得!スマホナビアプリ神7

 進化を続けるスマホ向けナビアプリ。しかしその数は膨大ゆえに実際どれを購入したらいいのか悩むのも現実だ。そこで今オススメのナビアプリを厳選。まさに“神7”と呼んでいい出来の良さだ

 *この企画の料金表示はすべて2014年2月26日時点のものです(消費税率5%)

通信を使いリアルタイムに情報を取得

 今や当たり前に使われているGPS。これに地図や施設などのデータを組み込み、さらにルートを検索し案内するプログラムを持たせたのがナビアプリの簡単な考え方だ。

 元々通信機能を有しているスマホゆえに、外部から取得できる情報は多彩。ナビアプリとしては渋滞情報や天気予報などを取得しドライブに活用できるが、現在は自分の好みに応じた検索機能などにより、ドライブ時の観光案内やオススメのグルメ情報なども活用することができる。そしてこれが「リアルタイムで行える」というのが最大のメリットなのである。

 ナビに限らずスマホアプリの多くはグーグルが開発した「Android(アンドロイド)OS」とアップルのiPhoneやiPad向けに対応する「iOS」の2つが主流。

 それぞれが独自の機能を持っているが、アップルの端末は自社商品ということで画面サイズが限定されるのに対し、グーグルの場合は端末を数多くのメーカーが開発していることもあり、画面サイズやメモリーの容量など選択の自由度も高い。

 さらに現在カーナビの世界でもトレンドになっている「大画面化」はスマホでも同様。より大型のタブレットであれば専用機と同様の画面サイズで地図を見ることもできるのである。


カロッツェリアとの共同開発で最新鋭のナビ機能が使いこなせる

01:ドコモ ドライブネットナビ

  • 提供元:NTTドコモ 価格:無料(アプリの一部機能のみ)。
  • 月額315円(ドコモドライブネット契約)
  • Android/iOS

 NTTドコモとカロッツェリアが共同開発したナビアプリ。発売当初はAndroidOSのみだったが、ドコモがiPhoneの取り扱いを始めたこともあり、現在はiPhone5sとiPhone5cにも対応している。

 最大の特徴は通信を活用し、カーナビとしての機能を高めた点にある。「スマートループ渋滞情報」を始めとしたテレマティクスサービスが使えることはそれまであったスマホナビの性能を一気に専用機並みに押し上げているのだ。

 また別売りの対応機器を組み合わせることでクルマのダッシュボード上に簡単かつ確実にスマホを固定。また機種によってはリモコン操作も可能にしている。

 スマホの場合、自車位置を測位する機能は基本GPSに頼ることになるが、この対応機器を使うことでトンネルの中やビル群の間など電波が届きにくい場所でも正確な自車位置を表示してくれるのだ。


渋滞チェックは何と1分おきという細かさ

02:カーナビタイム

  • 提供元:ナビタイムジャパン。
  • 価格:Android OS版525円(月額コース)/5700円(年額コース)。
  • iOS版600円(月額コース)/3300円(180日チケット)/4900円(365日チケット)
  • Android/iOS

 クルマや電車などの移動にはかかせない交通系サービスであるナビタイムのカーナビ専用アプリ。地図データをあらかじめ本体にダウンロードしておくことで圏外でも使うことができる。

 またリアルタイムの交通情報は1分おきに渋滞情報をキャッチ。ルート案内も7つの条件から検索できオービス情報も表示するスーパーアプリだ


市販カーナビとほとんど同じ機能をアプリに凝縮

03:NAVIelite

  • 提供元:アイシン・エィ・ダブリュ。
  • 価格:iOS版 3800円(NAVIelite)/2800円(NAVIelite mini)。
  • Android OS版 3800円。いずれも購入後1年
  • Android/iOS

 世界的トランスミッションのメーカーである同社は純正向けカーナビも数多く開発している。このノウハウをナビアプリに凝縮したのがNAVIeliteだ。

 膨大な検索データはもちろん市街地詳細地図などは2DINで販売されているカーナビと遜色がなく、さらに地図更新も年6回ときめ細かい。専用機からの乗り換えも違和感がない

 地図表示機能は2D/3D、高速道路、都市高速など多彩。さらにこれらを組み合わせて表示することも可能。交差点案内も見やすくきめ細かいのが特徴だ


オペレーターサービスは直接対話ができる

04: smart G-BOOK

  • 提供元:トヨタメディアサービス。価格:無料(一部機能)。
  • 2500円(ナビゲーション機能)。1000円(VICS交通情報)。500円(詳細市街地地図)。いずれも1年
  • Android/iOS

 トヨタのテレマティクスサービスである「G-BOOK」をスマホ用向けアプリとして開発。無料でもスポット検索やHELPNETが使えるなどかなりコスパが高いが、やはり有料のナビアプリがオススメだ。

 特にオペレーターサービスは直接対話を行うことで目的地を検索しスマホに転送してくれる。このサービスはクセになるほど便利だ。

 地図表示は2D/3Dに対応。ランドマーク相当の建物は3Dイラストで表示される。きめ細かい音声案内と交差点拡大図によりルート案内がわかりやすいのも特徴だ


圧倒的な走行データ、渋滞回避の能力もピカイチ

05: ホンダ インターナビ ポケット

  • 提供元:本田技研工業。価格:無料(一部機能)。
  • 3000円(カーナビ機能/年額)。700円(追加オプションのVICS機能/年額)
  • Android/iOS

 ホンダが展開するテレマティクスサービス「ホンダ インターナビ・リンク」。このサービスをスマホで使えるようにしたのがこのアプリだ。同サービスを利用している185万人(2013年6月現在)がアップしている圧倒的な走行データを元にしたカーナビ機能が使える。この他にも防災・減災情報などからドライバーの安否確認も行える

 全国のインターナビユーザーからアップロードされたフローティングカーデータと呼ばれる走行情報は約59億キロと膨大なもの。これを元に目的地に早く正確に目的地に到着するルートを提案する


歩行者用と自転車用ナビとしても使える

06: MapFan+

  • 提供元:インクリメントP。価格:500円(30日チケット)。900円(90日チケット)。
  • 1800円(180日チケット)3000円(365日チケット)。継続割引あり
  • Android/iOS

 独自の地図サービス(MapFan)やカーナビメーカー向けにソフト提供を行っている同社のiOS向けナビアプリ。詳細地図をWi-Fiを使い予め端末にダウンロードしておくことでオフラインでもカーナビが使える。

 オンデマンドVICSを活用した渋滞情報表示やこれを考慮したルート探索などが可能。歩行者用と自転車用ナビとしても使える

 オンラインでもオフラインでも使えるのが特徴。iPhoneで940×640、iPadで2,048×1,536のRetinaディスプレイにも対応することで高解像度で地図やアイコンを鮮明に表示することができる


グーグルマップなどを活用した無料アプリ

07: mapipo 7

  • 提供元:mapipo office。価格:無料。
  • iPhone4, iPod Touch 5, iPad2以降の機種に対応。iPhone5にも最適化済
  • iOS

 無料のGoogleマップをベースに開発されたナビアプリ。mapipoは元からユーザーの支持が高いアプリだったがiOS7に対応させることでより高性能なナビに進化した。

 高機能ゆえに操作にやや複雑な部分もあるが、独自の渋滞情報や「ホットペッパーグルメ検索」なども使える。まずは無料で試してみたいユーザーにはオススメの1本だ

 2D表示(左)にストリートビュー(右)を組み合わせた2画面表示も可能。ルート設定もきめ細かくできるなど無料とは思えないほどの内容を持つ人気アプリだ


*この企画の料金表示はすべて2014年2月26日時点のものです(消費税率5%)

最新号

Boosterpackdepot最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|Boosterpackdepot8月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ

https://vorteleather.com.ua

искривление носовой перегородки