O・Zレーシングの2017年新作ホイールに伝統の底力を見た

車好きならこのホイールを見た瞬間、胸に熱いものがこみ上げてくるのではなかろうか。世界中のレースシーン&ラリーシーンで活躍中の、ご存じ「O・Zレーシング」の伝説的モデル、「ラリーレーシング」の2017年モデルが発表された。なかなか「お買い得」とはいえないお値段なれど、ラリーが好きならやっぱり憧れるこのデザイン。一生に一度は履いて走ってみたいぞ。
文:Web編集部
写真:OZレーシング


伝説のホイール「ラリーレーシング」

WRC(世界ラリー選手権)でワークスマシンが泥や土埃を舞い上がらせながら、華麗にドリフトを決める姿がまぶたに焼きついている方も多いのではないでしょうか。そう、O・Zレーシングのホイールといえば、1988年のWRCデビュー以来、選手権の上位を席巻。ランチアデルタインテグラーレの大活躍が浮かぶファンもいれば、スバルインプレッサWRXやプジョー206が採用してワールドチャンピオンを獲得した、その勇姿が浮かぶファンも多いだろう。

本企画担当も目にした瞬間、思わず「おお!」と声をあげた。

懐かしいのに新しい。これぞ伝統の力、と唸らざるをえない。

今回発表された「2017年モデル」は、この伝説のホイールの公式レプリカモデル。17〜19インチまで用意され、1本4万9000〜7万4000円。ホワイトとグレーの2色がラインアップされている。

 

高級スポーツカーに乗るなら一度は履きたい

また、こちらは世界中のサーキットで活躍するFIA-GT車両に採用されている「ハイパーGT」も世界同時発売。こちらは本格派の鍛造1Pホイール「Forgiata GT」の弟分として位置づけられており(そうはいっても「ハイパーGT」も完全に本格派なわけだが)、重量だけでなくホイールとしてのトータルバランスを求めるユーザーへの提案となっている。

こちらは18〜19インチが用意され、価格は1本7万500〜9万2500円。

走りにこだわる高級スポーツカーなら、一度はO・Zレーシングを履かせてみたい。

O・Zレーシング公式サイト:

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ