大地震は25年以内に高確率で発生 日本の高速道路は安全なのか!? 『古いから危険は間違い』

 

阪神大震災や2011年の東日本大震災でも一部の高速道路が崩落した。駿河湾沖を震源とする巨大地震『東海地震』の発生確率は30年以内に88%。『首都直下地震』の発生確率は同じく70%と文科省が試算したのは2012年のこと。東海地震であれば東名高速道路、首都直下地震なら首都高速道路の安全にも関わってくる。「今、地震に対して危険な高速道路はどこなのか?」 そんな問いに対して、高速道路研究家の清水草一氏は“意外な現実”を指摘するのであった。

文:清水草一/写真:shutterstock.com、首都高速道路

 

 


 

『古いから危ない』単純に言い切れない道路安全の難しさ

そもそもこの原稿の依頼は、「地震などで危険な高速道路を指摘してください」というものだったが、そんなことが私にわかったら大変だ。

「え? よくテレビニュースで見る首都高のボロボロのところ。ああいうところが危ないんでしょ?」

そう思われるかもしれないが、事はそう単純ではない。

「首都高のボロボロのところ」とは、具体的には首都高1号羽田線東品川桟橋付近を指すが、あそこが特に危険だというわけではない。

確かにコンクリート表面が崩れてきているが、実はあの映像自体、数年から10年ほど前に撮られたものらしく、現在はかなり補修されている。

しかも、コンクリート表面が剥離しつつあるからといって、必ずしも構造物としての強度が大幅に落ちているとは言えない。表面部分は全体強度のごくごく一部を担っているに過ぎないし、しかもあの区間も、耐震補強工事は完了している。

1963年に供用開始した首都高羽田線『東品川桟橋』の現況(2017年6月撮影)。更新工事中の渋滞を回避するため迂回路を設置したうえで、上下線ともに工事を進めていく【写真提供=首都高速道路】

我々建築の素人は、「建築物は古くなると脆くなる」という先入観がある。そういう面もゼロではないが、歳月に比例して強度が落ちるわけでもない。

首都高では、一部区間での大規模更新、つまり造り直しが決定しており、あの東品川桟橋付近は真っ先に工事が始まっている(2026年完成予定)。

しかしそれは強度が落ちたからではなく、「このまま補修を続けるより、造り直した方が、長期的に見ると安上がりだから」なのである。

一般道の橋には、点検・補修がおろそかになっているものも数多いが、高速道路は一般道に比べると、はるかに厳しく点検されている。

もちろんそれとて完全ではなく、笹子トンネルの天井版崩落のような大ケアレスミスもあるが、それでも道路の中では最も厳しく管理されている。

耐震基準は阪神大震災を機に見直されている

1995年に発生した阪神大震災で、阪神高速が倒壊したことで、高速道路の耐震基準は大幅に見直され、順次耐震補強工事が行われた。

最も老朽化が進んでいる首都高でも、全線でその工事が完了している。もちろん、次の大地震に全線が耐えられる保証はないが、「ここが危ない」と指摘できる個所があったら大変で、そういう個所がないように、道路管理者は日々点検を続けているわけだ。

次ページ:危険度が高い“ある工法”には耐震基準がない?

 

最新号

Boosterpackdepot最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|Boosterpackdepot 6月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ

www.best-cooler.reviews/category/ozark-trail/

www.tokyozakka.com.ua

Увлажняющие кремы