22Bの再来!? スバルSTIのコンプリートカーS209の中身判明!!! 日本未発売のなぜ?

 2019年1月14日から始まる北米・デトロイトショーで、STIのコンプリートカー、S209がワールドプレミアされることはすでにお伝えしたが、現時点でわかっていることをすべて報告しよう。

 S209の正式発表は2019年1月14日 午後0:40(日本時間:1月15日 午前2:40)より行われるプレスカンファレンス。すでに公開されているティザー情報ではS209のグリル回りの写真と、覆面テスト車による走行シーンがyoutubeで公開されている。

 もちろん、それだけではない。BoosterpackdepotWebスクープ班が独自に入手した情報をもとに、S209はどんなクルマなのか、明らかにしていく。

文/BoosterpackdepotWeb編集部
写真/BoosterpackdepotWeb、Subaru of America


■22B-STIバージョンをリスペクトしたブリスターフェンダーを装着

2017年10月に発表されたこのS208に続くモデルがS209となる

 北米subaruが『From Japan with Love(日本から愛を込めて)』というタイトルをつけた、このティザー映像を見ると、S209はカモフラージュされてはいるものの、その姿がほぼ明らかになった。

カモフラージュされているS209の走行シーン。前後のブリスターフェンダーがおわかりいただけるだろうか

1997年、WRCマニュファクチャラーズ部門で3連覇を達成したのを記念して1998年に400台限定で販売されたインプレッサ22B-STIバージョン。手作業によって架装された鋼板プレス製のブリスターフェンダーが特徴

 ポイントはブリスターフェンダーだ。1998年に400台限定で販売された22B-STIバージョンの時のように、ブリスターフェンダーが装着されているのだ。装着タイヤは映像を見る限り、S208の255/35R19よりも幅広の265以上のサイズになるだろう。

 以前、STI平川良夫社長にインタビューをした時、「STIのコンプリートカーは22B-STIバージョンから始まりました。あれから30年が経ちました。これを一つの区切りとして、また新たなSTIがスタートするのに先立ち、22Bを彷彿とさせるワイドフェンダーを装着したSTIコンプリートカーを作りますので期待して待っていてください」とおしゃっていたが、現実のものとなったようだ。

 フロント回りでは、フロントバンパー左右の2段のカナードが装着されている。リアウイングはS207やS208のNBRチャレンジパッケージ仕様と同様、ドライカーボン製となる。

S208NBRチャレンジパッケージ・ドライカーボンウイング装着車

S209のドライカーボン製リアウイング。おそらくS207やS208の時と同様、NBRチャレンジパッケージ仕様が設定され、ドライカーボンルーフが装着されるとともに、ドライカーボンウイング仕様、ドライカーボン製トランクスポイラー仕様が設定されるだろう

■S209は北米のみの販売で日本はなし!

 エクステリアのスタイルはおおまかながら、ある程度わかったところで、S209の概要にもっと踏み込んでいこう。

 日本のスバリストがすでに疑問に思っていること。そう、S209がなぜ日本ではなくアメリカ・デトロイトショーで発表されるのかということ。これまでのSTIコンプリートカーは日本企画で、日本だけで販売されてきたのになぜ? と思っている方も多いだろう。

 また、S208に続くS209だから、日本でも販売するのでは? と期待をしている方も多いだろうが、日本での発売は一切考えていないという。

 これを聞いた時にはさすがにがっかりした。今後はSTIブランドを日本だけでなく、アメリカで本格的に販売していく、第一歩にしていこうという意思表示なのだろう。

 そもそもこのS209の商品企画は、スバル・オブ・アメリカの主導で行われてきたそうで、以前からSTIコンプリートカーの発売を待ち望んでいたスバリストの声を反映したものだという。

■肝心のエンジンはEJ20ではなくEJ25で345psに向上

専用ECUやバランス取りをされたEJ25エンジンは345ps程度まで向上しているという

 さて、注目のエンジン。S209のベース車は北米仕様のWRX STIだから、搭載されるエンジンは日本のSTIに積まれている2Lフラット4ターボのEJ20ではなく、2.5Lフラット4ターボのEJ25をチューニングしたものになる。

 S208やタイプRA-RのEJ20は、ピストン&コンロッドの重量公差を量産エンジンとしては極限まで詰め、クランクシャフトやクラッチカバー、フライホイールのバランス取り、専用ECU、インタークーラーウォータースプレー、低背圧マフラーにいたるまで、専用チューニングが施されているが、S209もS208と同様、STIによって専用チューニングが行なわれる。

 ベースのEJ25は310ps/40.2kgmだが、S209に搭載されるEJ25は専用ECUや各部のバランス取り、低背圧マフラーなどによって、345ps/44.0kgm程度に向上しているという。

 もちろん、S209は“Sシリーズ史上最高の性能と質感を実現した究極のドライビングカー”を実現すべく、スバルとSTIが共同開発し、外装・内装にも専用装備を追加したSTIコンプリートカーのトップエンドモデルだから、走りの質感は相当高いものになっているのは間違いない。

 S209の商品企画はスバル・オブ・アメリカだが、ブリスターフェンダーをはじめ、エンジン、シャシーなどの開発・生産は日本にあるスバル・テクニカ・インターナショナルの製作所で行なわれるという。気になる販売台数は、限定300台、400台レベルになるというから、即完売必至。

 詳細は2019年1月14日、STI平川良夫社長自ら会見を行う、公式発表の場で明らかにされるので、追ってお伝えしよう。

 ただ、S209に続くSTIコンプリートカーとして、EJ20をベースとした350〜380ps級のスーパースポーツが日本で販売される、という情報を掴んでいるので、今回S209が日本で発売されず、嘆いている人は安心してほしい。そのモデルにも、S209と同様のブリスターフェンダーが装着されるのは確実だ。早ければ、2019年後半には発売されるだろう。期待して待っていてほしい!

■STIコンプリートカーはすべて即完売!

 最後に近々にリリースされてきたSTIコンプリートカーを紹介しておこう。これらのモデルはすべて限定モデルで、いずれも即完売している。

 また、メーカーという枠を超えて、群馬県のスバルディーラーや南アフリカ・スバルが独自にコンプリートカーを発売する新たな動きが出てきている点にも注目。

 やはりSTIが製作したコンプリートカーの台数が絶対的に少ないことは明らかで、需要に対して、供給が追いついていないから、こうした動きが出てくるのだろう。

■S207 限定400台 発表日当日完売

2015年10月28日発表、10月29日発売。2016年3月6日までの受注期間で限定400台。内NBRチャレンジパッケージ限定200台、内NBRチャレンジパッケージ・イエローエディション限定100台 価格:S207/599万4000円、S207NBRチャレンジパッケージ/631万8000円、S207NBRチャレンジパッケージ・イエローエディション/637万2000円。 EJ20エンジン:328ps/44.0kgm。車両重量:1510kg。タイヤサイズ:255/35R19

■S208 限定450台 2619名の応募があり抽選販売

2017年10月26日発表、11月12日までの期間限定450台。内NBRチャレンジパッケージ仕様は350台。価格:S208/626万4000円、S208NBRチャレンジパッケージ・カーボントランクリップ仕様/689万400円、NBRチャレンジパッケージ・カーボンリアウイング仕様/710万6400円。EJ20エンジン:329ps/44.0kgm。車両重量:1510kg。タイヤサイズ:255/35R19

■WRX STI タイプRA-R 限定500台 発売開始から2時間で完売

2018年7月19日発売/限定500台。価格:499万8240円 EJ20エンジン:329ps/44.0kgm。車両重量:1480kg。タイヤサイズ:245/40R18

■富士スバル WRX STI TC380 限定50台 完売

2018年11月1日発売/限定50台。価格:496万5840円 。EJ20エンジン:380ps/50.0kgm(参考値)。車両重量:非公表。タイヤサイズ:245/40R18

■南アフリカ・スバル WRX STI ダイヤモンドエディション 限定50台 完売

2018年11月14日発売/限定30台。価格:約633万円。EJ25エンジン:354ps/47.3kgm。車両重量:非公表。タイヤサイズ:245/35R19

最新号

Boosterpackdepot最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|Boosterpackdepot 7月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ