【日本導入熱望!!】コンパクトだけど7人乗り!! 日系メーカーのアジア戦略SUVが凄い

  • Tweet
  • シェア

 日本でSUVといえば大型からコンパクトまで、さまざまな車種が揃っている人気カテゴリーだ。

 とはいえ基本的に5人乗りが多く、おじいちゃんおばあちゃんが乗ることを考えると3列目がほしいなんて声もよく聞く。

 じゃあ3列の設定があるCX-8などにすればいいかといえば、今度は日常の使い勝手が悪くなるという「帯に短したすきに長し」状態に。

 実は日本メーカーは痒い所に手が届くコンパクトで、しっかり7人が乗れる3列シートのSUVを続々とアジアでデビューさせているのはご存知だろうか?

 今回はアジア市場で燦然と輝くコンパクトSUVに迫るとともに、日本導入してくれたらいいのになぁ~という願いを込めて記事化します。

*一部記事内に誤りがございました。訂正してお詫び申しあげます。

文:BoosterpackdepotWeb編集部/写真:ダイハツ、三菱、ホンダ


■最新コンパクトSUVはダイハツ「アルズ」

 東南アジアは道路環境からコンパクトなクルマが求められる。そして家族が多いなどの理由もあり、コンパクトSUVでも7人乗りが求められる。

 そんな大注目のアジア市場のコンパクトSUVの最新作で2019年1月にマレーシアで登場したのがダイハツのアルズ。

 ダイハツのマレーシアでの生産を担当する合弁会社「プロドゥア」が製造する。

異様に車幅が狭くアンバランスな雰囲気もあるが、全体的なバランスはそこまで悪くはない気もする

 そんなアルズ、サイズがなかなかにイイ感じ。全長4435×全幅1695×全高1740mmと車幅はかなりコンパクト。

 全長はカローラフィールダー、全幅はヴィッツと同サイズで、全高はフリード(4WD:1735mm)に近似といった感じ。それで7人乗りだから恐れ入る。

 サイズの割にデザインはダイナミックでそれほど小ささも感じず、最低地上高は220mmとスバルXV(200mm)よりも高い。

リアスタイルもシュッとしていてオーソドックスな感じ。とはいえホイールが小さく見えるのは致し方ないか?

 エンジンは1.5L、4気筒の2NR-VE。パワーについては102ps/6000rpmといたって普通だが、移動手段としては充分だろう。

 なによりも驚くのがその価格。スマートアシストなどがついた上級グレードの「1.5 ADVANCE」で7万7900リンギット(約210万円)。この価格なら安い?

■三菱エクスパンダーもド派手フェイスで大人気

 コンパクトSUVのパイオニアとも言うべきか絶好調なのが三菱エクスパンダー。

 2017年からインドネシアで発売を開始し、いまやアジア圏でバンバン売れている1台だ。ド派手なフェイスだが三菱らしさを感じる1台。

 元々アジア市場では三菱への信頼は厚く、多くのファンを持っているのも追い風になっている。そしてエクスパンダーが売れている要因はちょうどいいサイズ感もある。

 中間グレードのエクシード(グレード名がパジェロと同じでまた泣かせるっ!!)は、全長4475×全幅1750×全高1700mmとアルズよりはちょっと大きく最低地上高は205mm。

新型デリカD:5を彷彿させるフロントマスク。ダイナミックなデザインは想定通りか、アジア圏で大うけした

 こちらも1.5Lの4気筒でエンジンは4A91。コルトなどにも搭載された信頼性抜群のエンジンで104psを発揮する。もちろん7人乗りだ。

 エクステリアのイメージはまさに新型デリカD:5のような雰囲気。縦型のライトなども斬新でSUVとしては大胆だ。

 初見でもアジア受けしそうな雰囲気がプンプンするのだが、想定通りなのか大ヒット。生産台数も大幅に引き上げているという。

 価格はインドネシアでは2億410万ルピア、日本円にすると約160万円。

 日本のラインナップでは3列目の設定はアウトランダーとデリカD:5にあるが、コンパクトな3列目設定車がない三菱。

 新たな3列ミニバンとして導入してはどうだろうか、と数年言い続けている気がするが導入の予定はないとのこと。

■ホンダBR-Vは高級路線でライバルと差別化?

 BR-Vと聞いてCR-Vを思い浮かべる人も多いだろう。そして文字のごとくCR-Vよりも小さなSUVだ。

 こちらも7人乗りをラインナップするSUV。ヴェゼルもいいけど、これも何度も言っている気がするが日本導入したらそうとう売れるんじゃないか、と思ってしまう。

こちらがBR-V。最近のホンダのデザインテイストを生かしており、ヴェゼルなどにも似ている。初代CR-Vにもサイズ感が近い

 タイなどを始めアジアに展開しているが、全長4456×全幅1735×全高1666mmと前出2車と似たような寸法。

 しかしこちらはアーバンSUVといった感じの洗練されたスタイルでライバル勢とは一線を画す高級感。

 直4の1.5Lとこれまた定番のエンジンだが、パワーは117psとホンダらしくライバルよりもちょっと元気。

インテリアはブラックで高級感あふれる。ちなみに現地の平均月収が10万円に満たない人が多いタイでは年収の2年分以上になる超高級車でもある

 タイ国内ではホンダの人気は高く、BR-V、HR-V、CR-Vという3つのSUVが市場に投入されていて人気もあるようだ。

 価格はエクスパンダーと同じインドネシア市場で見ると2億3800万ルビア(約186万円)とやや高級な感じ。エンジンパワーの差などを見れば仕方ない!?

 うーん、こうやって3台を振り返ってみると、アジアの人だけにコンパクトSUVを独り占めさせるのはもったいない!!

 近場だけの移動用と割り切る人も多い3列目SUVだけに、この3台が日本に導入されたら安定して売れると思うのだけど……、いかがでしょ!?

  • Tweet
  • シェア

最新号

Boosterpackdepot最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|Boosterpackdepot9月10号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「Boosterpackdepot」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ