新世代大型トラック元年!! 社長! こいつらに乗せてくれ!!

日野プロフィア、ふそうスーパーグレート、UDクオン、いすゞギガ。日本を代表する大型トラックだ。その4台が、2016〜2017年に歴史的な一斉フルモデルチェンジをはたした。

弊社のトラック担当に聞いたところ、「こんなことはもう2度と起こらないかもしれません! すごいことなんです!!」と大興奮していたが、確かに例えばクラウンと、フーガ、アテンザ、レジェンドが同時にフルモデルチェンジすれば、それはクルマ好きも大騒ぎになるかもしれない。やはりこれは大事件なのだろう。

ということで、本企画はそれを記念してのミニ特集。各トラックの特徴をざざっと紹介してみたい。

文:Boosterpackdepot編集部

Boosterpackdepot2017年10月10日号より


■日野プロフィア 次世代を担う最先端トラック

プロフィアは日野を代表する次世代大型トラック。しかしながら、近年重要視される経済性を実現するためにダウンサイジングをはたした2段過給ターボに、フリクションロスを徹底的に低減した9Lエンジンを組み合わせ、さらにボディの軽量化を進めて積載量を400kgも向上させている。

いずれも環境面でもいい結果を生み出し、日野がかねて提唱してきた環境保護のキーワード「エアループ」をまさに地で行っている。

外観はご覧のように、アルファード/ヴェルファイアもびっくりの大型メッキグリルが与えられ、可変配光型LEDランプが前方に睨みを利かせている。また最新モデルだけあり、前端左右の面取り、空力を考えた細部の作りになっているのだという。

「一クルマファン」からしてみると「今までのトラックとどこが違うの」、と悲しく思ってしまうが、ボディの隙間をウイング形状のパネルでカバーするなどトラックファンからすれば、マニアを唸らせるような作りになっているそうだ(じっくり写真を見てね)。

また安全装備も抜かりなし。一番下のグリル中央にはミリ波レーダー、フロントガラス下には画像センサーを装備して、停止車両や歩行者を感知して衝突回避を支援してくれる。そのほか車両のふらつき警報やドライバーモニターなど安全運転を支援してくれるハイテク装備満載仕様となっている。

■三菱ふそうスーパーグレート 磨き抜かれたテクノロジー

2017年5月、なんと21年ぶりにフルモデルチェンジされた三菱ふそうの大型トラック。最新モデルだけあり新型の直6はダウンサイジングされ、7.7Lと10.7LL、2つの排気量が用意されている。もちろんボディの軽量化もめざましく、リミテッドウイングエコプラス仕様では従来比最大15%の燃費向上をはたしている。

安全面では運転管理システム「トラックコネクト」を標準装備しているところに注目したい。これは通信技術を駆使して、物流事業全体の効率や輸送品質の向上、ドライバーの負担軽減に貢献してくれるもので、乗用車のカーコネクトの一歩先をいっているシステムといえるだろう。そういう意味では「トラック業界凄いa」とクルマファンは驚いてしまうわけだ。

またドライバーの負担軽減は「トラックコネクト」だけにとどまらず、12AMTのシフトパイロットは、ステアリングコラムから伸びたコントローラーのダイヤルスイッチを操作するだけで、ドライバーは2ペダルの快適な運転ができるようになっている。

外観の特徴は上級仕様に標準装備されたLEDライト。写真のカタログ車ではサイドアンダーもフルカバーされ、空力を考慮してウイングカーゴ後端部分を絞り込んでいるのが見てとれる。

また今回のモデルチェンジでは多くの部分でダイムラートラックの技術や採用部品の共用化が進められたのも大きな特徴となっている。

■いすゞギガ 先行して進化した偉大なスタンダード

デビューラッシュとなった今年の大型トラック界において、1年ほど先行して登場していたのがいすゞのギガだ。新型はキャブの骨格部分を中型車用のワイドキャブと共用し、2.5m幅のベース部分と片側10cmのギャップを持つ仕様となっている。10Lの6UZ1-TCS型380psエンジンは最大トルクを5kgmアップさせるとともに低速域でのトルクを増強。発進時は力強いスタートができるようになっている。また「スムーサーGx」と名付けられた12AMTも制御の見直しによって変速時間を大幅に短縮、加速のスムーズさを実現している。そのAMTのシフトレバーは従来と同じHパターンが採用され、自動/手動のモード切り替えがワンタッチでできるようになっている。

もちろん安全装備にも抜かりはなく、車間距離警報、ミリ波レーダーを使用した車線逸脱警報システム(LDWS)も持っている。

■UDクオン 環境に優しい先端トラック

 

この4月にフルモデルチェンジ。先代より尿素SCRは好評だったが、新型は平成28年排ガス規制をクリアしたGH11エンジンと12段AMTを組み合わせて登場。よりクリーンで環境にやさしいトラックになった。

搭載エンジンは11Lの直6。ユニットインジェクターとコモンレール両方の特長を生かした新高圧燃料噴射システムを採用、幅広い回転域で強力なトルクを発揮してくれる。最高出力は360~420psまでの3機種。組み合わされるミッションは12AMTが基本だが、機種に応じて7MTと12MTもセレクト可能。

そしてトピックはディスクブレーキの採用(このへんはトラックらしいかも)と、フォアトラックと呼ばれるGPSを利用した先読み機能による省エネ運転サポートシステム。これは一度走ったことのある道路の勾配などを学習し、車速やエンジン回転数、補助ブレーキなどを自動制御して節約運転をサポートしてくれるというすぐれもの。

こりゃトラックだけにとどまらず、ぜひとも乗用車にも搭載して欲しい先進のシステムといえる。

■日野レンジャー 中型トラック界の雄

本企画では大型トラックをメインで紹介しているけれど、こちらレンジャーは16年ぶりに刷新されたという中型トラック。上のプロフィアと同時にデビューした最新モデルだ。エンジンは新型の5.1Lで、2段式過給ターボにより最高出力190~260psまでの5機種が用意されている。組み合わされるミッションは、4WD用の6MT、ワイドレンジ化された7MT、そしてAMTも設定されている。

フロントフェイスの特徴は、ヘッドライトをバンパー内に埋め込んだこと。これによりグリルデザインは上のプロフィアに似た堂々たる面構えになっている。ヘッドライトはLEDだ。インテリアも奇をてらわないもので、初めてトラックを運転する人にとっても親しみやすく操作しやすいデザインになっている。

■スカニア410tractor 北欧生まれの次世代の主役

日本では馴染みの薄いスカニアは、ボルボと同じスウェーデンのブランド。日本では馴染みが薄いといったが世界レベルでは第3位なので、実は大メーカーなのである。

スカニアの大型トラックは大きさの順に上からP、G、Rとあるが、日本に導入されているのは真ん中のG。

ここで紹介するG410は13Lの410ps直6エンジン搭載。組み合わされる12AMTには流体リターダーもセットされているのでスムーズなドライブが可能。先進システムとして追従式クルーズコントロールや降坂クルーズ、プリクラッシュブレーキなど満載している。

運転席周りでオモシロイのは、人間工学的に配慮したラウンドしたインパネ。操作性を考慮したインパネだが、視認性が上がりドライバーの使い勝手もよくなる。運転席後ろのベッドは欧州サイズで快適そのもの。過酷な環境下の長距離ドライブも、これなら快適に過ごせるようになるはず。

■ボルボFH tractor 使い勝手を極めた自信咲く

国内でもよく見られるボルボトラック。ここで紹介するのはFH4×2トラクター。搭載エンジンは440ps仕様と520ps仕様があり、組み合わされるミッションにはイージードライブが可能な2ペダルの12速Iシフトもセレクト可能となっている。

キャブは写真でもわかるようにハイルーフ仕様。キャブ自体の位置が高いのでフラットな室内フロアを実現している。さらにキャブ自体の居住空間も広く快適性はバツグン。実際にキャブ内は立って移動することが可能だ。

☆      ☆      ☆

以上、本企画で最新のトラック事情に興味を持たれた方は、ぜひさらなる詳細情報をゲットすべく、『Theトラック 最新大型トラック完全バイブル』(弊社刊/定価1200円)をご参照ください。売れてます。

最新号

Boosterpackdepot最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|Boosterpackdepot8月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ

vibrator amazon

www.swiss-apo.net

http://profvest.com