの年間販売台数。初代アルファードの登場当初は、まだクラウンとの差は少なく、ゼロクラウン発売後の2004年には、クラウンがアルファードを上回った。

 それが、2代目アルファードがマイナーチェンジを受けた直後の2012年にはクラウンの約5倍、直近の2017年でも約4倍の販売台数を売り上げるようになった。

 こうして今では高級ミニバン=アル/ヴェルのイメージが定着したが、「トヨタには大型ミニバンで苦戦していた歴史がある」と自動車評論家の渡辺陽一郎氏は指摘する。

大型ミニバンで苦戦した“アルヴェル以前”の時代

トヨタを本気にさせ、アルファードを生んだ日産 エルグランド(写真は2代目)
トヨタを本気にさせ、アルファードを生んだ日産 エルグランド(写真は2代目)

 トヨタは高級セダンに力を入れる半面、Lサイズのミニバンでは苦戦していた。1990年に発売した初代エスティマ、1992年の5ナンバーサイズに抑えたエスティマルシーダ&エミーナは成功したが、1995年のグランビアがいまひとつ伸びないからだ。Lサイズのミニバンで車内も広いが、全体的に地味であった。

 そして、1997年に日産が初代エルグランドを発売すると、これが一躍ヒット作になった。

 当時のトヨタは今と違って、国内市場に本気で取り組んでいた。売れ行きを伸ばすライバル車は必ず叩き潰す勢いがあった。例えばホンダがストリームを発売すれば、トヨタはウィッシュで対抗。モビリオにはシエンタ、スバル レガシィツーリングワゴンにはカルディナという具合だ。

 このような具合だからエルグランドの独走はトヨタにとって許し難く、グランビアとその姉妹車の後継車種として、渾身の開発を行ったのが初代アルファードだった。

 発売は2002年5月22日で、2代目エルグランドが発売された翌日だ。「エルグランドよ、お前を潰す!」という非常に分かりやすいアピールだ。

「ミニバンのクラウンを」革新的だった初代アルファード

初代アルファード
2002年発売の初代アルファード

 当時は日産の業績が悪化していたこともあり(ルノーとの資本提携は1999年)、エルグランドはプラットフォームを初代から流用。後輪駆動が踏襲されて床が高く、機能は旧態依然としていた。加えてフロントマスクも不評だった。

 対するアルファードはフロントマスクを鋭角的に仕上げた。プラットフォームを当時の2代目エスティマと同じく前輪駆動に刷新したから床が下がり、乗降性や居住性も大幅に向上している。インパネなどの内装も上質だ。

 販売店はアルファード「G」を現在と同様のトヨペット店、アルファード「V」はトヨタビスタ店(ネッツ店の前身)が扱い、大ヒットさせて販売面でエルグランドを打ち負かした。

 すべては「打倒!! エルグランド」から始まっている。この意気込みがアルファードの商品力と販売力を一気に加速させ、2002年の時点でクラウンの登録台数を追い抜いた。

 そして、商品開発でアルファードの売れ行きが急増した理由は、まさに「ミニバンのクラウン」を開発したからだ。グランビアの外観と内装は当時のコロナプレミオのレベルだったが、アルファードはクラウンの水準だ。インパネには光沢を持たせた木目調パネルが装着され、本革シートにはギャザーをあしらって豪華に見せている。フロントマスクもクラウンのメッキグリルを拡大したような形状だ。

 しかも価格はV型6気筒3Lエンジンを搭載した上級の「MZ」が345万円になる。クラウンの直列6気筒3Lを搭載する「ロイヤルサルーン」が382万円だったから、ゆったりと広くて豪華なアルファードは魅力的で買い得感も強かった。

 厳密に走行安定性や乗り心地を比較すれば、クラウンの方が優れていたが、アルファードでも十分に満足できる。そして室内は圧倒的に広く、2列目に座れば足をゆったりと伸ばしてクラウンの後席よりもリラックスできるから、多くのユーザーにとってアルファードが快適だった。

 さらにアルファードであれば大人が不満なく座れる3列目のシートも備わり、実用的な付加価値も抜群に高い。その上で価格がクラウンよりも割安なら、アルファードの売れ行きが勝るのも当然だろう。

求められるクラウン独自の「価値」

2代目アルファードの登場とともに新たに設定されたヴェルファイア。今では台数の過半数を占める
2代目アルファードの登場とともに新たに設定されたヴェルファイア。今では台数の過半数を占める

 このアルファードは2008年に2代目にフルモデルチェンジされた。すでにネッツ店が発足しており、アルファード「V」をヴェルファイアに改称して、フロントマスクも大幅に変えた。それ以来、アルファード&ヴェルファイアの売れ行きは、クラウンを上回り続けている。

 問題はクラウンだ。「アルファード&ヴェルファイアでは得られないセダンの価値」をアピールできていない。セダンはミニバンに比べて重心が低く、後席とトランクスペースの間に隔壁があるからボディ剛性を高めやすい。トランクスペースが張り出した形状は、空気の流れを整える上でも有利だ。

 これらのメリットにより、セダンは走行安定性と乗り心地を高めやすい。「安全と快適な乗り心地」がミニバンに対する優位性だ。クラウンはトヨタを支える大黒柱だから、アルファード&ヴェルファイアに負ける車ではない。

 この期待は次期クラウンで叶えられると思う。レクサスLSとプラットフォームの基本部分を共通化しており、渾身の開発を行っている。

 今のトヨタには、ストリームやレガシィのような敵がいなくなった。闘志を燃やす機会を失い、のんびりと安心して、ちょっと堕落しているのが今の日本国内におけるトヨタだ。

 そこに自らカツを入れるのが「次期クラウンVSアルファード&ヴェルファイア」なのだろう。もはや「トヨタの敵はトヨタ」。「伝統のセダンVS成り上がりミニバン」の図式も含めて、妙に滑稽な時代になってきた。皆さんはどう思いますか?

次期型クラウン。
次期型クラウン。時代はまた新たな方向に動き出す

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ

botoxclub.com.ua

http://pillsbank.net