【ジャパンキャンピングカーショー 2017】 つい欲しくなるおすすめ車両をレポート

 

2月2日(木)~5日(日)、幕張メッセにて『ジャパンキャンピングカーショー 2017』が開催されている。300台以上のキャンピングカーや車中泊仕様のクルマが展示され、国内のキャンピングカーショーでは最大規模となる。

今回は、普段86のフルバケットシートで車中泊をするWeb特派員が、真剣に「キャンピングカーを購入するなら……」の目線でレポートする。

文:西尾タクト/写真:西尾タクト

 

 


 

キャンピングカーにもいろいろある!

キャンピングカーと気軽に言うけれど、実は『キャンピングカー』とは通称であり、大きく3種ぐらいにわけられる。

A.  一般車を改造または殆ど手を加えずに車中泊できる簡易なもの
B.  メーカーごとに開発されたけん引タイプのトレーラー型
C.  一般流通している車両に手を加えて車検を通した8ナンバーもの

まずAのカテゴリーに関しては、見た目はおろか中身も一般車のままだ。せいぜい便利なエアマットなどを敷くことで、「寝ることも可能」としたお手軽なものだ。まずはそのうち二つを紹介したい。

 

1.ホンダ『N BOX+』(ベース車両:ホンダN BOX+)

お手軽で走りも楽しいホンダN BOX+向けの装備だ。車両本体を含む約168万円のうち、ACコンセント(1万9440円)、テールゲートカーテン(2万3760円)などを含む装備アクセサリーの総計が28万9440円となっている。車中泊というよりは、発電機や充電器に強いホンダならではのノウハウを活かした、オートキャンプのアシストカーというイメージ。街乗りだけではなく、お手軽にアウトドアにも挑戦できる車両だ。

 

2.ダイハツクラフト 『ウェイクふらっとキット』(ベース車両:ダイハツ ウェイク)

ダイハツの子会社であるDクラフトの「車中泊キット」装備車だ。シートをたおすだけで、長さ185cmのフラットスペースを確保でき、エアマットは普段畳んでコンパクトにしまっておける。車中泊時には倒したシートの隙間に荷物も収納が可能。日本人の平均体型ならば、大人2人が並んで横になることも可能だ。災害時などには、エコノミー症候群などに悩まされることなく休息をとることが出来るかも。車中泊可能という意味では最安値の186万円!

このカテゴリーでは、自動車メーカーが、自社のクルマを使って「こんな事も出来ますよ!」という提案型が多かった。これからアウトドアなどに挑戦したい人などにおすすめといえる。

 

次ページではトレーラータイプを紹介

 

最新号

Boosterpackdepot最新号

スクープ! 2020年の大物新車たち|Boosterpackdepot 2月10日号

 新年初売り号となる「Boosterpackdepot」最新号が2019年1月10日に発売。元号も変わるなど激動の1年となる2019年だが、Boosterpackdepotではそのさらに先、2020年に登場する大物ニューモデルを独自スクープ! 五輪イヤーに向けて、期待の新車が目白押し…

カタログ

www.best-cooler.reviews/category/lund/

www.velotime.com.ua

www.ecostyle.kz