【これは珍なり】食べ始めたらブレーキが利かないクッキー!?

「ドライブに行きたいけれど今日は寒いしな…」。これからの季節はクルマ好きでもそれはよくあるハナシ。そこで寒さが本格化してくるのに備えて、今回は雨でも風でも、そして雪の中でもでもクルマを愛でていられる!? と話題の商品を紹介したい。紅茶でも用意があるとより一層楽しめることができるものだ。そうそう、もうすぐハロウィンだっけ。
文:ベストカー編集部
写真:エンドレス、WEBベストカー編集部(塩川雅人)
初出:ベストカー2016年10月10日号


こだわりのクッキーを作ってみた

 タイトル写真にあるのはスーパー耐久で活躍するエンドレス号。モータースポーツのイメージも強いエンドレスだが、ブレーキパッドやキャリパーでもかなり有名な企業である。なぜかそんなエンドレスがクッキーを作っているという情報を聞きつけて、BC編集部がエンドレスに直撃インタビューしてみた。

 クッキーを作るのは珍しい…、といっても販売促進物として お菓子を作ることは企業ならあり得ること。ただエンドレスの場合、そのこだわり方からしてもうマニアック。そのマニアックな探求心に脱帽だ。

a_01
ブレーキパッド型の旨MX72。塩味がとても美味だ

 まず箱を見てほしい。ブレーキパッド型の「旨MX 」は実は同社のブレーキパッドの箱のパロディなのだ。売れ筋のMX (街乗りからサーキットまで使えるパッド)を模した箱は、その文言もナイス。

a_02
ローター型の「旨ローター」。こちらはアップル味で爽やかな甘さが特徴

「究極制御」が「究極美味」 に。「STREET×CIRCUIT」が「BABY×OLDMAN」になっている。 赤ちゃんからお年寄りまで食 べられるのも特長。

 そもそもなぜクッキーなのか。その点を(株)エンドレスアドバンス営業担当の井出毅さんに聞いてみた。

「賞味期限、そして成形のしやすさからクッキーが最適だという結論に至りました」

 確かにこれをケーキなんかでやるとダメでしょうな。同社のカッチリした製品にはやはりクッキーの固さが大事だ ったに違いない。味にもかなりのこだわりがあると井出さんはいう。「実は弊社ではSolar Sea Soltという自然海塩を販売しておりまして、 それを使うことで味にアクセントを出しています」 。

 この塩が使われているのが「旨MX 」(862円)のほ う。塩バター味でちょいとオトナ味なのが特長。ローター 型クッキーの「旨ローター」(756円)はアップル味でこちらは優しい味とのこと。 試食は間に合わなかったが、 その味たるや同社社長以下、 多くの社員が太鼓判とのこと。

お客さんからの評判は?

 じつは2年前から販売中と のことだが担当はこのクッキ ーの存在を知らなかった。それもそのはず、お店で売っているワケではなくイベントなどでの販売に限定している。

「最初はイベントでの試食などを通じて多くのお客様にご感想を求めていました。現在はレギュラー商品としてウェブショップや、各地での弊社イベントでの販売です。お客様からはパッケージのおもしろさのみならず、味に関してもその評判は上々です」

 確かに同社製品を使ったこ とのあるユーザーからするとこのパッケージはかなり秀逸 で、思わず高性能ブレーキのイメージをクッキーにも求めてしまうかも。担当個人的には同社の誇るモノブロックキャリパー型のクッキーの登場も心待ちにしたい!!

a_04
こちらがクッキーの箱のモデルになったブレーキパッドのMX72。サーキットを走る人なら聞き覚えのあるブレーキパッドのはず。50〜700℃という街乗りからサーキットまでもカバーする適性温度域が広いのも特徴

 

まだまだあるぞ「クルマ×お菓子」コラボ

 クルマとお菓子のコラボはほかにもたくさんある。ここでは熱きファンを持つスバリスト垂涎のコラボ商品を紹介しよう。

 それが群馬県太田市の伊勢屋が発売している「スバル最中」(1個125円)。富士重工太田工場の目の前にあるお店でなんと昭和36年から製造している。当初は富士重工の健康保険組合創立10周年記念式典のお土産を受注したのがキッカケだったが、スバルの従業員やスバリストたちの熱い思いもあり定番化したとのこと。

 現在の最中の型はレガシィB 4で、かつてはスバル360、 そしてレオーネだったとのこと。新型インプレッサ最中が出るかは未定だ。

a_05
ネットからの通販などはないが、電話で全国発送もしてくれる。編集部でもいただいたが、ユニークなルックスのみならずその味も実に美味だったことはお伝えしたい

問い合わせ先

株式会社エンドレスアドバンス (旨MX72、旨ローター)
TEL0267-67-0535

伊勢屋(スバル最中)
TEL0276-22-2858

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ