【やる気あんのか!?】かつての屋台骨なのに登場から7年超…日産マーチ/キューブの新型が出ない理由

最近は各社とも、国内で発売する新型車の投入を滞らせている。日産が2016年に発売したセレナは2年半ぶりの新型車。トヨタのエスティマも2006年に発売され、10年後の2016年にマイナーチェンジを受けるなど、国内で売られる車種の設計が全般的に古くなっている。

そうした状況のなか注目は日産のマーチとキューブ。両車ともに国内市場に適したコンパクトカーだが、現行マーチの発売は2010年、キューブは2008年まで遡る。ともに人気を誇ったモデルにも関わらず、なぜモデルチェンジしないのか?

文:渡辺陽一郎/写真:編集部、NISSAN


“ヒット車”マーチはなぜ販売が伸び悩む?

マーチは、マイクラとして欧州で売られた経緯もあり、以前からフルモデルチェンジを行うサイクルが長かった。それでも1992年に発売されて2002年まで売られた2代目は、長期間にわたり好調な売れ行きを保った。

当時のライバル車だったトヨタスターレットの開発者は「トヨタが日産に(販売面で)負けているのはスターレットだけだ」と語り、1996年に発売された5代目では、マーチに差を付けることも考えて4輪ABSやエアバッグを全車に標準装着している。

1992年に登場した2代目マーチ。90年代後半に厳しい経営環境にあった日産を支えた屋台骨ともいえるモデルだった

2002年に発売された3代目の先代マーチも外観をユニークなデザインに発展させながら堅調に売れたが、2010年7月に発売された現行型は伸び悩む。発売直後の時点でも、登録車の月別販売ランキングで最上位が5位(2011年6月)にとどまった。

その後は下降して、2代目トヨタパッソ(2010年2月発売)、2代目マツダデミオ(2007年7月発売)などに抜かれる月が増えた。

販売不振の原因は複数あるが、まずは内外装のデザインと質感だ。新興国を中心に売ることを考えて開発され、国内で販売される車両もタイ製の輸入車になる。丸みの強い外観は見栄えがいまひとつ冴えない。

現行型マーチ。登場から7年以上が経過し、2017年6月の月販台数は1197台。本来であればさらに人気のあるモデルだけにもったいない!!

マーチの魅力と今後 すでに欧州ではモデルチェンジしている!!

販売不振の背景には、日産がコンパクトカーを充実させたこともある。現行マーチの発売時点で車内の上質なティーダ(2004年発売)、実用的で割安な先代ノート(2005年発売)、車内が広くリラックス感覚の伴う現行キューブ(2008年発売)が堅調に売れており、日産のコンパクトカーに向けた需要が複数の車種に分散された。

この中でマーチは従来型と同様に視界が優れ、全長が3825mmのボディは、最小回転半径も4.5mに収まるから市街地でも運転がしやすい。全高が1515mmだから立体駐車場を使いやすく、フロントウインドウの角度を立てたことで前席の乗降性もいい。価格もノートなどに比べると安い。

このようにマーチの魅力も相応にあるが「運転がしやすくて価格が安い」というだけでは、売れ行きを伸ばすのは難しい。このニーズに応える車種として軽自動車があり、日産も現行マーチの発売時点からモコなどを用意していたからだ。

そして今では車を堅調に売るには緊急自動ブレーキが不可欠だが、マーチはインテリジェントエマージェンシーブレーキを採用していない。

JC08モード燃費は23km/Lだから悪い数値ではないが、ヴィッツ1.3Fの25km/L、フィット13G・Fの24.6km/Lなどに比べると見劣りする。

コンパクトカーを購入するユーザーの関心が緊急自動ブレーキと燃費性能にあることを考えれば、マーチの販売が伸びないのも当然だ。

マーチの欧州販売名は『マイクラ』。欧州では2017年にこちらの新型が発売されている

なお、欧州では新型マイクラがすでに発売されているが、日本に導入する予定はない模様だ。全幅が1743mmで3ナンバー車になるといった理由が挙げられるが、外観はスポーティでまさに欧州車風。

今の日産では国内向けの新型車が欠乏しているから(2017年に発売する新型車は次期リーフだけ)、マイクラを日本で発売すべきだ。

独自の魅力を持つキューブは新型投入計画も存在していた!!

いっぽう、キューブも発売から9年近くを経過した長寿モデルで売れ行きが伸び悩む。

マーチと同様にインテリジェントエマージェンシーブレーキが採用されず、JC08モード燃費は19km/Lだ。ソリオマイルドハイブリッドの27.8km/L、ルーミー&タンクX・Sの24.6kmLに劣る。安全装備と低燃費が重視される今では売りにくい。

しかしマーチに比べると個性が強く、前後のシートはソファ風にデザインされて座り心地が柔軟だ。内装には和室のテイストを盛り込み、メーカーオプションのガラスルーフにはSHOJI(障子)シェードを装着した。半透明のシェードを引き出すと、直射日光を避けながら車内が適度な明るさに保たれる。背が高いので車内には開放感がある。

障子風のシェードなど他にはないデザインで色褪せない魅力を持つキューブ

マーチのライバル車は多いが、全高が1600mmを上まわる1.5L以下のエンジンを搭載するコンパクトカーは、主力車種で見るとキューブ/ルーミー&タンク/ソリオ/ポルテ&スペイドだけだ。

従ってキューブの安全装備を充実させて燃費を向上させるマイナーチェンジを施すだけでも、相応の売れ行きが期待される。

フルモデルチェンジを行ってホイールベース(前輪と後輪の間隔)を伸ばし、後席の足元空間を広げてシートアレンジも充実させれば、走行性能の向上と相まって人気車に育てることも不可能ではない。

実際、以前は日産の内部で次期キューブの開発が進められていた。シエンタやフリードに相当するコンパクトな3列シートミニバンも計画していたが、その後に凍結されている。

こちらは2003年に発売された3列シート仕様のキューブキュービック。今発売されれば、トヨタ シエンタやホンダ フリードに対抗する小型ミニバンとして期待できそうな気がするが……

マーチ、キューブの新型遠ざけるのは『海外市場』

2016年度(2016年4月から2017年3月)における日産の世界販売台数の内、日本国内が占める比率は、軽自動車を含めて約10%だ。

もはや国内市場は日産にとってオマケになり、マーチやキューブは特別仕様車などの追加があるものの、事実上放置されている。

今は各メーカーとも海外向けの車種に力を入れ、冒頭で述べたように国内で売られる新型車が滞っている。その結果、世界販売台数に占める国内比率は、ダイハツを除くと各メーカーとも20%以下だ。そこを考えてもなお、10%の日産は国内軽視の傾向が強い。

日産の社名は、戦前にコンツェルンとして名を馳せた「日本産業」に由来する。「日産」を名乗るなら、もう少し日本の市場に目を向けるべきだが、どうやら日産にその気はないようだ。マーチとキューブは日産の今を象徴している。

最新号

Boosterpackdepot最新号

スクープ! 2020年の大物新車たち|Boosterpackdepot 2月10日号

 新年初売り号となる「Boosterpackdepot」最新号が2019年1月10日に発売。元号も変わるなど激動の1年となる2019年だが、Boosterpackdepotではそのさらに先、2020年に登場する大物ニューモデルを独自スクープ! 五輪イヤーに向けて、期待の新車が目白押し…

カタログ

https://surrogacycmc.com

www.agroxy.com

Tamoxifen for sale