小さいけれど頼りになる!居眠り運転警告装置

 値段は高いが命拾いすることを考えれば安いモノさ


 運転中、眠くなったらクルマを止めて、一眠り。これ、ドライブ中のマストルールだが、どれだけ寝ても、コーヒー飲んでも眠いときゃ眠い!!

 はてさて、どうしたものか……。ということで、今回は瞳を検知して、居眠りをしそうになると、すかさず注意してくれる運転警告装置「アイキャッチプリクラッシュアラーム」をご紹介しま~す!

「世界ビックリ大賞」的な昭和のテレビ番組に出てきた超人以外、この世の中には眠らないで生きていける人はいない。ってことは、居眠り運転で事故を起こしてしまう可能性はすべてのドライバーにある。

 一説によると、すべての交通事故のうち、居眠り運転が原因とされるものは全体の3%ほど。睡眠不足による反応の遅れや、運転操作のミスによって発生した事故も含めると、この割合はもっと大きくなるはずだ。

 で、運転中の眠気覚ましにぴったりなのが「アイキャッチプリクラッシュアラーム」である。

 この装置、使い方はとってもカンタン。
 クルマのダッシュボードに設置し、シガーソケットにつなぐと、運転者の顔を認識&瞳孔を検出!

 まぶたと下まぶたの間の最大距離をチェックし、「こりゃ、居眠りしそうだな」と判断すると、 大音量で「運転に集中してください」「運転に注意してください」と連呼し、注意してくれる。

 ああ、親切。

 しかも、ドライバーが変わっても、メガネやサングラスをかけていても、昼夜、晴雨関係なく、誰でもいつでもどこでも瞳孔検出可能。心強いドライブの友なのである。

 本誌・マスオ馬場が試してみたところ、ちょっとウトウトと船を漕ぎだそうとした途端、車内が大音響に包まれた。こりゃ、どれだけ眠くても目が覚めるわ~。

83デシベルの大音響!
※電車内の音が80デシベルといわれている

 ドライブ大好きな皆様以外にも、長距離トラックや高速バスのドライバーさんにもぴったり。別売りのシガーソケット変換アダプターを使えば、お部屋でも使用可! 徹夜仕事の方、いかがですか!?


サイズは、幅92×奥行き30×高さ85(㎜)、重量は103g
価格は5万980円(税込)。販売は、サンコーレアモノショップほか

 

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ

https://eva-mebel.com.ua