大人気アルファード/ヴェルファイアの中古車は買いか? 最新中古車相場動向

  • Tweet
  • シェア

 2015年1月に登場したアルファード/ヴェルファイアは相変わらず人気が高く、好調な販売を続けている。とはいえ、新車ではなかなか手が出せないという人も多いはずだ。

 そこで、少しでもアルファード/ヴェルファイアを安く買いたいという人のために、中古車相場はどうなっているのか、調べてみた。

 狙い目のグレードや年式はあるのか? マイナーチェンジ前と後のモデルではどれくらい価格が違うのか? モータージャーナリストの萩原文博氏が徹底調査した!

文/萩原文博
写真/Boosterpackdepot編集部


■2018年1月にマイナーチェンジ1回、2018年10月に一部改良!

アルファード/ヴェルファイアの中古車相場は今どうなっているのだろうか? 2015年1月26日に発売してからマル3年半になるので中古車の流通台数も多い。上の2台はいずれもエアロ仕様

 国産LLサイズミニバンの人気車種といえば、トヨタアルファード/ヴェルファイアだ。アルファードは3代目、ヴェルファイアは2代目となる現行型は2015年1月26日に発売。

 大きくて豪華なミニバンではなく、新時代の「大空間高級サルーン」を目指して開発された。売れ筋グレードの乗り出し価格が500万円という高額車にも関わらず2017年の新車登録台数はアルファードが4万2281台で25位。ヴェルファイアは4万6399台で23位だが、2台合わせると8位のヴィッツに肉薄する数字となる。

 しかもアルファード/ヴェルファイアは日本国内だけでなく、中国や東南アジアでも非常に高い。東南アジアでは税金を含めると新車で約2000万円というプライスにも関わらず、現地の富裕層がこぞって買っている状況なのだ。

■2017年12月に行われたマイナーチェンジの詳細

 現行型アルファード/ヴェルファイアは2017年12月25日(2018年1月8日発売)にマイナーチェンジを行い、内外装の変更とともに、最新の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を全車に標準装備し、安全運転支援機能を強化した。マイナーチェンジの具体的な内容は以下の通り。

 既採用のプリクラッシュセーフティは検知センサーに単眼カメラが追加され、歩行者や自転車運転者にも検知するように改良されたほか、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)には付随機能であるレーントレーシングアシスト(LTA)を追加。

 さらに、アダプティブハイビームシステム(AFS、「Executive Lounge」系グレードに標準装備・「X」と「S」を除くグレードはメーカーオプション設定)、ロードサインアシスト(RSA)、先行車発進告知機能(TMN)を追加してパッケージ化した第2世代版の「トヨタセーフティセンス」が全グレードに標準装備。

 エクステリアではフロントフェイス(ヘッドランプ、グリル、バンパー)およびリアのバックドアガーニッシュとコンビネーションランプが意匠変更され、内装はメーター加飾、シート表皮、木目の色が変更された。

2017年12月に行われたマイナーチェンジ後のエグゼクティブラウンジ

上質な肌触りのプレミアムナッパ本革を採用しているエグゼクティブラウンジのインテリア

 グレード体系においては、既存の「エグゼクティブラウンジ」のエアロ仕様「エグゼクティブラウンジS」が追加されるとともに、従来はガソリンモデルのみの設定だった「S」をハイブリッドモデルにも拡大して追加設定され、「SA」は「SA”Cパッケージ”」へ統合され「SC」に改名された。

 また、「エグゼクティブラウンジ」のガソリンモデル(新設定のエグゼクティブラウンジS含む)のガソリンモデルおよび「GF」、「SC」は搭載エンジンを2GR-FKS型に、ATは8速仕様の「Direct Shift-8AT」にそれぞれ置換された。

 これらによりJC08モードでの燃費消費率が向上されたため、「平成27年度燃費基準+10%」(2WD車の一部は「平成27年度燃費基準+20%」)を達成した。

 さらに昨年マイナーチェンジを行ったばかりなのに、2018年10月25日に一部改良を行った。改良点は駐車場などでのアクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ〈静止物〉)を全グレードに標準装備。

 そしてナビゲーションとのセットオプションとしていた後側方から接近するクルマをドライバーに知らせるブラインドスポットモニター(BSM)をデジタルインナーミラーとの組み合わせにした。

 という安全性の向上を目指した装備を充実させている。前回のマイナーチェンジに比べると規模はかなり小さいが、このような変更は中古車相場に影響を及ぼす要因の1つとなる。

 ここで、2017年12月にマイナーチェンジした時の新車価格表を載せておこう。なかなか昔のデータは残っていないので中古車購入の際に役に立つのではないだろうか。

■アルファード/ヴェルファイアの最新中古車相場

※萩原文博氏が11月上旬に調査した中古車相場

※アルファードの中古車はこちら!

 それでは、人気車種アルファード/ヴェルファイアの中古車相場の最新状況を見てみよう。 現在(11月上旬)、現行型アルファードの中古車は約830台。ヴェルファイアの中古車は約960台流通している。

 2015年〜2017年のビッグマイナーチェンジ前の前期型の中古車の流通台数がアルファードは約510台。ヴェルファイアは約680台。今回の一部改良前の2017年〜2018年のマイナーチェンジ後のモデルはアルファードが約310台、ヴェルファイアが約280台とマイナーチェンジ前後でアルファードとヴェルファイアの人気が逆転しているのがわかる。

 それでは、最も気になる中古車相場の推移を見てみたい。今回は直近1カ月という短いスパンで検証してみた。

 中古車の値落ちが進む要因はいくつかあるが、最も影響力が大きいのが自車のフルモデルチェンジやマイナーチェンジだ。

■2.5L車やエアロ仕様は横這いの状態で推移

 アルファード/ヴェルファイアも2017年12月のビッグマイナーチェンジ、そして今回の一部改良と立て続けに行っただけに、値落ちしているのではないかと中古車の平均価格の推移を調べてみるとアルファードの1カ月前が413万円。そして今月は407万円とわずかに値落ち。

 一方のヴェルファイアは1カ月前、今月ともに389万円と全くの横這いという期待を裏切る結果となった。

 それでも流通台数の多い2015年〜2017年式の前期型中古車が値落ちしているのではないかと思い、調べてみたが残念ながら、アルファード/ヴェルファイアともに全くの横這い。

 中古車の平均価格を見るとアルファードは406万円→403万円。ヴェルファイアは382万円→384万円と本当にわずかな値動きにとどまっている。

人気の2.5L車は横這いか、若干の値上がり。写真は2.5X標準ボディ仕様

 しかもアルファード/ヴェルファイアともに人気の高い2.5Lエンジンを搭載したエアロ系のグレードはビッグマイナーチェンジや一部改良なんて全く関係なく横這いで推移している。さすが人気車種、なかなか手強い。

 例えば、2015年〜2017年の前期型アルファードの中古車で72台と最も流通台数の多い2.5S Cパッケージは1カ月前の420万から現在は428万円へと値上がり。

 続いて46台と多い2.5S Aパッケージ365万→367万円とほぼ横這い。そして27台の2.5Sは358万円→358万円と横這いだ。

 一方、同じ2015年〜2017年式のヴェルファイアを見てみると、131台と最も流通台数の多い2.5Z Gエディションは404万→411万円と値上がり。続いて114台の2.5Z Aエディションは352万→354万円とほぼ横這い。

 流通台数67台の特別仕様車2.5Z Aエディションも383万→385万円とほぼ横這いとなっている。マイナーチェンジを行ったとはいえ、アルファード/ヴェルファイアともに人気グレードは値落ちとはなっていない。

■マイチェン後〜一部改良までの2017〜2018年式は値落ちが……

 続いて、昨年のマイナーチェンジから今回の一部改良(2018年10月18日)までの2017年〜2018年式を調べてみた。

 すると、ようやくここに朗報があることを発見した。マイナーチェンジ後〜一部改良までの2017年〜2018年式の中古車の平均価格を見てみると、アルファードの1カ月前は420万円だったが、一部改良直前に1度430万円まで値上がりするものの、その後は414万円まで値落ちとなっていた。

流通台数が多く、人気車の2.5S Cパッケージ・エアロ仕様

 同様にヴェルファイアは1カ月前が408万円でその後横這いが続き、一部改良後に404万円まで下がっているのだ。一体、どのグレードが値落ちしているのかを調べてみると、アルファード/ヴェルファイアともに流通台数の多い2.5Lのエアロ系モデルでもグレードによって値動きがまちまちとなっていた。

 アルファードで94台と最も流通台数が多い2.5S Cパッケージは484万円→494万円と値上がり。67台の2.5Sは408万円で横這い。そして63台の2.5S Aパッケージは379万円→375万円とわずかに値落ちが見られた。

 一方、ヴェルファイアも84台と最も流通台数の多い2.5Z Gエディションは470万→468万円とほぼ横這い。次いで83台の2.5Zは399万→390万円と値落ち。そして53台の2.5Z Aエディションは380万円→375万円と人気グレードでも値落ちが見られた。

■大幅ダウンは3.5Lのガソリン車で65万円も値落ち!

 ようやく、値落ち傾向が見られたので、さらにアルファード/ヴェルファイアでも税金面などでやや人気薄の3.5Lのガソリン車を調べてみた。すると、大幅な値落ちしているグレードを発見!

 流通台数が少ないため物件のコンディションによるブレにも見えるが、まだ高年式だけにそれは少ないと判断した。

 大幅な値落ちをみせていたグレードを挙げると、アルファード3.5SCは1カ月前の630万円から今月は565万円と65万円も値落ちした。

 そして最上級グレードの3.5エグゼクティブラウンジSが910万から890万円と平均価格が値落ちしている。

■アルファードよりヴェルファイアのほうがお買い得!

ヴェルファイアのエアロ仕様。アルファードよりもヴェルファイアのほうが値落ちが激しい

※ヴェルファイアの中古車はこちら!

 一方のヴェルファイアでは3.5ZGが624万から576万円と48万円の大幅ダウン。そしてベーシックグレードの2.5Xが338万円から315万円と23万円の値落ちだ。

 2.5Xの値落ちは一部改良で標準装着されたインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ〈静止物〉)が設定されていないグレードという理由が考えられる。

 もともと、インテリジェントクリアランスソナーは上級グレードに装着されていたが、装着されていないグレードの中古車は今後さらなる値落ちが期待できそうだ。

 こうして見てみると、これまではヴェルファイアのほうが人気で値落ちが進まなかったが、現在ではヴェルファイアのほうが狙い目だ。

 今回の調査で、3.5Lガソリン車と高額なエグゼクティブラウンジの値落ちは進んでいるものの、中古車相場全体的に見れば、若干の値上がりはあるが「高値安定」という傾向にあるのがわかった。

 ということは、アルファード/ヴェルファイアの新車を購入しても、下取り&買い取り時の高額査定につながる。予算内で程度のいい中古車をゲットするか? 中古車が高値安定ならば売る時も安心なので新車にするか? 予算と購入のタイミング次第でどちらか決めるといいだろう。 

  • Tweet
  • シェア

最新号

Boosterpackdepot最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|Boosterpackdepot9月10号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「Boosterpackdepot」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ

best-cooler.reviews/best-marine-cooler-reviews/

baden-medservice.ru