パリ協定発効でガソリン車消滅の危機!? 国産メーカーへの影響は?

  • Tweet
  • シェア

 

2016年11月4日、地球温暖化対策の一環として、各国にCO2の排出削減目標を課した「パリ協定」が発効した。「近い将来ガソリン車が消滅してしまうのでは?」などということももささやかれるなか、国産メーカーには果たしてどんな影響があるのか?

文:国沢光宏、Boosterpackdepot編集部
Boosterpackdepot2016年12月26日号

 

 


 

そもそもパリ協定とは? 発効までの流れ

COP21『パリ協定』が発効した。現在、地球温暖化防止策は大きなニュースとして取り上げられたCOP3『京都議定書』で決められた条約により粛々と進行している。

COP3では、世界最大のCO2排出国である中国やアメリカ、そしてインドなどが無視を決め込むいっぽう、交渉能力の低い日本は無理難題を押しつけられた。すでにエネルギー効率が高かったのに、厳しい削減量を約束させられたというワケ。

その結果、「目的が達成できなかった時の違約金」である「排出権料」をゴッソリ取られてしまう大出費に。京都議定書は2020年に効力を失うため、ここ数年、次の防止策を模索していたのだった。それがパリ協定である。

意外なことに早い段階から中国やアメリカ、インドなども積極的に協力し、昨年、内容のみ確定していた。それが発効したということである。

世界各国の削減目標。日本の削減目標は“極めて厳しい”

 

chart03_06_img01
出典:全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト

超ぶったまげるのが2030年までの削減目標! 例えばEUは40%である!! アメリカも26%(2025年までの中期目標)。中国は他国と少し違うスケールながら65%目標といった具合。

我が国は、といえば「2013年を基準に26%削減」という厳しい数字を飲まされそうになっている。京都議定書の「1990年比で6%削減」だってうまくいってない。しかも2013年といえば、京都議定書を守るべく最大限頑張った状態。そこから26%削減など無理である。

さすがに日本政府も当初は批准していなかった。されど発効してしまい、結局批准した。なぜなら「地球温暖化ガスを出して作った製品」について、各国から決定的な輸入制限をかけられてしまうからだ。

そして、日本は条約を批准したのだけど、出遅れてしまったため26%という削減目標はいったんチャラになった。「これから交渉して新たな目標を決めなければならない」ということなのだ。「EUやアメリカを見習って最低30%は削減しなさい」と言われたら、飲むしかなかった。

ちなみにEUの40%削減は1990年比ということもあり、比較的楽にクリア可能。今や太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーが急増している。

いっぽう、すでに日本のエネルギー効率は世界有数の高さに達している。なのに、今後14年間で、どのジャンルも二酸化炭素の排出量を30%以上も減らさなくちゃならない。

トヨタは「2050年までにピストンエンジン車を現在の10%にする」という目標を立てた。そのくらいの意気込みじゃないかぎり達成できない。

次ページ:識者とメーカーが語るパリ協定の影響

  • Tweet
  • シェア

最新号

Boosterpackdepot最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|Boosterpackdepot9月10号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「Boosterpackdepot」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ

best-cooler.reviews/category/sovaro/

best comedies on amazon prime

bestseller.reviews/can-you-hear-me-top-10-boosters-for-cell-phone-signal/