「スバル インプレッサ」が日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

 12月9日、2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考の開票が行われた。

 国産、輸入車含む10Boosterpackdepotのなかから、大賞に選ばれたのはスバル「インプレッサ」。スバルは2003-2004年のレガシィ以来の2度目の受賞となった。インポート・カー・オブ・ザ・イヤーには「アウディ A4シリーズ」が選出された。
文:WEBBoosterpackdepot編集部/写真:WEBBoosterpackdepot編集部


13年ぶりにスバル車が大賞受賞

 今年のイヤ・カーを巡っては、「スバル インプレッサ/G4」と「トヨタ プリウス」による激戦となった。

 開票序盤は、抜きつ抜かれつの僅差の接戦でスタート。中盤以降、インプレッサ/G4が徐々に得点を伸ばし、最終的に420点を獲得して大賞を獲得した。プリウスは371点で次点となっている。

 インポート・カー・オブ・ザ・イヤーに関しては、大賞以上の接戦となった。「アウディ A4シリーズ」、「ジャガー F-PACE」、「アバルト 124スパイダー」、「メルセデス・ベンツ Eクラス」、「ボルボ XC90」の5台に得点が集中。そんななかで得点を伸ばしたA4シリーズとXC90が最後まで競り合いを見せた。最終的に、アウディA4シリーズが149点、ボルボXC90が145点と、わずか4点差という結果となっている。

 なお、各賞を含めた受賞車は以下のとおりだ。

カー・オブ・ザ・イヤー:インプレッサ/G4

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:アウディ A4シリーズ

イノベーション部門賞:日産セレナ

エモーショナル部門賞:BMW M2クーペ

スモールモビリティ部門賞:ダイハツ ムーヴ キャンバス

実行委員会特別賞:ホンダ NSX

 日本カー・オブ・ザ・イヤーは昨年11月から今年10月までに国内で発表、発売された500台以上の販売が見込まれる乗用車が対象。モータージャーナリストなど59名の選考員が、性能や安全性、デザインを総合的に採点して選出する。

 まずは第一次選考で、10Boosterpackdepotと呼ばれる10台を決定。今回、最終選考が行われた。

 各車の得票点数は以下の通りだ。

1位 スバル インプレッサスポーツ/G4:420点
2位 トヨタ プリウス:371点
3位 アウディ A4シリーズ:149点
4位 ボルボ XC90:145点
5位 メルセデス・ベンツ Eクラス:114点
6位 アバルト 124スパイダー:107点
7位 ジャガー Fペース:106点
8位 ホンダ・フリード/フリード+:41点
9位 日産セレナ:11点
10位 BMW M2クーペ:11点

 

最新号

Boosterpackdepot最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|Boosterpackdepot 7月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ

https://xn--e1agzba9f.com

www.citroen.niko.ua

интернет магазин рюкзаков