【次期アルファード ヴェルファイア エスティマそしてMIRAI!!】 トヨタ新型攻勢全情報

 トヨタを巡る次期ランクルや新鋭「Tj」、はたまた新型カローラ関連の記事が好評だ。

 販売チャンネルの統一、車種の半減(?)など、ちょっと不安になるような話題も孕みながら、しかし新時代に向けてトヨタに対する期待とワクワクにはやはり大きなものがある、ということだろうか。

 そこで今回は「まだまだありますよ!」とばかり、現在しているBoosterpackdepotの最新トヨタ情報を大放出。さらに日本になくてはならないコンパクトカー2台、ヤリス(ヴィッツ)とフィットの「新型ガチンコ対決」もお届け!

※本稿は2019年3月のものです
文:Boosterpackdepot編集部/写真:Boosterpackdepot編集部
初出:『Boosterpackdepot』 2019年4月26日号


■ 「ミニバンの皇帝」 アルファード/ヴェルファイア 2020年にも一新!

●トヨタ NEWアルファード/ヴェルファイア(2020年登場)

 現在、Lクラスミニバンのカテゴリーでひとり勝ち状態となっているアルファード/ヴェルファイア。

 大ヒットモデルだけに次期型のデザインはキープコンセプトとなり、“アル/ヴェル”らしい押し出しの効いたフロントマスクやボディの四隅を絞らずにワイド感を強調したフォルムなどを継承。

 しかしながら中身はプラットフォームを含めて大幅刷新されるという情報が入っている。

NEWアルファード(Boosterpackdepot予想CG)

 パワーユニットは、カムリで好評の新型2.5L直4ハイブリッドがメインとなり、現在3.5L V6を搭載する上級モデルもハイブリッド化される可能性がある。

 また将来的にはPHVモデルの設定も視野に入れているという。デビューは2020年になりそうだ。

■15年ぶりのフルモデルチェンジ。新しい未来を見せる新型エスティマ登場

●TOYOTA  NEWエスティマ(2021年登場)

 1990年5月に初代が登場したエスティマ。エンジンを75度傾けてミドに搭載し、後輪を駆動するという発想でトヨタ自ら「天才タマゴ」を名乗ったが、その天才タマゴが帰ってくる。

 新型エスティマの開発については、これまで何度も凍結と再開が繰り返されてきたが、時が経つほどに高まる新型を待望する声、そして欧州でも今後、多人数乗車モビリティを求める声の高まりが予想される状況を鑑み、ついに新型エスティマの開発再開が決定されたというわけだ。

スタイリッシュというのもエスティマを名乗るうえでの必須条件。新型も当然クリアする(画像はいずれもBoosterpackdepot予想CG)

 エスティマを名乗る以上、「天才」であり、他モデルを圧倒する先進性が求められるが、新型ではそれはパワーユニットによって示される。ご覧のとおりの近未来を感じさせるボディに搭載されるパワーユニットは燃料電池。

 トヨタはすでに「MIRAI」で燃料電池車の量産を実現しているが、そこで得たノウハウが新型エスティマにも投入される。

 重量級モデルは燃料電池と相性が悪いとする声もあるが、1850kgの車体に154ps/34.2kgmという出力のMIRAIが充分な走りを見せている以上、そこはあまり心配する必要はないだろう。

 むろん、燃料電池以外に2.5Lハイブリッドも用意されるので、先進性は外観だけでいい、というのならば、そちらを選ぶテもある。

新型エスティマ 予想スペック
全長:4850mm
全幅:1880mm
全高:1660mm
ホイールベース:2950mm
車両重量:1900kg
パワーユニット:燃料電池
モーター出力:154ps以上
モータートルク:34.2kgm以上
価格:500万~600万円

■86&BRZ トヨタ・SUBARUの黄金タッグで2021年新型登場

●トヨタ NEW86(2021年初頭登場)&スバル NEW BRZ(2021年初頭登場)

 手頃なFRスポーツの代表格=86/BRZは、次期型もトヨタとスバルの協業で開発される。試作型式「860B」と呼ばれる次期型、プラットフォームは現行型からキャリーオーバーされ、水平対向4気筒エンジンを縦置きするFRである点も踏襲される。

 ボディサイズなども大きく変わることはないが、唯一の大変更といえるのが搭載エンジン。現行型の2L、FA20型から新たに開発された2.4LのFA24型になる。

基本的にキープコンセプトだが、現行デビューから9年の間の進化は侮れない。新エンジンと相まって、その乗り味と質感は大きく向上することになる(画像はいずれもBoosterpackdepot予想CG)

 このFA24型は新型レガシィの北米仕様にも搭載されるものだが、レガシィがターボなのに対し、86/BRZはNA。86/BRZのようなクルマにはピークパワーよりも扱いやすい出力特性のほうが大事という判断だ。

 とはいえ排気量が400ccも増えるわけだから、出力自体は現行から増強され、230ps/24.5kgmほどの出力になる。トルクアップがドライバビリティにどう影響するかに注目したい。

 価格は300万円からと予想され、排気量アップのぶん、価格も上昇した感じだが、それでも依然として手頃といえる価格帯をキープする。デビューは2021年だ。

■2代目MIRAIはクラウンベース!!!

●トヨタ NEW MIRAI(2020年登場)

 2020年、この年開催の東京オリンピックを契機に、トヨタが推し進める水素燃料の時代をより現実的なものにするためにMIRAIがフルモデルチェンジする。

 世界初の量産/量販FCVとして2014年に登場した現行型MIRAIは前輪駆動だが、次期型ではTNGAプラットフォームを採用した後輪駆動車へと大変身。

2代目MIRAI(Boosterpackdepot予想CG)

 クラウンをベースに、水素タンクをセンタートンネルと後席下に1本ずつ置き、FCスタックをエンジンルームに搭載してリアにモーターを配置するというレイアウトとなる。

 ベース車は違うが、同じく2020年に登場予定のレクサスLS FCVは兄弟車という位置づけで、より上質なモデルになり、航続距離も向上する。

■ハイエースには海外仕様とは別の日本仕様が存在!?

●トヨタ NEWハイエース(2019年登場)

 2月に発表された海外向けの新型が話題になったハイエースだが、それとは別に日本仕様のハイエースも大きく生まれ変わる。

 その次期モデルは、これまでのようなキャブオーバー型のボディではなくなり、衝突安全性の向上のため海外向け同様にセミボンネット型のスタイルを採用。とはいえ、海外向けのような大型化を図るのではなく、基本的には日本の商用バンの4ナンバーに適用したボディサイズやエンジンが採用される。

 エンジンはガソリンの2L、2.4Lディーゼルターボなどを搭載。現行型同様に4ナンバー車以外にもワイドやハイルーフなどのボディバリエーションも用意される。

4ナンバーサイズが基本だがワイドボディなども用意される(いずれもBoosterpackdepotweb予想CG)

【番外ニュース】 発売前からメチャ熱い!フィットvsヤリス コンパクトカー全面戦争の中身

●ホンダ NEWフィット(2019年10月登場)&トヨタヤリス(2019年8月登場)

4代目となる新型フィットにはクロスオーバーSUV風のテイストを盛り込んだモデルもグレードバリエーションとして設定されることになる(いずれもBoosterpackdepot予想CG)

 ヴィッツとフィットは本来ならば販売合戦の上位で激烈な争いをするべき、メーカーにとって最重要の戦略車だ。

 しかし現行型ヴィッツのデビューは2010年12月、フィットは2013年9月。特にヴィッツは発売から8年以上が経過しており古さを隠せなくなっている。販売的にもアクアやシエンタ、ノートなどの後塵を拝している。

 この2台の戦略的コンパクトカーがともに今年モデルチェンジの予定なのだから、デビュー前からバチバチ火花が飛んでいるのも当然だ。

 ヴィッツは世界共通の「ヤリス」と名前を変えて8月にデビューする。一方フィットは2カ月遅れて10月登場の予定。

 特にヴィッツ改めヤリスはWRC参戦マシンのイメージとだぶらせるようにGRMNモデルが設定される計画のため、新開発TNGAプラットフォームは大幅に余裕を持った設計となることで、上質な乗り心地と操縦性がベースとなる1Lモデルでも味わえる。

 フィットは直3、1Lターボを新搭載するとともに、ハイブリッドは2モーター式のi-MMDに変更される。燃費ではフィットが一歩リードすることになるか!?


最新号

Boosterpackdepot最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|Boosterpackdepot 7月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ