【厳重注意!!】この時期増加!! 死に至る「居眠り運転」と「積雪車中泊」の危険と理由

 積雪地方ではすでに厳しい真冬を迎えていると思いますが、これから都心部でも最低気温が氷点下まで下がる日が増えてきそうです。

 そんな厳しい寒さが続いていますが、車内の暖房やシートヒーターを入れると、ポカポカと暖かくて、つい眠気に誘われてしまいますよね。

 そう、この時期に気を付けなければいけないのは居眠り運転です。そこで、居眠り運転が起きないように眠気を防ぐにはどうすればいいのか? なにかいい方法はあるのか?

 また、どうしても眠くて車中泊することになったら、この時期、気をつけるべきことは何か? モータージャーナリストの岩尾信哉氏が解説致します。

 実際にJAFが行った、クルマとマフラーの回りを雪で埋めたテストも紹介していますので、参考にしていただきたい。

文/岩尾信哉
写真/Boosterpackdepot編集部 JAF  Adobe Stock


■居眠り運転は違反点数2点、反則金9000円

運転中、何回もアクビをするようなら眠い証拠。速やかに停車して仮眠をとりたい

 今でも忘れられない居眠り運転を目撃してことがある。今を遡ること十数年前、取材帰りの夜の帳が降りた中央道の短いトンネルが続く中央道だった。

 アコードのセダンだと思うが、追い越し車線を70~80km/hで前方を走行していたところ、突然右側のボディから火花を飛ばし始めた。

 爆音とも金属音とも表現しにくい異様な音がトンネル内に響き渡って呆然としつつも、当時はケータイも持っていなかったから警察に連絡するなど思いもよらず、ただただ慎重に走行車線を通りすぎたことを思い出す。

 ドライバーがどのような理由で意識を失っていたかは知る由もないが、重大事故につながらなかったかと、今も心のどこかに引っかかっている。

 居眠り運転を法律的に定義すると、過労運転と居眠り運転を含む漫然運転(安全運転義務違反に含まれる)に分けられる。

 法律上微妙に異なるというのはあまり考えがおよばないかもしれない。バスやトラックといった旅客/運送業での運用が絡むので区別されるのだろうが、前者の場合、道路交通法第66条第1項に過労運転等の禁止という項目があり、「何人も、前条第一項に規定する場合のほか、過労、病気、薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある状態で車両等を運転してはならない」(道路交通法第66条第1項)とある。

 居眠り運転で「安全運転義務違反」と判断された場合は、交通違反点数の加点と反則金の支払いの対象となる。

 「車両の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない」と道路交通法第70条にある。

 違反点数は2点(いわゆる青切符)で、反則金の金額は普通車:9000円、二輪車:7000円、原付車:6000円。罰則は3ヵ月以下の懲役または5万円以下の罰金となる(同第百十九条)。

 多くの人が経験しているはずの居眠り運転は、高速道はもちろんのこと、一般道でも重大な事故につながり、クルマを日々利用する人ほど、いわゆる“ヒヤリハット”として関わる確率が高くなるのだから油断大敵だ。

 居眠りしやすい走行条件は「道路が直線区間で空いていて、同乗者がいないか眠っていた場合」とされている。身体の状態を見ると、睡眠不足、疾病、薬の服用、不規則な生活習慣などが影響するとしている。

(※そもそも居眠り運転は事故を起こす。クルマは移動の道具でもあるが凶器でもあり、自分だけでなく多くの人の命を奪う可能性もある。眠いと思ったらすぐ休憩を!)

■運転中の眠気を防ぐための方法

 運転中の眠気を防ぐために簡単にできる方法から挙げてみると、

1/窓を開ける
 空気を入れ替えるのはリフレッシュには効果的。夏場はツライかもしれないが、冬場に長距離走る場合には、車内がエアコンの暖房で温められた空気で長時間満たされるので、多人数が乗車している場合はより一層効果があるはず。

2/コーヒーやガムを口にする
 ガムを噛むことは脳の血管を拡張させて血行を良くする効果がある。カフェイン入りのコーヒーや目覚ましドリンクというのは特別ではないが、頼りにしている人も多いだろう。

3/同乗者と話す、歌う
 単独で走る際には意外に効果がある。音楽を聴くのはリズムや曲調にもよって効果はマチマチだろうが、無言で過ごしているよりは遙かにマシ。一般道で車内を大音量の曲で満たすのはこれとはまったく別の話。

4/ストレッチなど身体を動かす
 もちろん停車できればの話だが、トイレ休憩などともに、身体がこわばってきたと感じた時に、血行がよくなって気分がすっきりするはず。 冷たい水で顔を洗うのも言わずもがなの対応策だ。

5/仮眠をとる
 高速道路の場合はサービスエリアなど、一般道路の場合は近くに休める場所があれば、10分〜15分程度でも仮眠は充分な効果がある。ただし、運転前には目を覚ますために身体を動かすことを忘れずに。

■クルマに装備される居眠り防止装置

 居眠り防止の車両側が対応した装備を見てみると、過去にはトヨタがクラウンやレクサスLSでステリングコラムにカメラを装着して顔の動きをモニターする機能を採用した例があったが(現行車種では未設定)、最近ではステアリングから手を離したり操作が行われない場合に警報機能でドライバーの注意を促す機能などが見られる。

 2018年7月に発売されたスバルフォレスターのアドヴァンスに採用された「ドライバーモニタリングシステム」は、中央のマルチファンクションディスプレイのバイザー部に設置された専用カメラがドライバーの表情をモニターする機能を持つ。

 ドライバーが走行中に一定時間以上目を閉じていたり、顔の向きを前方から大きく外したりするなど、ドライバーに眠気や不注意があるとシステムが判断した場合、メーターやマルチファンクションディスプレイへの警告表示と警報音で、ドライバーと同乗者に注意喚起する。

2018年7月に発売されたフォレスターにはドライバーモニタリングシステムが搭載されている

新型フォレスターのウリのひとつが、このドライバーモニタリングシステム。これはドライバーが乗り込みとマルチファンクションディスプレイのバイザーに内蔵されたカメラがドライバーを認識。走行中、居眠りや眠気を感知すると警報音や警告表示。そのほかドライバー情報をあらかじめ設定すると、5人までのドライバーのシートポジションやエアコン設定、そのドライバーの平均燃費などを表示する

■JAFによれば居眠り原因のほとんどが疲労と睡眠不足

 JAFの調査によれば、居眠り運転の原因のほとんどは「疲労」と「睡眠不足」とされている。前提として、疲れている時や睡眠不足の時は運転を控えるべきだというが、それでも仕事やスケジュールに追われていれば致し方ない状況もあるのだから、理想論ばかりは言ってはいられない。

 運転中の眠気を防止するポイントとしては、疲れを感じる前に休憩をとることも頭に置いておきたい。長時間のドライブではトイレ休憩など、最低でも2時間に1回は休憩を取るようにしたいが、これは眠気防止というよりは長距離移動では常に実行すべきことだから、ドライバーの「マナー」というよりは「運転技術」のひとつだから、常に気に留めておくべきだろう。

■マナーが問われ始めた「車中泊」

いまや車中泊はメジャーになってきたが、この厳寒期には特に気をつけなければいけない

 どうしても眠気がとれず、クルマのなかで眠りたいとなれば、車中泊となる。

 まず、車中泊の禁止場所について。道の駅やサービスエリアやパーキングエリアは宿泊禁止で許されるのは仮眠のみで、日中の停めっぱなしや夕方から夜間でもおよそ10時間以上の駐車は禁止されていて、公共施設や公園の無料駐車場も原則禁止であることをまず確認しておきたい。

 車外でのキャンピング行為は当然ながら御法度だ。いっぽうで、車中泊が可能な施設もあるので事前の情報収集はマストといえる。

 車中泊が可能でも、マナーといえる部分は気をつけなければならない。残念ながらこれを細かい部分まで理解・実践しているユーザーは、車中泊する機会そのものが少ないから知識は不足がちになるのは避けられない。

 マナー遵守が基本だが、長期滞在やキャンプ行為、許可のない公共の電源の使用、ゴミの不当投棄などが問題になってくると、まっとうな利用者が減ってしまうという、まったく本末転倒な自体になることだけは避けたい。

■雪でクルマが埋まった場合はマフラー回りの雪を取り除こう

 実際に車中泊をすることになれば、特に冬場では注意が必要だ。例えば真冬なら室内が25℃程度も屋外が氷点下になるなど、想像以上に室内と外気の温度差が大きくなる場合が起こりうる。

 できれば冬仕様(耐寒温度−15℃)の寝袋、欲をいえば寒気を防ぐために窓の目張り、電気毛布を一晩使える大容量のポータブル電源など、防寒グッズを備えておきたい。

 エンジンのかけっぱなしは避けるべきだ。排ガスは室内に自然に入り込み、密閉空間となった室内では一酸化炭素中毒になる危険性がある。

 雪が降っている場合には、睡眠中に積雪でマフラーが雪で詰まって排ガスが車内に充満してしまう事故も見られるから、マフラー周りの積雪があれば取り除いておくことに気を留めておきたい。

■JAFが行った雪でマフラー周辺が埋もれた場合の一酸化炭素中毒テスト

左のクルマはマフラーの回りを雪で囲まれたもの。右のクルマはマフラー回りの雪を取り除いた状態でテスト

 ここでJAF(日本自動車連盟)が2015年2月に行ったユーザーテストを紹介しておきたい。このテストではマフラー周辺が雪で埋もれ、車内に排ガスが入る状況を再現し「車内での一酸化炭素(CO)中毒」対策の有効性を検証した。

 大雪で立ち往生となったり、スキー場で仮眠したりする場合、エンジンをかけたままクルマのなかで過ごすことがあるが、その際に注意したいのが「車内での一酸化炭素(CO)中毒」。積雪や吹き溜まりにより、車両が覆われ、マフラーを塞いでしまうことにより排ガスが車内に入り、死亡事故に至るケースもある。

 この再現テストでは、同じ車両を2台用意し、ボンネットの上まで雪を被せた状態にし、1台は「対策なし」、もう1台は「マフラー周辺を除雪」した。エンジンをかけた状態で、車内のCO濃度を計測した結果、「対策なし」では、16分後に400ppm(偏頭痛発生程度)に上昇、その後急上昇し、22分後に測定上限値1000ppmとなった。

 一方、マフラー周辺を除雪したクルマは、ほとんどCOが検知されなかった。次に「運転席の窓を5cm開ける」対策を検証したが、しばらく低レベルで増減を繰り返した後、40分を超えると800ppm(めまい、吐き気、失神の危険程度)まで上昇した。

 また、マフラー近くに発煙筒を置き、排ガスの流れ方を煙の動きにより検証。その結果、排ガスの流れは、マフラーが塞がれたことにより車体の下に溜まり、車体下の隙間から車内に吸い込まれることが分かった。

 これらの結果を踏まえ、JAFでは、防寒着などの用意がなく、暖房を使うためにエンジンをかけざるを得ない場合には、頻繁にマフラー周辺を除雪するよう注意を呼びかけている。

■車中泊が公認されている場所を選びたい

 きちんと整備された施設を利用するのは間違いないのない選択肢だ。車中泊が公認されている駐車場を備える「RVパーク」や日本RV協会・くるま旅クラブと提携しているホテル・旅館の駐車場を利用できる「湯YOUパーク」を利用するのもオススメ。

 たとえば「RVパーク」には専用の駐車スペースがあり、1週間くらいの滞在も可能で、入退場制限が緩やか。予約が必要とされず、24時間利用が可能なトイレがあることや、ごみ処理施設や100V電源が使用可能(有料の場合あり)、ほぼすべてのRVパークの近くに入浴施設があるなど、利便性の点では利用を考えてよいはずだ。

 海外に比べ日本では長期の休暇を使ってクルマを利用した旅を愉しむ人が少なかったように感じていたが、その数は確実に増えてきているように思える。

 もちろんクルマのある生活や長距離の移動を愉しむことに異論はないが、クルマを使いこなすことが迷惑行為につながってしまっては元も子もない。まず必要なのは、施設側の「おもてなし」ではなく、使う側の周囲への「おもいやり」ではないだろうか。

最新号

Boosterpackdepot最新号

次期フィットにタイプRも!? ホンダ新車戦略|Boosterpackdepot 7月26日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ新車戦略において、との情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、集中BIG特集MAZDA vs. SUBARU、国産SUV&クロスオーバー最新ランキングとも…

カタログ

узнать больше farm-pump-ua.com

adulttorrent.org

dy.nayka.com.ua