フランス車のスピードメーターはなぜ奇数表記なの?

 

あなたのギモンにBoosterpackdepot編集部がお答えします!!

 


 

最近ではデジタル表記との併用も目立っているスピードメーターですが、アナログ式では日本車は偶数表記なのにプジョーやルノーといったフランス車は奇数表記になっています。これまではずっと国産車に乗ってきたのですが、最近フランス車に乗り替えて気づいたことです。いったいこれはなぜなんでしょうか?(埼玉県 細井さん)

 


 


細井さんからのご指摘のように確かにフランス車だけはなぜか奇数表記のスピードメーターを採用しているんですよね。今回は編集部・渡邊がお答えしましょう。

 

※   ※   ※

 国産車をはじめドイツ車、イタリア車、イギリス車、アメリカ車などではアナログのスピードメーターで偶数表記を採用していますが、フランス車(プジョー、シトロエン、ルノー)が奇数表記となっているのにはもちろんワケがありまして、その背景にはフランスならではの交通規制があります。

国産車のスピードメーター

 日本では、基本的に高速道路が100㎞/h、一般道の主要な国道では60㎞/hが制限速度になるということはよくご存じだと思います。一般道は場所によっては50㎞/hのところもありますが、ひと昔前までは40㎞/hが主流でした。

 しかし、フランスは違います。フランスでの市街地の制限速度は50㎞/h、自動車専用道路(対面通行2車線)と一般道の制限速度は90㎞/h、中央分離帯のある4車線の自動車専用道路は110㎞/h、そして高速道路(オートルート)は130㎞/h(ただし、雨天時は110㎞/hに減速される)といったようにすべて奇数設定です。

 例えば、プジョーRCZのスピードメーターを確認すると、50㎞/hと110㎞/h、130㎞/hの3カ所の目盛りに赤い目印がつけられていたりします。ここから推察するに、この3カ所の速度がフランスでの制限速度だということをドライバーに知らしめていると考えられないでしょうか。

 ただし、何ごとにも例外はあるものでして、実は偶数と奇数の両方を取り入れているクルマもあったりします。

 かのW12、6ℓDOHCツインターボを搭載する2代目の現行型ベントレーコンチネンタルGTのメーターは100㎞/hまでは20、40、60、80と偶数表記なのですが、100㎞/hを超えると130、160、190、220、250、280、310、340まで偶数と奇数を併記して刻んであるのです。

 同様に360㎞/hまでのフルスピードメーターを装備するフェラーリ599GTBフィオラノも0〜360㎞/hまで30㎞/h刻みなので偶数と奇数が併記されています。こういったスーパーハイパワー車は除外するにしてもスピードメーターからお国柄が見えてきますね。

最新号

Boosterpackdepot最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|Boosterpackdepot 6月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ