エルグランド、ジューク…実力車だったのになぜ放置!? 今こそ変わるべき日産車 5選

 2018年11月26日に日産の西川廣人社長は、カルロス・ゴーン元会長の逮捕を受け、日産の従業員に事情説明を行った。このなかで西川社長は「日本市場へ十分な投資をできなかったのは、意思決定のゆがみによるものだから、今後は正していきたい」という趣旨のコメントをした。

 ゴーン氏にその責任があるかはさておき、自動車メディアの視点から“車”に焦点を絞って見ると、特に日本で売っている日産車は人気・商品力の高い車種が近年減少している。販売の大半はノートとセレナ、三菱と共同開発した軽自動車が占めるという寂しい状況だ。

 ただし、日産車のラインナップを見ると、現在は販売が低調な車種でも、発売当時は人気や実力が高かったモデルが少なくない。ジュークなどは正しくその筆頭例といえる。

 そこで、本稿ではテコ入れを図れば売れ行きを伸ばせそうな日産車とその対策をあわせて解説。「日本市場への十分な投資」が、これらの車種になされるかどうか。“新たな日産”に期待したい。

文:渡辺陽一郎/写真:編集部、Newspress Ltd


ジューク/2010年登場

ジューク/2018年11月販売台数:261台

 ジュークは2010年に発売されたコンパクトSUVだ。当時は今ほどSUV市場が盛り上がっていなかったが、ジュークは新鮮味のあるデザイン、コンパクトなボディによる運転のしやすさ、求めやすい価格などによって人気車になった。

 その後も改良は積極的に行われ、緊急自動ブレーキも装着している。今の登録台数は1か月平均で300~400台だが、さらに改良を加えて宣伝すれば、売れ行きを伸ばすことも可能だろう。

 最も効果的なのはe-POWERの投入だ。ノートはもともと売れ筋のコンパクトカーではあったが、e-POWERの投入で売れ行きを従来の2倍以上に増やした。セレナもe-POWERの設定で販売ランキングの上位に入ったから、ジュークにも拡販効果が期待される。

 バリエーションも見直す。スポーティな「NISMO」はすでに用意しているから、オフロード指向を強めたクロスカントリー的なグレードを加えたい。最近はジムニーが人気を得るなど、SUVの原点回帰的な車種が注目されている。

エルグランド/2010年登場

エルグランド/2018年11月販売台数:273台

 2010年発売のLサイズミニバン、エルグランドも筆頭に挙げられる。現在の販売は低調で、1か月の登録台数は500台前後だ。アルファードは1か月平均で約4700台を登録しているから、エルグランドは10%程度となる。

 売れ行きが伸び悩む理由は商品力とボディスタイルだ。商品力ではLサイズのハイルーフミニバンとしては車内が狭い。エルグランドの全高はアルファードに比べて約140mm低く、室内高の数値も100mm下まわるからだ。

 しかも、3列目シートは床と座面の間隔が足りず、座ると腰が落ち込んで膝が持ち上がる。さらに3列目の格納方法は、背もたれを前側に倒す方式だから、広げた荷室の床が高くなって段差もできる。これでは自転車などを積みにくい。

 このように背の高いLサイズミニバンなのに、3列目シートが窮屈で、畳んだ時の荷室も狭いとなれば、購入する価値が大幅に減ってしまう。

 先ごろまでは緊急自動ブレーキにも不満があったが、2018年12月13日の仕様向上で刷新。設計の古いミリ波レーダー方式から、セレナなどと同様の単眼カメラ方式に改めている。従来は3.5Lエンジン搭載車のみの装着だったが、2.5L車も追加。

 この点は進歩したが、運転支援機能を充実させた「プロパイロット」は未装着。エルグランドのシステムがセレナに負けるのでは困る。さらなる改善が必要だ。

 JC08モード燃費も、売れ筋の2.5Lエンジン搭載車が10.8km/Lと悪い。せめてアイドリングストップは装着したい。

 ただし、これらの改善を施しても、エルグランドの販売をテコ入れするのは難しい。先に述べたとおり3列目シートと荷室の狭さという致命傷があるからだ。

 最も効果的な手段は価格の変更。アルファード&ヴェルファイアは、ライバル車が販売面で弱くなったこともあり価格を高めた。今では売れ筋の価格帯は380~500万円だ。

 そこでエルグランドは、2.5Lエンジンとエアロパーツを備えたハイウェイスターの廉価グレードを、現在の353万1600円から299万円に大幅値下げする。

 その代わり値引きには対応しないワンプライス販売だ。今でも30万円を超える値引き販売をしているのだから、ワンプライスと割り切れば54万円の値下げも可能だろう。

 エルグランドが属するLサイズミニバン市場は、アルファード&ヴェルファイアの1人勝ちだ。この市場で活路を見い出すには、アルファード&ヴェルファイアを諦めたユーザーをカバーするしかない。そうなると値下げするのが効果的だ。

 また、SUVが流行しているので、デリカD:5のように外観をドレスアップしたクロスオーバーモデルを用意する手もある。

キューブ/2008年登場

キューブ/2018年11月販売台数:352台

 キューブは売れる余地のあるコンパクトカーだ。

 背の高いボディは車内が広く、内装は和風に仕上げた。ガラスルーフにはSHOJI(障子)シェードが装着され、車内を柔らかい光で満たす。2008年の発売だからインパネ周辺のデザインには古さを感じるが、曲線を描いて柔和な印象だ。

 このキューブが備える雰囲気は貴重だろう。今の車はどれも目を吊り上げて速く走ろうと必死なイメージだが、キューブはまったく違う。「心地好い空間だから、ゆっくりと走り、長く乗っていたい」と感じさせる。そして、この雰囲気こそ、今の時代が求める居住空間のあり方だ。

 従ってキューブをこのまま終らせるのは惜しい。まず当たり前のテコ入れとして、緊急自動ブレーキを装着する。JC08モード燃費も現状では19km/Lだが、15%くらいは向上させたい。

 e-POWERも設定する。e-POWER搭載車には、合成皮革の内装(本革は高すぎる)、上質な足まわりなどを備えたプレミアム感覚の上級グレードも用意すると、ダウンサイジングするユーザーに喜ばれるだろう。ノートの「メダリスト」のようなグレードは、キューブにこそ必要だ。

 その一方で、外観をSUV風に変更したクロスオーバーモデルも欲しい。いろいろと多彩に発展させられることも、キューブの特徴だ。

マーチ/2010年登場

マーチ/2018年11月販売台数:839台

 かつてはコンパクトカーの定番車種だったが、2010年に発売された現行型は人気を大幅に下げた。理由は2つある。

 まずは質感の低下だ。現在のコンパクトカーの中で見て、質感は低水準に留まる。1992年に発売された2代目マーチ、2002年の3代目マーチと比べても見劣りするほどだ。これでは売れ行きが伸び悩んで当然だろう。

 2つ目は商品の性格だ。今は背の低いコンパクトカーも特徴がないと売りにくい。例えばノートの「e-POWER」やアクアのような「ハイブリッド」、デミオの「クリーンディーゼル」に相当する個性的なエンジン、フィットのような広い室内などが求められる。

 売れ行きを伸ばすために、まず行うべきは外観の大幅な刷新だ。フロントマスクのダラーンとした形状、リアサイドウインドウの回り込みと合っていないルーフラインなど、見栄えの悪い部分を真っ先に直したい。

 2つ目は安全装備だ。今どき、緊急自動ブレーキが非装着では売れるハズがない。ノートと同じタイプを装着する。

 3つ目は外装パーツの充実だ。今のBMWミニは、ホイールに樹脂製パーツを装着するなど、外観をSUV風に仕上げた。ミニにはクロスオーバーもあるが、標準ボディの3ドアと5ドアもSUV風だ。

 この方向で外観をアレンジすると、アルトラパンやミラトコットといった“カワイイ系”の軽自動車とは違う、コンパクトカーとしての存在感が強まるだろう。

パルサー/日本未発売車種

パルサー/日本では2000年に消滅。現行モデルは欧州市場を中心に2014年から販売されている実質的なティーダの後継車

 日産は海外ではさまざまな車種を販売している。これらのうち、コンパクトSUVのキャッシュカイ(日本名:デュアリス)、上級スポーティクーペのインフィニティ Q60(スカイラインクーペ)、ティーダなどは日本での販売を終えた。

 「コストを費やして日本に導入しても、売れる見込みがない」というのが日産の判断だが、販売店の見方は違う。

 「海外向けで少し売りにくくても、SUVなどの需要は多い。デュアリスやスカイラインクロスオーバーなどのお客様は、次に購入する車種がなくて困っている。スカイラインクーペのお客様には、次期型が発売されたら必ず買うよと、約束している方までおられる。このような有り難いお客様が、今は次々と日産から離れている。新型車の発売が急務になっている」と語る。

 日本向けの新型車を発売するのが無理なら、せめて海外で売られている日産車を導入して欲しい。

 筆頭に挙げられるのがパルサーだ。全長が4387mm、全幅は1768mm、ホイールベースが2700mmの5ドアハッチバックで、インプレッサスポーツやカローラスポーツのライバル車に相当する。エンジンは1.2Lのガソリンターボや1.5Lのディーゼルターボを搭載する。

 ホイールベースが長いので、後席の居住性や走行安定性に余裕があるだろう。ノートの上級車種に位置付ければ、十分に売れる余地がある。

◆  ◆  ◆

 このほか業務提携を活用して、例えばルノー・トゥインゴを日本では日産マーチとして売る方法もあるだろう。トゥインゴの雰囲気は、人気の高かった2代目、3代目マーチに似ている。

 今こそ日産車は変わるべきだ。守るのは日産を育ててくれた国内市場。国内の販売順位は8メーカー中で5位まで下落し、もはや猶予の許されない販売状況だから、海外向けの車種を導入するなど、柔軟かつ迅速に対応してもらいたい。

最新号

Boosterpackdepot最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|Boosterpackdepot 6月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ

www.velomarket.org.ua

здесь chemtest.com.ua

3kovra.com.ua/kovry/klassicheskie-kovry/