新型日産デイズ&三菱eK発売!! 何がすごいの? 最先端軽徹底比較!!

 3月28日に発表、発売開始となった日産デイズ/三菱eKシリーズ。

 日産が開発の主体となったことでプラットフォームもパワートレーンもすべて新開発とされた。

 エンジンは大本になるベースはルノーが開発した直列3気筒で、DATSUNブランド車に搭載されるBR08だが、ピストンもコンロッドも、ブロックなども含めて大幅に新設計されており、事実上新開発といって差し支えないレベル。

 プラットフォームもエンジンもCVTもすべて新開発された新型は、ライバルを圧倒するのか!? 現状の売れ行きもレポート!

※本稿は2019年4月のものです
文:渡辺陽一郎、Boosterpackdepot編集部/写真:平野 学、西尾タクト
初出:『Boosterpackdepot』 2019年5月26日号


■正統派「カスタム」のデイズハイウェイスターに対し、eK Xは思い切った変化球勝負のSUVテイスト

(TEXT/編集部)

 まずは各ラインナップの外観を見ていこう。

●日産 デイズ

●日産デイズ ハイウェイスター

●三菱 eKワゴン

●三菱 eK X(クロス)

※タッチ・クリックすると大きい画像でみることができます。

 デイズとeKは基本的に「同じクルマ」だ。特に標準モデルとなる「デイズ」と「eKワゴン」はフロントマスクやエンブレムの違いだけで内外装は基本的に同じ。エンジンは直3NAのみでモーターアシストのマイルドハイブリッドは設定されない。

 一方、大きくテイストを異にするのが、いわゆる「カスタムモデル」に相当する「デイズハイウェイスター」と「eK X(クロス)」だ。

SUVテイストの「eK X」はハスラーよりも個性派!

 写真を見れば一目瞭然だが、スポーティ路線を目指したハイウェイスターに対し、クロスはミニデリカD:5ともいえるクロスオーバーSUVテイスト。

 大胆なフロントマスクとブラックアウトとされたオーバーフェンダー風フェンダーアーチ塗装によりワイルドテイストを演出している。

 とはいえ、デイズ/eKシリーズのボディサイズはすべて共通で、さらにフロントグリルなどの樹脂パーツ以外、鉄板プレスで造形された外板パネルは全車共通。それでいながら、これほどのテイストの違いを演出したのはおみごとである。

「デイズハイウェイスター」は正統派“カスタム”系

 パワートレーンは前述のようにNAは標準モデルにはマイルドハイブリッドなし、カスタム系列はマイルドハイブリッド仕様となり、カスタム系列にはターボマイルドハイブリッドも設定される。

 NAマイルドハイブリッドはモーターアシストの威力もありスルスルスルと軽快にスタートして加速も力強い。旧モデルで感じた発進時のもたつき感はなく、エンジンの吹き上がりもナチュラルでCVTとのマッチングもよく、街中で小気味よく走ってくれる。

 シャシーも新開発されたプラットフォームの進化を実感。足がしっかりと動いてしなやかな乗り味を作りだしている。ホイールベースが長く、室内の広さも特筆点。今度のデイズ/eKはキッチリ作られたことがよくわかる。

上の写真が日産デイズで左から標準タイプ、ハイウェイスター、特装のボレロである。一方、下の写真は三菱eKシリーズで、左がeK X、右がeKワゴン。デイズとeKワゴンはフロントグリルが違う程度の差異だが、デイズハイウェイスターとeK Xはフロントマスクのデザインがまったく違って別のクルマ。だが、全車外板パネルは完全に共通とのこと

■デイズ&eKの、ハイトワゴン軽自動車 ライバルより「ここが○」、「ここが×」

(TEXT/渡辺陽一郎)

 全高1600mm台の、いわゆる「ハイトワゴン軽自動車」には、スズキ ワゴンR、ダイハツ ムーヴ、ホンダ N-WGNといった、ユーザーに鍛え上げられた強力なライバルがいる。今回はジャーナリストの渡辺陽一郎氏にワゴンR スティングレー、ムーヴカスタム、N-WGNカスタムを交えた上での比較を行ってもらった。採点表はこの項の最後に置いた。参考にしてほしい。

●スズキ ワゴンR スティングレー

●ダイハツ ムーヴカスタム

●ホンダ N-WGNカスタム

※タッチ・クリックすると大きい画像でみることができます。

 軽自動車はボディサイズやエンジン排気量がほぼ同じで、ライバル同士の競争も激しい。競争相手を精査しながら開発するため、設計が新しい車種ほど質や機能を向上させやすい。従ってデイズ/eKが有利だ。

 外観は見た人により評価が異なるが、視界には優劣がある。前方視界は全車同等だが、斜め後方はワゴンRとN-WGNが見やすい。デイズ/eKは、斜め後ろが見にくい。

 外観に躍動感を持たせるため、サイドウィンドウの下端を後ろに向けて持ち上げたからだ。最小回転半径は、14インチタイヤ装着車で比べるとホイールベースの長いデイズ/eKとN-WGNは4.5mで、短いワゴンRとムーヴは4.4mに収まる。

 内装の質は各車ともに力を入れ、デイズ/eKが最も上質だ。特にデイズのプレミアムコンビネーションインテリア、eKのプレミアムインテリアパッケージを選ぶと、本物のステッチ(縫い目)が入って質感はミドルサイズカー並みに高まる。

写真上がデイズハイウェイスターで下がeK Xのインパネ。メーターパネルやステアリングの形状などの造形は両車まったく同じである。しかし、インテリアカラーはそれぞれ独自の設定で、スポーティな配色のデイズに対しeK Xは明るくカジュアルテイストなカラーコーディネート

 前席の座り心地は、デイズ/eKが一番快適だ。シートのサイズに余裕があり、背中から大腿部をしっかりと支える。シートの上下調節機能が、座面だけを動かす(背もたれは上下しない)簡易型なのは残念だが、座り心地はよい。

 後席はワゴンRが多彩なシートアレンジと不満のない座り心地を両立させた。デイズ/eKは座り心地が悪い。床と座面の間隔が乏しく、足を前方へ投げ出す姿勢になる。体が座面に沈みにくく、サポート性もよくない。座った時に座面が短く感じられるなど、改善を要する点が散見される。

新開発プラットフォームによりホイールベースは旧型プラス65mmの2495mm。後席の足元はご覧のように広々! 後席は前後スライドが可能だが、左右分割タイプではなく一体型なのがちょっと残念なところである

 後席の足元空間は、デイズ/eK、N-WGN、ワゴンRが横並びだ。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は、握りコブシ3つ半に達する。ムーヴは3つ分だが充分に広い。

 インパネ周辺の収納設備は、デイズ/eKが充実する。アルトラパンのようなボックスティッシュが収まる引き出し式の収納ボックスと、N-WGNのような引き出し式トレイも設けた。

 荷室はシートアレンジが異なる。ワゴンRは前後スライドが左右独立式で、背もたれを前方に倒すと、座面も連動して下がる。ムーヴはスライドは左右独立式だがワゴンRのような座面の昇降機能はない。

日産が開発したプロパイロットを軽自動車としては初搭載。三菱eKには「MI-PILOT」の名称で搭載される。レーンキープ、全車追従クルコンなど、リーフやエクストレイルに搭載されるものと性能的には同等

 ノーマルエンジンの動力性能はデイズ/eKが最も優れる。実用トルクが高く、回転感覚は滑らかでノイズも小さい。2位はN-WGN、3位はワゴンRだ。

 デイズ/eKは、前後スライドが左右一体で、座面の昇降機能も付かない。N-WGNも荷室のアレンジは単純だが、後席の下にワイドな収納設備がある。

 ターボは各車ともに1L前後の動力性能を得ており、性能は横並びに近い。

石畳のような路面を走っても、微細に凹凸をしなやかに吸収してスッと収束する足回りで乗り心地は良好である

 走行安定性と乗り心地は、デイズ/eKが優れ、ムーヴも高速時の直進安定性が高い。N-WGNは操舵感が少し曖昧で、設計の古さを感じる。

 価格は設計の新しい車種ほど割安だ。デイズハイウェイスターXプロパイロットエディションは、156万7080円でプロパイロットまで含めてフルに標準装着した。2位はeKクロスになる。運転支援機能はこの2車種のみに採用される。

「ちゃんと作ればいいものができるんですよ!」と渡辺陽一郎氏は開口一番。今回のデイズ/eKシリーズは、ハイトワゴン軽自動車の強力なライバルたちに対して乗り心地の質感や操縦性などで間違いなくアドバンテージを持っていると評価する

■デイズの販売は好調! eKは「X」の評価が分かれる

(TEXT/遠藤徹)

 新型デイズは好調な販売のスタートを切っている。4月中旬現在での納期は6月中旬あたりであり、約2カ月待ちの状態にある。広くなった室内や新開発エンジンによる走りのよさ、安全対策の強化などが好評である。

 自動運転支援装置の「プロパイロット」の販売構成比はセレナと同じ40%程度に達している。また上級スポーティ仕様のハイウェイスターの販売比率は70%程度を占めている。

 スーパースペースワゴンの「デイズルークス」からの代替えも目立つとのこと。

インパクト絶大なeK X。SUVテイストのハイト軽自動車という意味ではハスラーを意識したのかも

 一方、デイズのOEMとなる三菱自動車の新型eKシリーズ(eKクロス、eKワゴン)は好調か、いまいちか評価が微妙な状況でスタートを切っている。

 受注の内訳は半分以上がSUVテイストのクロスでこちらが中心。納期はeKクロスが1.5カ月でeKワゴンが1カ月ということで、新型車にしては早めの状況にある。

 デリカD:5似のeKクロスは好き嫌いがわかれるフロントマスクで、交渉後の成約時間が多少長引く傾向にあるとのこと。

 運転支援ユニットの「マイパイロット」の装着率は40%程度とほぼ予想通りとなっている。


最新号

Boosterpackdepot最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|Boosterpackdepot 7月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ