国産ショーファードリブンの筆頭がオススメ

新車価格が1000万円の中古車を200万円で買う場合、残存価値の比率は新車時の20%だ。新車価格が200万円なら40万円だから低年式車になる。長く使われることを前提に開発された耐久性の高い車種を選びたい。今回は3台をオススメ順に紹介しよう。

その意味で最良の推奨モデルはトヨタセンチュリー。初代は1967年から1997年、2代目は1997年から2017年まで販売され、フルモデルチェンジの周期が20〜30年と長い。法人や官公庁向けの車種だから長期の使用が想定され、耐久性も抜群に高めている。

特に2代目は国産乗用車では唯一のV型12気筒エンジンを搭載する。テロなどで片バンクを被弾しても走れるように、燃料供給機能などは6気筒ずつ別々に設けた。ほかの機能も耐久性が優れている。2005年頃に初度登録された車両なら、新車価格が1113万円(5%の消費税込み)で、今の中古車価格は10万km前後の走行距離で200万円前後だ。

法人が使ったオリジナル状態の車両なら、整備も定期的に行われて程度が良い。耐久性が高いから、走行距離が長くても消耗部品を交換すれば安心して使える。

このクルマの中古車の検索結果はから!!

2位はジャーマンサルーンの筆頭がランクイン

2位は多くのユーザーが欲しがる人気の高いメルセデスベンツSクラスだ。買い得なのはV型6気筒3.5Lエンジンを搭載するW221型のS350。2009〜2010年式の新車価格は1050万円で、今の中古車価格は200万円前後だ。

S350はブランド力の高いSクラスでも、年式の割に価格が安い。人気がV8エンジンのS550に集まって価格を下げた面もあるが、内外装や乗り心地はS350でも見劣りしない。またS350はエンジンの排気量が3.5Lだから、Sクラスの中では燃費が優れ、税金、消耗品などの出費も極端には高まらない。Sクラスの中古車を買うなら最良のグレードだ。

このクルマの中古車の検索結果はから!!

3位はバイエルンのハイウェイキングがランクイン

3位はBMWの7シリーズ。ドイツのプレミアムブランド車では人気が低く、程度のよい車両を割安に買える。2012年式の740iは新車価格が1022万円だったが、今なら200万円前後だ。エンジンは直列6気筒3リッターのターボだから、吹き上がりが滑らかで動力性能はV8の4.5L並み。

JC08モード燃費は12.1km/Lだから、今の新車と比べても見劣りしない。3Lだから税額も安い。ボンネットの長い外観はスポーティで上品に仕上げられ、メルセデスベンツSクラスとは違う魅力を感じる。5年落ちで200万円なら超絶的に買い得だ。

同様の位置付けでアウディA8もあるが流通台数が少ない。しかも4WDだから積雪地域を走るユーザーに人気があり、価格は意外に高く選びにくい面がある。SUVならメルセデスベンツGLクラスがベスト。Gクラスは高いが、GLならV8の5.5Lを積んだGL550 4マチックの2009年式が200万円前後で買える。

このクルマの中古車の検索結果はから!!