ハイエースの中古車が人気沸騰中!!! 注目車、狙い目、お得な買い方、全部教えます!!!

 5代目となる現行ハイエースは、新車はもちろん、中古車の人気も衰えるどころか、人気沸騰中だ。デビューしたのは2004年12月だから、実に14年ものロングセラーモデルになるが、進化と熟成を重ね、デビュー年の1型から数えて現行モデルは4.5型になる。

 現行ハイエースの新車もいいが、なかなか手が出せないという人のために、今回は現行ハイエースの中古車バイヤーズガイドをお届けしよう。

 現行ハイエースはグレードが多すぎてわかりにくので、現行ハイエースの変遷やボディ&ルーフ形状、乗車定員、搭載エンジンなどを紹介したうえで、本題の中古車相場に迫っていこう。

文/萩原文博
写真/BoosterpackdepotWeb、トヨタ


■まずは現行200系ハイエースの変遷を学ぶ

現行200系ハイエースがデビューしたのは2004年12月。マイナーチェンジや一部改良を重ねてきており、現行ハイエースは1型から数えて4.5型になるという

 中古車において、その車種の人気のバロメーターとなるのが残価率。中古車の平均価格が、新車時よりどれくらい残っているかだ。人気のある車種は残価率が高くなり、一方人気のない車種は残価率が低くなり、安くなるのだ。

 その残価率が高く、なかなか値落ちが進まない人気車種としてトヨタハイエースが挙げられる。日本国内だけでなく、世界でも人気が高く、不幸なことに盗難されやすいベスト3にもランクインするほどだ。

 今回は、中古車でも高値キープが続くトヨタハイエースについてさまざまな検証を行ってみたい。中古車相場にいく前にまずは、現行型ハイエースの歴史を簡単に触れておこう。200系と呼ばれる現行型ハイエースが登場したのが2004年8月で、すでに14年も販売されているロングセラーモデルだ。 

 2ナンバーのコミューター、3ナンバーのワゴン。そして1、4ナンバーのバンを設定するハイエースは14年というモデルライフのなかで一部改良やマイナーチェンジを行い、最新型は4.5型まで進化している。

■現行ハイエースの1型から4.5型までのモデル区分を理解しよう

 モデル区分として、2004年8月の登場から2007年8月のマイナーチェンジまでは1型、2007年8月〜2010年7月のマイナーチェンジまでを2型。2010年7月〜2013年11月のマイナーチェンジまでを3型。2013年11月〜2017年11月の一部改良までを4型。そして2017年11月から現在までが4.5型となる。

 2型のポイントは、フロントグリルやバンパーの変更。ディーゼルエンジンの環境性能向上。そしてバンモデルに人気グレードであるスーパーGLが、ワイドボディ車に設定された。

 3型はフロントバンパー、ヘッドライト、フロントグリルを変更。ディーゼルエンジンの環境性能と燃費性能の向上。2012年4月の一部改良で盗難防止のエンジンイモビライザーの標準装備化が行われている。

 4型ではフロントマスクやランプ類がスタイリッシュとなり、内装のインパネなどが改良され平均燃費や外気温度などの各種情報を表示するマルチインフォメーションディスプレイを全車標準装備化。 

 加えて、2014年12月の一部改良でガソリンエンジンにデュアルVVT-iといった高出力と低燃費を両立させる装置を採用。同時にトランスミッションが4速から6速ATへ変更し、燃費性能を向上させた。

 2016年6月の一部改良では助手席キーシリンダーの廃止。トラクションコントロールや横滑り防止装置などの改良が行われ、安全性が向上している。

 そして、2017年11月の一部改良では内外装の変更はないが、衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンス」が標準装備された。

 また、ディーゼルエンジンが従来の3Lから2.8Lの新型へ変更されトランスミッションも従来の4速ATから6速ATへと多段化。その結果、燃費性能が向上させているなど、走行性能、安全性能、燃費性能がドンドンと進化しているのがわかる。

■続いて、難解なハイエースのグレード構成をわかりやすく解説

右からワゴンは10人乗りでロング、スーパーロング(グランドキャビン)、3ナンバー。コミューターは14人乗りでスーパーロング、2ナンバー。バンはロング、スーパーロングで1、4ナンバー、2/5人乗り、3人乗り、3/6人乗り、3/6/9人乗りなど、ボディ幅、ボディ形状、ルーフ形状、フロア形状、ドア枚数、定員など多種多様

 簡単にこれまでの、変遷がわかったところで、次はハイエースのグレード構成を紹介しよう。このグレード構成をしっかり理解したうえで、中古車を購入してほしい。このグレードがわからないとにっちもさっちもいかなるからだ。

 まず、ハイエースはモデル体系として、2ナンバーとなる14人乗りのコミューター。3ナンバー10人乗りのワゴン。1、4ナンバーで2〜6人乗りとなるバンの3タイプに分けられる。

2ナンバー、14人乗り、スーパーロングボディ、ボディ幅はワイド、ハイルーフ、標準フロアのコミューター

ワゴンは3ナンバーでロングボディ、ボディ幅はワイド、ミドルルーフ、標準フロアの10人乗り

バンDX、4ナンバー、ロングボディ、ボディ幅は標準、標準ルーフ、4ドア

 リアのスライドドアはバンが片側もしくは両側。コミューターとワゴンは片側のみだ。

スライドドアはロングバン4ドア、ロングバン・5ドア、スーパーロングバン・4ドアの3種類

 そしてグレード構成はスタンダードなDX、コミューター/ワゴンの上級グレードであるGL。VANの上級グレードであるスーパーGL。そしてワゴンにのみ設定されるグランドキャビンの合計4グレードとシンプルだ。

 しかし、複雑なのはこれから。ハイエースは全長4695mmのロングと5380mmのスーパーロングというボディ長が2種類。

 全幅は5ナンバーサイズ枠に収まる1695mmの標準ボディ、そして1880mmのワイドボディを設定。

 ルーフ形状は全高1980mmの標準、2105mmのミドルルーフ、そしてハイルーフは2240〜2245mm(標準ボディ)、2285mm(ワイドボディ)とボディの全幅、駆動方式によって異なる。

ハイエースバンのボディ形状。左からロングバン・標準ボディ、標準ルーフのスーパーGL、DX。ロングバンワイドボディ、ミドルルーフのスーパーGL。ロングバン・標準ボディ・ハイルーフBのDX。スーパーロングバン、ワイドボディ、ハイルーフのDX

 加えて、バンの2WD車には標準とジャストローという2つのフロア形状が用意されているのだ。

ハイエースのフロアは、床面を低く抑えた標準と床が二重構造で床下に収納スペースを設け、タイヤハウスの張り出しのないジャストローの2種類用意されている

 現行型ハイエースに搭載されているパワートレインは、バンの2WD車は2Lガソリンエンジン+5速MT/6速AT。2.7Lガソリンエンジン+6速ATの3種類。

 バンの4WD車とコミューターそしてワゴンは2.7Lガソリンエンジン+6速ATと2.8Lディーゼルエンジン+6速ATの2種類がそれぞれ搭載されている。

■中古車の人気グレードはどれ?

ハイエースバン、ロング、全幅は標準ボディ、標準ルーフ、標準フロアのスーパーGL

 ボディの仕様や乗車定員、搭載されるエンジンなどで多彩なグレード構成となるハイエースだが、バンとワゴンで中古車の流通台数の多いグレードを中古車検索サイトでそれぞれ調べてみた。

 現在、200系ハイエースのワゴンは約800台、バンは約2600台の中古車が流通している。

 流通台数の多いバンからグレードを調べてみると、2LスーパーGLが約400台で最も多く、次いで3L、ディーゼルターボのスーパーGLが約190台。3L、ディーゼルターボのDXと3L、ディーゼルターボのスーパーGL 4WDがそれぞれ、約140台。そして2L DXが約130台となっている。

 一方のワゴンでは2.7GLが約330台、2.7GL 4WDが約160台、2.7グランドキャビン4WDが約65台、2.7グランドキャビン2WDが約50台。そして2.7DXが約35台とバン、ワゴンともに流通しているグレードに偏りが見られた。

 そこで、ハイエース専門店のフレックス千葉北本店の浅井店長に話を伺った。このフレックス千葉北本店は中古車だけでなく、新車の販売さらにカスタマイズ車も手掛けるハイエース専門店だ。

 今回こちらが調査した中古車の流通台数の比率が人気とマッチしているかを聞いてみたところ、一般的なハイエースの人気という点で見れば、中古車の流通台数と人気グレードは合っているとのこと。 

 しかし、ここフレックス千葉北本店ではワゴンGLの非常に人気が高いという。このモデルはハイエースバンをベースにカスタマイズしたオリジナルモデル。したがって、フレックスでしか買えないということで人気となっているのだ。 

※ハイエースワゴンの中古車はこちら!

※ハイエースバンの中古車はこちら!

■予算250万〜300万円がボリュームゾーン

FLEX千葉北本店がカスタムした2018年式新車未登録のハイエースバン、スーパーGLロング・特別仕様車ダークプライム。価格は339万8000円。3インチ(77mm)ローダウン、Rays Volkracing TE37SB 18インチアルミホイールほか

 また、購入されるハイエースの7割がカスタムカーということになっているそうだ。そして、最後に現在のハイエースの中古車のボリュームゾーンを聞いたところ、予算250万〜300万円という価格帯とのこと。

 専門店の店長の話から、ハイエースの中古車で人気なのはバンとワゴンではバン。ガソリンとディーゼルではガソリン。そして250万〜300万円がボリュームゾーンということがわかった。

圧倒的に流通台数が多く人気だったのが2Lのロングバン、スーパーGL、2/5人乗り、標準ルーフ、5ドア。新車価格は2WDが2WD297万4320円。同じ仕様の2.8L、ディーゼルは356万2920円

 その条件で、検索してみると、やはり圧倒的に2LスーパーGLが多く、狙い目といえる。なかでも4ナンバーとなる全長4695mm×全幅1695mm×全高1980mmというロングボディ、標準ボディ、標準ルーフ標準フロアの5人乗りという仕様が最も多い。

 このモデルの荷室長は2列目シートを使用した時が1855mm。畳めば3000mmまで拡大。また荷室幅は1520mm、荷室幅は1320mmという大空間を確保している。ボディ幅は1695mmで、最低回転半径が5mと取り回しの良さも魅力だ。中古車の年式は2010年〜2018年式まで狙える。

スーパーGLのインパネ。ATはインパネシフトの6速AT

スーパーGLのシート。後席は2段階で前後120mm、リクライニング機構がつく

前席、後席を倒すとフルフラットになる

ロングバン、2L、スーパーGL、標準ルーフ、標準ボディ、標準フロアの荷室。荷室幅は1520mm、荷室高は1320mm、2列目シートを畳んだ時の最大荷室長は3000mm、2列目シート後ろまでの荷室長は1855mm

■予算200万円以下で狙えるのは?

 ちょっと、それだけの予算は出せないという人は予算200万円以下で狙えるハイエースバンを紹介しよう。200万円以下のハイエースバンの中古車はなんと約1200台も流通している。

 グレードをこだわらなければ、2018年式でも手が届き、走行距離も108km〜約56万kmと普通のクルマとはレンジがまったく異なる。

2L、ロングバン、標準ボディ、標準ルーフ、標準フロアのDX”GLパッケージ”。6AT、2WDの新車価格は250万7760円

スーパーGLよりもパネル類や装備が簡素なDX”GLパッケージ”のインパネ

シート形状がスーパーGLとは違う

※予算200万円以下のハイエースの中古車はこちら!

 そこで、年式を2007年8月以降。走行距離を10万km以下で検索すると、約400台がヒット。

 やはり2L スーパーGLが約90台と最も多いが、2L DXが約80台と僅差で続く。見た目や装備面ではスーパーGLだが、DXならば、走行距離が少ない物件が同じ予算で手に入るなどのメリットもある。

DXはスーパーGLに比べると2列目シートが簡素。前方へ折り畳むと荷室が広がる。2/5人乗り、3/6人乗り

 これはどのように使うのかで選ぶのがよいだろう。DXのセカンドシートはお世辞にも座り心地はよいとはいえないので、人を乗せるならスーパーGL、荷物中心ならDXで満足できる。

 また、バンにはフロア形状が低く抑えた標準フロアとタイヤハウスの出っ張りのないジャストローという2種類がある。

 もし、MTBやオートバイを積むのであれば、床面が低い標準フロアが使いやすいが、車中泊などに使いたいというのではあれば、フラットなジャストローという選択もできる。

 新車、中古車問わず人気のハイエース。自分がどんな使い方をするのかによって多彩なグレードから選べる最高のツールだが、くれぐれも盗難にあわないよう盗難防止グッズだけは装着させておきたい。

最新号

Boosterpackdepot最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|Boosterpackdepot8月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ

Proviron