でかい!すごい!UDトラックス工場拝見

  • Tweet
  • シェア

 GE13TB。’98年登場、クオンに搭載。馬力は380PS

 今回はUDトラックスの上尾工場にお邪魔してきた。
タイヤやエンジンや部品を見ては「でっかい!」と感動!

■UDトラックスの歴史

   同社は’35年にディーゼルエンジン製造会社、日本デイゼル工業として誕生。’53年に日産自動車が資本参加。’55年にUDエンジンを生み出した。UDとはUniflow Scavenging Diesel Engineの略。

  これは独自の「単流掃気方式2サイクルディーゼルエンジン」のこと。’06年にボルボが資本参加、今年1月にボルボ・グループ・ジャパン、UDトラックス、UDトラックスジャパンが合併。UDトラックスとなった。現在ではUDの意味を「Ultimate Dependabillity」(究極の信頼)としている。

クオン
コンドル
コンドル:クオンの技術を継承した中型トラック。コモンレールを採用したGH型エンジンは低速から高速域まで高いトルクで街中でも扱いやすい
クエスタ
クエスター:日本未発売。新興国向け大型トラックで長距離輸送や市内配送、鉱山開発、建設現場など幅広い分野で活躍中!!

■とにかく広い!上尾工場

  今回紹介する本社・上尾工場(埼玉県上尾市大字壱丁目一番地)では、大型中型トラック、ディーゼルエンジン、自動車部品の製造と販売などを行っている。

   上尾工場の敷地面積は40.3万㎡。東京ドームのグラウンド31個ぶん。

 とにかく広--------い!

   UDトラックス生産方式の特徴は、多品種混流生産(95%の車種が1~2台/日)、受注確定生産(注文が来てから生産する)。

   ボルボの生産管理システムで新エンジン組立ラインを制御。以前よりも、工程保証度がレベルアップし、生産性は30%も向上したとのこと。生産機種は4機種、1000仕様!! トラックはオーダーメイド感覚の乗り物なんだねぇ。

    そうそう、1台からでもカスタムペイントをしてくれる。選べる色味はなんと3000色! 1台につき5色までセレクト可能だから、あらゆる会社のコーポレートカラーに対応可能。

   これなら、ユーザーもトラックに愛情がわくでしょう。内側や細部までていねいに色を塗るからお客様にも好評。しかも、長期間色あせないそう。作業環境も音のレベルを70デシベル以下に抑えて、ライン内の空気から二酸化炭素を3割削減に成功。すばらしい~。

    上尾工場の生産の流れは、プレス→車体組立→塗装→トリム→車輌組立ライン……といった順序で進んでいく。UDトラックス、かなりカスタムペイントに力を入れているらしい。クリーンな環境で自動塗装を行うため、色ムラやゴミの付着がない。

   また、統一されていなかったため時間がかかっていた工程に基準を設置、スピーディな作業が可能になったとのこと。うーん、UDのトラックはいろんな工夫の積み重ねでできているんだね!

IMG_2869
シャシー組立ライン。まずフレーム投入、配管・配線をしてから車軸を取り付け、フレームを回転させ移送する。
IMG_2886
エンジン・ラジエター、キャブ搭載をしたところ。トラックっぽいかたちになってきた。
IMG_2893

 作業員の負担を軽減するため、ストライクゾーンと呼ばれる最適エリアが設定されている。

■UDトラックスQ&A

Q1.ボルボと一緒になったことで、考え方の相違を感じた部分はありますか? また、逆に共通点はどのようなところですか?

A1.まず、UDとボルボは、基本的な目標値とその定義が異なりました。共通点は、工程を少なくして安く速く作るという部分ですね。

Q2.ボルボと合併後、取り入れたシステムなどはありますか?

A2.ボルボはシステムを非常に大切にする会社。UDはこれまで作業者の器用さに頼っていたところが多いのですが、再現性のある仕組みに落とし込むようになりました。また、記録は紙に記していたのですが、データ化するようにもなりました。ピッキングシステムに関しては、UDのシステムをボルボの仕組みのなかに入れることになりました。例えば、ボルボはミスを防ぐために、人間ではなく機械を使うという考え方なのですが、UDでは目視を重視している部分があり、ボルボにそのよさを説明し、理解してもらいました。今のところ、特に不具合は起こっていません。

Q3.工場で働く人のなかに、女性はいますか?

A3.女性作業者はほぼいません。ただ、トランスミッションの検査員のなかには、女性がわりといます。

Q4.カスタムペイントをオーダーされる割合と今後の目標を教えてください。

A4.カスタムペイントを注文される方の割合は、全体の30%弱です。将来的には30%以上まで高めていきたいですね。色数は3000色と多く、模様を付けてほしいなどデザイン面でのオーダーもあり、塗料メーカーと協力しながら仕上げています。1社ごとに異なるデザイン、模様、色味を作るので、現場ではそれなりの苦労があります。


工場で働くお兄さん達、かっこよかったです!

UDトラックス、最高です!!

  • Tweet
  • シェア

最新号

Boosterpackdepot最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|Boosterpackdepot9月10号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「Boosterpackdepot」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ

распродажа велосипедов