ハイブリッドを選ぶべき車4選&純ガソリン仕様を選ぶべき車4選

ハイブリッドを選ぶべき車4選&純ガソリン仕様を選ぶべき車4選

 2017年7月の車名別月販台数ランキング上位5台を挙げると、1位ノート、2位フィット、3位アクア、4位プリウス、5位C-HR。いずれもハイブリッド専用車か、ハイブリッドグレード(e-POWER)が販売の中心を占める車種となっています。しかしそんな中でも、「特にこの車種は(純ガソリン車ではなく)ハイブリッドグレードを買うべき」という車種は存在し、また「この車種は(ハイブリッドグレードではなく)純ガソリン車を選ぶべき」という車があります。
 それぞれのベスト4を、グレード構成に大変詳しい自動車ジャーナリスト、渡辺陽一郎氏に選んでいただきました。
文:渡辺陽一郎
Boosterpackdepot2017年9月26日号


■「ハイブリッドを選ぶべき車種」4選はこちら

 ハイブリッドを選ぶ車種の1位は三菱アウトランダーのPHEVだ。価格は非ハイブリッドよりも100万円近く高くトクではないが、充電機能が備わり電気自動車の上質な走りを味わえる。

三菱アウトランダーPHEVの2017年モデル

 2位はトヨタ・クラウンロイヤル。(純ガソリン仕様の)V6の自然な走りも魅力だが、こちらはアイドリングストップも付かずJC08モード燃費は11.4km/Lだ。ハイブリッドの燃費数値はこの2倍以上の23.2km/Lで、税額の開きも大きい。ガソリン代だけで、約4万㎞でハイブリッドの価格上昇ぶんを取り戻せる。加速も滑らかで静粛性も優れ、全般的に満足度が高い。

 3位はトヨタハリアー。販売台数中のハイブリッド比率は13%と低いが、上質な内外装と快適な乗り心地には、静かに加速するハイブリッドが似合う。自然吸気の2Lエンジンは動力性能が足りず、いっぽうターボはパワフルだが粗雑な印象を受ける。ハリアーは燃料代の節約ではなく、走りの違いでハイブリッドを選ぶクルマの代表だ。

 4位はトヨタC-HR。トヨタのターボは価格が高く、C-HRは4WDだからいっそう割高。ハイブリッドは割安で滑らかに走り静粛性も優れる。

トヨタC-HR

■いっぽう「純ガソリングレードを選ぶべき車種」4選はこれ

 非ハイブリッドの1位はホンダフィット。今は安全装備が充実して(もちろんよいことだ)、ハイブリッドLホンダセンシングの価格は200万円を超える。コンパクトカーの安さを重視すると、165万円少々の(純ガソリン仕様である)13G・Lホンダセンシングが上限だ。軽快に走って燃費もいい。

ホンダフィット。先日のマイチェンでさらに走行性能や燃費性能が向上

 2位は日産エクストレイル。ハイブリッドは燃費がいま一歩で魅力が乏しい。

 3位はホンダジェイド。販売比率はハイブリッドが約58%だが、スポーティな運転感覚が特徴で1.5LターボのRSがベストだ。

 4位の日産スカイラインもハイブリッド比率が約58%でも2Lターボが魅力だ。車両重量が100kg軽く走りは機敏で動力性能も充分。価格は約80万円安い。

日産スカイライン

最新号

Boosterpackdepot最新号

2020年までの新車完全網羅! Boosterpackdepot7月10日号

 Boosterpackdepot 7月10日号が、いつもより一日早い6月9日に発売。最新号は巻頭から、梅雨空を吹っ飛ばす暑~い新車スクープを展開。さらには、カローラスポーツを筆頭としたニューモデルのとれたて最新情報...

カタログ