【SUVオーナー必見】SUVは静粛性と安定感が大事!! 「イマドキSUV」の足元を固めるタイヤはやっぱりこれしかない??

  • Tweet
  • シェア

 SUVというクルマのカテゴリーはなかなか奥が深い。本格的な4WD性能を備えるモデルもあれば、ルックスはSUVでもFFしかないなんてモデルもある。

 かつてのパジェロやランクルのようなクロカン系モデルとは異なり、オフロード性能を最初から捨てて舗装路での活路を見出しているモデルも多い。

 クルマが変わるとタイヤも変わる。オフロードタイヤとしてのイメージの強いヨコハマタイヤの「ジオランダー」も現代のSUVに合わせたタイヤを生み出した。

 快適に、そして安全に移動できるSUVタイヤ。ジオランダーX-CVを読者に体感してもらいました。

文:BoosterpackdepotWeb編集部/写真:池之平昌信【PR】
撮影協力:川奈ホテル


■ラグジュアリーSUVの静粛性を犠牲にしない

 今回このタイヤを試してくれたのはSさん。クルマへのこだわりは強く、いまの愛車のレンジローバーイヴォークもこだわり抜いて選んだ1台。

 「たしか2008年のデトロイトショーでコンセプトモデルが登場しましたよね。カッコいい!! と思ってはいたんです。

 でもコンセプトカーって市販車になると姿が変わるじゃないですか。だからもしかするとこのクルマも同じかなと思っていて。そうしたら2011年の東京モーターショーでほぼそのままで登場したんです。即決、ですよね(笑)」。

スタイリングにほれ込んだというSさんの愛車イヴォーク。その走りのよさも相まっていまではかけがえのない愛車となっているようだ

 ルーフ後端にかけてチョップドしたかのようなスタイリングはまさに唯一無二。それでいて「ランドローバー一族」の血を引くわけだからオフロード性能だってクロカン四駆なみだ。

 しかしSさんはオフロードには踏み入れたことがなく、4WD性能はいざという時の保険なんだという。これがきっとリアルなSUVの使い方だろう。

 この使い方で悩むところはタイヤだという。

ジオランダーといえばオフロードのイメージも強いがX-CVは近年のスポーティなSUVも視野に入れたタイヤ。快適に違和感なく走ることができる、というのがアピールポイントだ

 「そろそろタイヤ交換を考えていて。となると、どんなタイヤ選べばいいんだろうって。乗用車向けのタイヤではなにか違うし、かといってゴツゴツのオフロードタイヤも違うじゃないですか。どうすればいいんだーって(笑)」。

 ということで今回は「SUVで舗装路を快適に安全に走りたい」というSさんのニーズにマッチしたジオランダーX-CVを装着して休日に密着しました。

■「あえてワインディングを通りたくなります!!」

 そもそもジオランダーX-CVというタイヤ、舗装路での走りのよさを追求したモデル。

 SUVは総じて全高も高く、ワインディングや高速道路でのレーンチェンジなどではふらついたり、大きく車両が傾くような挙動も見せる。

 そうなると運転しているドライバーだけでなく、同乗している家族も「ヒヤッと」する瞬間が時折ある。

 そんなSUVの弱点を補ってくれるタイヤがジオランダーX-CV。バシッと走るなんて前評判もあったが、いったいSさんはどんな評価を下すだろう?

 日曜日早朝。東名高速道路のとあるパーキングエリアでSさんと待ち合わせした。颯爽と現れた白いイヴォーク。うーん、色あせない美しさは今でも目を惹く。

 これから静岡県の川奈ホテルゴルフコースにてラウンドをするという。名門コースでゴルフ。しかも乗っているクルマはイヴォーク。ツボを押さえたオトナなチョイスがかっこいいっす。

 そんなこんなで川奈ホテルへ向かうことに。川奈ホテルのある静岡県伊東市は伊豆半島にあり、東京からのアクセスでネックとなるのが伊豆半島の渋滞だ。

くねくねと登るワインディング。本来SUVが苦手とする道だが、重心が高いSUVでもよじれるような感覚もなくスーッと走り抜けられてたとのこと

 小田原厚木道路から真鶴道路までほぼ一本道しかなく、週末ともなれば大混雑は避けられない。

 今回はSさんにあまり通らないというワインディングを走ってもらった。SUVといえば車高も高くふらつきも大きくワインディングを避ける人も多い。

 「もともとSUVとしては重心も低いクルマなんですが、ジオランダーX-CVを履くと走りがよりシャキッとしますね。カーブでも闇雲に固いわけじゃなく、ちゃんとしなりながら曲がってくれる気がします」。

 ご家族と乗る機会も多く、このように安定した走りならワインディングでも進んで走ることができるという感想だった。

■疲れていても快適な乗り味をもたらせてくれる

 川奈ホテルゴルフコースでさっそくラウンド。トーナメントも行われる伝統のゴルフコースはやはり気分がいい。

 重厚なエントランスで荷物をおろす。当日はスカッと晴れた青空が迎えてくれた。絶好のゴルフ日和だ。

名門ホテルにピッタリのイヴォーク。タイヤもSUVタイヤにありがちな大きなブロックではないので見た目にもクール

 そんなこんなでスタート時間が迫る。大島コース10番ホールからのスタートになるが、ここは単調に思えて実は奥が深い。

 運動神経抜群のSさん。ゴルフも素人目に見ても上手だ。ホールアウトし、喫茶でコーヒーとデザートを食べる。

夏らしい天気の川奈ホテルゴルフコース。始めよければすべてよし?? スタートホールはナイスショットだった!!

 いつものささやかな楽しみだとか。心地よいともに帰路につくが、ここで大事なのはやはりクルマの快適性。

 走れば走るほど疲れるようでは休日も台無しだ。帰り道はワインディングは避けて海岸沿いを走り抜ける。

いくらゴルフが楽しいとはいえ体力も消費する。だからこそ疲れないタイヤというのは非常に重要だ。フラフラしない、そしてロードノイズが少ないというのも疲労軽減に大きなメリットになる

 「舗装路での走りは本当に静かですね。ジオランダーって名前だけで少し心配していたんです、実は(笑)。でもX-CVは本当に普段使いに不安がないです。

 しかもSUV専用だから重量もあって、重心が高いクルマには安心感もありますよね。スポーツした後がしんどくなるクルマは年齢的にもちょっとね……。タイヤで乗り味が上がっているように思います」。

伊豆の海岸線をいくイヴォーク。高速道路、そして一般道でもノイズも少なく快適そのもの。ジオランダーという名称ではあるものの、X-CVはまた違った世界を見せてくれる
  • Tweet
  • シェア

最新号

Boosterpackdepot最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|Boosterpackdepot9月10号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「Boosterpackdepot」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ