フォードの走りのいいあのクルマ まだ買える!! 

トランプ大統領がアメリカ車を売りたくて仕方ないようですが、日本人の多くが持つアメ車のイメージは「燃費が悪い」というものでしょう。

クルマ好きのBoosterpackdepotWeb読者の皆さんはもしかしたら「実は走りがいい」なんてイメージを持っている人もいるかも。

そんなフォード車がまだ新車で買えるという。真相はいかに!?

文:Boosterpackdepot編集部/写真:Ford
Boosterpackdepot2018年10月26日


■フォード5車種がまだ新車で買える!!

2016年9月に日本から撤退したフォード。メンテナンスなどは引き続き責任をもって行われているのだが、新車で買えるフォードは日本からはなくなったと思われていた。

フォードといえば日本ではマスタングの存在感が大きいだろう。それもあり、もしやすると「燃費が悪いV8エンジン」のイメージも根強いかもしれない。

V8エンジンのイメージも強いマスタングだが、2.3Lの直4エンジンもラインアップ。エコに走れるアメ車だったのだが……

しかし近年ではWRCなどでの活躍もあり、スポーティハッチバック「フォーカス」が日本でも評価され始めていた。

そんな矢先での日本市場からのフォード撤退。涙をのんだクルマ好きもいることだろう。

と、落胆していた日本全国のクルマ好きに朗報が。なんと岐阜県と三重県のエフエルシー株式会社(旧社名:フォードライフ中部)の店舗でまだフォードの新車が買えるという。

価格は? そしてメンテナンスは? 真相に迫ります。

■元フォードディーラーだから整備も安心

Boosterpackdepot編集部:もしもし。そちらでフォードの新車が、まだ買えると聞いたんですが。

FLC:はい。エクスプローラー、マスタング、フォーカス、フィエスタ、モンデオ。基本的にはこの5車種の新車を扱っております。

編:ハンドル位置が気になるんですが。恥ずかしながら左ハンドルは緊張するもんで。

FLC:イギリスから入れましたので、エクスプローラー以外は右ハンドルですね。マスタングも右ハンドルです。

編:フォーカスRSがあるじゃないですか。アレって相当なスポーツハッチでしょ?

フォードフォーカスRS。350psの直4エンジンはまさにWRCを連想させるハイスペック。雪での走りもなんのその!?

FLC:そうですね、2.3Lの直4直噴ターボで350psを出してます。ミッションは6MTなんで、RSはかなり楽しいと思いますよ。

編:マスタングはどうです?

FLC:日本にも導入された2.3LエコブーストもありますがV8、5LのGTもあります。

編:おお、日本にも出ると言われながら、結局出なかった幻のマスタングですね(笑)。で、気になるのは保証の体制とかなんですが。

FLC:保証は外部の保証会社のものを当社で付けます。走行距離無制限の1年保証ですね。オプションで1年の保証延長というプログラムもご用意しております。

編:メンテナンスは?

FLC:私どもは元フォードディーラーですので、同様のアフターサービスを受けていただくことが可能です。

編:やばいな、マジで欲しくなってきた。フォーカスRSって日本には入ってきてなかったですよね。お値段はおいくらなんです?

FLC:ホイールが鋳造か鍛造かの違いで613万円〜と639万円〜のものがあります。


シビックタイプRも逃げ出しそうな激アツのホットハッチ、フォーカスRSが613万円から。

アメリカではシビックタイプRよりも高価格なフォーカスRS。日本仕様への適合、少数の輸入などを考えれば600万円オーバーの価格は適性だろう。

フォードを代表するエクスプローラーも新車購入が可能。エクスプローラーだけは左ハンドルとのこと

また人気のSUV、エクスプローラーも買えるのは嬉しい。2.3Lモデルもあり、思った以上に経済的。アメリカンSUVを味わえるのは嬉しい。

と、いうことで、フォード車を諦めていた皆さん、保証付き、元正規ディーラーのメンテナンス付きでいかがです?

詳細はからどうぞ~。

最新号

Boosterpackdepot最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|Boosterpackdepot 7月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ

http://medicaments-24.com

http://aboutviagra.info