ツンデレブランディング!? マツダの新世代店舗「高田馬場店」はこうして生まれた

 明治通り沿いの西早稲田駅周辺にやってくると、曲線を描く巨大な外壁とオープンデッキの建物が目にとびこんでくる。はっとさせる存在感と高級感があるいっぽうで、近寄りがたさはあまり感じさせない。光がふりそそぐウッドデッキは、いかにも居心地のよさそうな雰囲気で、カフェ店舗と勘違いしそうになるくらいだ。本格的なカフェカウンターもガラス越しに見える。実はこれ、11月5日にオープンしたばかりのマツダの新店舗「高田馬場店」のことなのだ。

 関東マツダのなかでは、目黒碑文谷店に続く2店舗目の新世代店舗となるが、今回のリニューアルにあたっては「外と中との連続性、入りやすさ」を大切にしたという。

 リニューアルのキーマンである、マツダデザイン本部の前田育男氏(写真・右)とデザイン・設計を担当した建築家の谷尻誠氏(写真・左)にお話をうかがった。

文:WEBBoosterpackdepot編集部/写真:WEBBoosterpackdepot編集部


明治通りを何度も往復して見え方を確かめた

編集部 目黒碑文谷店に比べてずいぶん明るい雰囲気の店舗になりましたが?

ガラスの向こうにはカフェのカウンターが見えている。展示車がなければ居心地のよさそうなカフェそのもの

前田 高田馬場店は地域性を考えて方針を決めました。谷尻さんと最初に打ち合わせたときも、「明治通り沿いだし、大学がいっぱいあって若い人がいっぱい通るよね。そういう人たちが、すっと入ってこれるような感じにしたいよね」と話ました。そこから生まれたのが、こうした縁側的な外と中をゆるやかにつなげる発想のデザインです。

編集部 新世代店舗にはブランド体験型の側面があるとのことですが?

前田 そう、以前のディーラーだとクルマを買うこと以外にやることがない。だから店舗に入れないんですよ、買う気のない人は。
そもそもクルマの販売店って入りにくい店舗が多いじゃないですか。高級な店舗ほど入りにくい。ヨーロッパのお城のように、城門を越えていかなきゃいけない気の重さがある。しかも入ったら書類を書かされるかなって。
でも日本の寺院ってすごく入りやすくありませんか。ヨーロッパのお城と違って、どこへでもすっと入っていけてしまう。それでいて、おもてなしの敷居みたいなものは作ってある。

オープンデッキと店内には、空とルーバーから漏れる光が木漏れ日のように差し込む

編集部 そうした日本的な間を生かしたのが新店舗ということなのですね。

前田 この窓際のあたりに立つと分かるのですが、外壁をルーバーの組み合わせにしたのは、光が木漏れ日のように落ちてくるのを狙ってです。その木漏れ日の下からゆるやかに外と内が繋がっている。

編集部 このウッドデッキの部分の屋根はあえて外してあるのですね。

前田 そうです。閉ざされた空間ではない、ゆるやかなつながりを表現したくて、こうしたオープンなスペースにしてあるのです。
あと、外から見たときに、ゆるやかにルーバーがツイストしているから、光が動くんです。建屋としての圧迫感って、実は環境にすごく大きなインパクトを与えてしまいます。巨大なボックス状の建物ができると「うわっ」とプレッシャーがかかる。そういうところも払拭したくて、この外観デザインにしました。でも、このルーバーってのは、相当チャレンジングな試みでしたね。いったい、どう見えちゃうんだって。

谷尻 すごく上手くいきましたよね。

前田 この辺は、実はクルマのデザインと建築家のコラボが生きているところなんです。このルーバーの角度とか、見え方のシミュレーションをクルマのCADを使ってやっているんです。われわれクルマ屋は、コンマ3mmの世界で見栄えを検証しているんで、ものすごく正確なものができる。でも、建築用のCADはすごく荒くて、われわれからするとありえないくらい(笑)。

谷尻 わりときれないほうなんですけど(笑)。

矛盾をデザインすると魅力的になる

編集部 建築とクルマのデザインで違うところは?

前田 建築は一品制作というところが、クルマとは全然違うところです。クルマは一台作ると、何百万台もの数を出さなきゃいけない。不特定多数の人に渡すものです。いっぽうで建築は、ほんとにこの場所で、ある特定のターゲットに対して作っているので分かりやすい。環境への順応性も考えなければなりませんし、いろいろと勉強になります。

編集部 建築をやることで、クルマに対する見方が変わってきたことはありますか?

1枚1枚のルーバーを組み合わせて外壁の曲面デザインが作られている。角度を変えることで光が動くデザインを実現している

前田 ひとつには「奥行きを出す」というのがあります。ここの建物でもそうですが、素材と素材との切り替わりの部分、そこの厚みをどうコントロールするかで、建物の奥行きってすごく変わってきます。
そういうところって、クルマのインテリアとすごく近いところがあるんですね。以前の日本車って、フラッシュサーフェイスで作って、段差をなくすのが美しいって伝えてきたんですが、それはもう間違っていて、そういうのはペラっとしか見えなんです。素材が切り替わるところにはきちんと奥行きが必要で、それがヨーロッパの石造りをやっていた連中のデザインなんです。日本車のデザインが負けるところは、厚みのなさなんですよね。
建築をやると、マテリアルとマテリアルをどう組み合わせるのかなど、すごく勉強になります。

谷尻 素材が切り替わるところが、やっぱり一番大事になりますね。そこをどうきれいに見せるのか。
僕は日頃から矛盾をどうデザインするか、ということをよく話しています。よい矛盾、よい違和感のことですね。たとえば、中だけど外、あるいは堅くないけどゆるくもない。本来同居しないはずのことを同居させさたところに、人は一番魅力を感じるのではないでしょうか。安くていいものが欲しいも、分かりやすい矛盾ですよね。

外と内をつなぐ縁側のアイデアを採用。素材の使い方や光の差し込む具合で外と内との連続性を実現している

前田 そう、われわれのブランドもすごく矛盾を抱えている。高級感を演出したいけれど、親しみやすさは残したい。そういうところが矛盾なんだけど、それを両立するためにいろんな知恵を出している。

谷尻 ツンデレブランディング(笑)。ツンとしているように見えて、入るとすごくフレンドリーっていうの。マツダらしいですよね。

編集部 すでに目黒碑文谷店という前例があるなかで、今回工夫されたところ、変えたいなと思った点はあるのですか?

谷尻 一番は周辺環境を意識するというですね。本来ショールームって、ひとつやると、同じものをどんどん場所を問わず増やしていく場合がほとんどです。コンビニエンスストアの店舗と同じですね。だけど、マツダの場合は、地域に対してどうあるべきかみたいなところからちゃんと出発できている。そこは、他よりも先を行ってるんじゃないでしょうか。

前田 まあ、彼がいま言ってくれたことは、クルマのデザインの世界でも同じことなんです。
ブランドを表現するために、いったん縛る。同じ顔をつけて、同じ造形をやって、同じ色を塗る。いったん縛って印象づけるというのがまずスタートです。
だけど、そうやって縛っているだけでは何世代も持ちこたえられない。
たぶんマツダの場合、次の世代に行く時には、それをゆるめて、その束ねたものをほどいていって、バラバラに見えるんだけど、やっぱりどう見てもマツダにしかみえないっていう空気感を作っていくっていく必要がある。店舗もそう。縛りを緩めていくけど、そこに共通する薫りをもたせる。雰囲気がマツダじゃない? っていうところまで、広げていくのが、最終的な目標になる。どの店舗も同じではなく、地域に合わせ、一店舗ずつ進化させていこうと考えています。

■前田育男
1959年7月16日生まれ。京都工芸繊維大学工芸学部卒業。1982年東洋工業(現マツダ)入社。2000年に広島デザインスタジオへ配属。RX-8やデミオのデザインを担当。2009年デザイン本部長に就任。2016年より常務執行役員デザイン・ブランドスタイル担当

■谷尻誠
1974年広島県生まれ。穴吹デザイン専門学校卒業後、本兼建築設計事務所、HAL建築工房を経て2000年にサポーズデザインオフィス を設立。関東マツダ「黒碑文谷店」のリニューアルも担当

最新号

Boosterpackdepot最新号

新型ヤリス GRは250馬力|Boosterpackdepot 3月10日号

 いつもより1日早い2月9日発売の自動車情報誌「Boosterpackdepot」最新号は、注目の話題が目白押し。新車スクープ情報では、トヨタを代表する世界戦略コンパクトカー「ヤリス」(日本名:ヴィッツ)に関する新情報を入手。  その頂点に位置する4WDターボモ…

カタログ

аккумуляторы бош

www.budmagazin.com.ua

designedby3d.com/shop/mccree-revolver/