初代ソアラを作った男が白洲次郎からもらった手紙

 日本が誇る名車、トヨタ・ソアラにまつわる心温まるストーリーを知っているだろうか? 

 初代ソアラの開発責任者、岡田稔弘氏が、ある人物から一通の手紙をもらった。戦後の日本において唯一、GHQと対等に渡り合い、GHQ要人から「従順ならざる唯一の日本人」として言わしめた人物、白洲次郎氏からの手紙だったのである。

 はたして、白洲次郎氏から送られた手紙には、どんなことが書かれていたのだろうか? 岡田稔弘氏が当時の状況を証言する。

INTERVIEW/佐藤篤司
写真/佐藤篤司、岡田稔弘、Boosterpackdepot編集部、共同通信社
取材協力/トヨタ博物館
初出/Boosterpackdepot2015年2/10号〜3/10号
※2015年取材当時の内容を再構成したものです


■主査として初めて担当した初代ソアラ

初代ソアラは1981年2月〜1985年12月まで販売。キャビンと同時にボディ全体に“踏ん張りスタイル”という安定感のあるデザインは新鮮な印象を与えた。さらに「トーン・オン・トーン」という上下に同系色の2色でまとめた配色も珍しかった

 大学卒業後、1964年にトヨタ入社し、私のキャリアがスタート。カローラ、コロナ、クラウンなど、多くの乗用車開発でデザインを担当してきた私が、主査として初めて担当したのが1981年、世に送り出した初代「ソアラ」だった。

 トヨタ2000GT同様、「トヨタの技術力の高さを証明する」ために作ったソアラ。当時としては革新的なカーエレクトロニクスと高性能なエンジンやサスペンションなどを専用開発し、まさに贅を尽くしたスペシャリティカーだった。

 それまで欧州車が独占していた超高性能GTというカテゴリーに大きな一歩を記す事になったソアラは大きな話題となった。

 お客さんのほうからディーラーに足を運び、値引き交渉すらしないという、この頃にはほとんど考えられないような売れ方をした。

 そして第2回日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、その直後に起きた「ハイソカーブーム」への足がかりを付けるなど、大きな成功を収めることになった。

■岡田稔弘(おかだ としひろ)。1935年(昭和10年)群馬県桐生市生まれ。桐生高校から京都工芸繊維大学へと進み、卒業後1959年にトヨタ自動車工業入社。カローラ、コロナ、クラウンなど、まさに日本のモータリゼーション興隆期の真っ只中で多くのヒット作のデザインに携わる。1964年には「アメリカ アートセンターカレッジ」に1年ほど社員として留学経験を積み帰国。トヨタ2000GTの「ボンドカー誕生」に寄与するなどを始め、国内での乗用車開発でデザインを担当。そして主査として初めて担当した「ソアラ」を1981年、世に送り出す。当時としては革新的なカーエレクトロニクスと高性能なエンジンやサスペンションなどをソアラ専用で開発するという、まさに贅を尽くしたスペシャリティカーは、それまで欧州車が独占していた超高性能GTというカテゴリーに大きな一歩を記した名車として語り継がれることになる。その後も2代目、3代目とソアラ開発の開発に携わり、現在のレクサスにつながるプレミアムブランド確立の先駆けとなった

■初代ソアラに物申す人物がいた!

写真提供/共同通信社

吉田茂首相の懐刀として知られ、戦後GHQと渡り合った白洲次郎氏。晩年1968年式ポルシェ911S(2L)を1971年式911S用の2.4Lに載せ替えるなど無類のクルマ好きとして知られた

 そのソアラに対して物申す人がいた。デビューした年の秋頃だったと思うが、当時の豊田章一郎社長(名誉会長、現章男社長の父)に呼ばれた。

「君の作ったクルマにいろいろと文句を言っているおじいさんがいるから、会って話を聞いてみなさい」という。

 その相手の名は“白洲次郎”。今でこそ、吉田茂の片腕としてGHQと対等に渡り合って戦後処理を行った男として知られるが、当時、その名を知る人はほとんどいなかった。

 白洲さん自身も、自らのことを多く語るような人ではなかったため、著書もなく、もちろん私も知らなかった。さらに会長を務めていたという大沢商会についても私は知らなかった。そんな白洲さんが無類のクルマ好きであり、なんとソアラも所有した上で、いくつかの文句があると言う。

 私はアポイントを取り、緊張しながら大沢商会を尋ねた。どんな文句を言われるのか? と思って初めてお会いした白洲次郎さんは79歳。お年は召しておられたが180cmを超す長身、端正な顔立ち、英国流の洗練された身こなしが実に印象的な紳士だった。

 何を言われるか緊張していると、ちょうどお昼過ぎだったから「ご飯でも食べに行こう」と誘われた。

 六本木の小さなフランス料理屋でご馳走になりながら話をしたのだが、それでもいっこうにクルマの話にならない。

 苦情があるならはっきり言ってくれと思ったが、結局「今度、東京に来る時はまた連絡をしなさい」という言葉を貰い、その日は失礼した。

■白洲次郎さんからの一通の手紙

初めて面会して数日後にゴルフボールと共に送られてきた白洲次郎氏から来た手紙はこの一通だけだった。そこには問題点を箇条書きにしてあった。またその後、正子夫人との手紙のやりとりもあったという。近々、そうした手紙は全部、トヨタ博物館に寄贈しようかと思っている、と岡田さん

 すると数日して、白洲さん小包が送られてきた。開けてみると、中からベンホーガンのゴルフボール1ダースと一通の手紙が添えられていた。

 そこには5項目のソアラに対する“文句”が書いてあったのだ。その手紙は横文字がどんどんと出て来て、とても80歳にならんとするお年寄りとは思えない内容であった。その5項目はこう書いてあった。

白洲次郎さんから送られてきた手紙の1通目

1/ハンドルのダイアメーター(ハンドルの径)が足らん。(ステアリングの)細さは、よほどよくはなりましたが、もう少し細くしてもよいと思います。

 当時、白洲さんはメルセデスベンツSクラスにも乗っていて、それとの比較だったのかもしれない。Sクラスのハンドルは、径が大きく、握りは細いのが特徴。スポーツカーのハンドルといえば径が小さく、握りは太いのが通例で、ソアラはこの方向を意図的にとっている。

 これについては後に改良を加えたハンドルに替えさせていただいた。市販車への改良のきっかけにもなっている。

2/ターニングラジアスが大きすぎる。せめてベンツの450なみになりませんか。

 一般的にはターニングサークル、つまり最小回転半径のことだが、ボディの割には確かに大きかったが困るほどでもないと思っていた。

3/パワーステアリングはもう少し強力であってもいいと思います。

 ソアラは性格上、意図的にアシスト量をおさえて重くしている。ステアリングの径を小さくし、手応えのある操作感をねらっていたので、メルセデスと比べれば重くても個人的には問題はないと思っていた。

4/ソアラを4人乗りというのは詐欺です。2人か3人乗りにしてリフトバックにすべきです。小生のクルマをリフトバックに改造できませんか。

 これについては、確かに広くはないが、改造は無理と申し上げるしかなかった。

5/バッテリー、英国ではアクセラレーターというのですが、少しキャパシティは足りなくありませんか。

 これは痛いところを突かれたと思った。白洲さんはクルマの大きさとバッテリーの大きさを比較し、ひと目で容量が足りないのでは? と言ってきたのだ。

 すると実際に数件、バッテリーの容量不足によるクレームも入っていたのであるから、この指摘は的を射ていた。こうして私と白洲次郎さんとの付き合いが始まり、ソアラが2世代目へと生まれ変わるまで続くのだ。

■2代目ソアラについてのアドバイスは「かけがえのないクルマを作れ!」

1986年1月にデビューした2代目ソアラは1991年5月に3代目にバトンタッチするまで30万台以上を販売する大ヒット車となった

 もちろん白洲さんからは2代目ソアラに対するアドバイスもいただいた。あまり細かなことではなかったが、いまだに私の心に残っている言葉がある。

「新しく設計し、そして作るのであれば、“ノー・サブスティチュート(No Substitute)”、つまりかけがえのないクルマだよ」

 つまり唯一無二の存在であり、ソアラを「代替品のないクルマにしなさい」と、ことあるごとに言われた。

 そして完成した2代目ソアラは初代の外形スタイルを継承しながら、細部にわたり、そのクォリティは練りに練った。その上で、機能的面ではさらに進んだ電子制御技術、高性能エンジン、走行性能や室内には新素材を積極的に採用した。

 完成した2代目は「No Substitute性」がより強化されたと思える自信作であり、現実にも初代以上の大ヒットとなった。

■白洲次郎さんの没後、正子夫人は運転免許を持っていないのに2代目ソアラを買ってくれた

2代目ソアラ購入を即断した正子夫人からの自筆の手紙。優しい内容が人柄をそのまま表しているという。白洲次郎さんが亡くなられた後も岡田氏は手紙などで交流が続いていた

 実は白洲さんからも「2代目が出たら買うよ」と約束をもらっていた。しかし、デビューの3ヶ月ほど前に白洲さんは亡くなられた。1985年11月28日のことである。私は果たされることがなくなった約束を、心から残念に思った。

 ところが正子夫人(随筆家)が、代わってその約束を果たしてくれた。2代目ソアラ発売直後、その実車を工場で見た正子さんが、すぐに「買った!」と言ってくれたのだ。

 その「買った」のひと言は正子さんが気に入った骨董を買う時の口癖だったという。それも、正子さんは運転免許を所有していないのに買ってくれた。

「トヨタは将来、日本を背負って立つ企業に発展するかもしれない。その象徴的なクルマを買いましょう」と言うことだったようだ。正子さんとは、その後も何度かお手紙のやりとりなどをさせていただいた。

 後に分かったが、正子さんには私は“ソアラの岡田さん”として通っていた。「わたしはクルマのことに疎いので、どんなことをしている人かは知りませんでした。しかし、白洲次郎からはしょっちゅう岡田さんの名前を聞いていた」という。そんな正子さんの心意気には感動し、感謝している。

 そして当時の豊田章一郎社長と、長男で現社長の章男さん、さらに正子夫人の三名が2代目ソアラに乗り、兵庫県三田市の心月院に白洲次郎さんの墓参りに行ったのだ。

 その時、章一郎社長は「お陰様でノー・サブスティチュートのクルマを作ることができました」とその完成を墓前に報告したという。

「葬式無用、戒名不用」の白洲さんには、これしか報告する方法がなかった。もし2代目ソアラを見ることがあったら、白洲さんはなんと言っただろうか? 「また、こんな電気仕掛けばかりのクルマを作ってしまったのか!」と叱られたかもしれない。

■白洲次郎(1902年2月17日〜1985年11月28日)

 日本の実業家。兵庫県芦屋市生まれ。連合国軍占領下の日本で吉田茂に請われて側近として活躍し、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)と渡り合う。終戦連絡中央事務局や経済安定本部の次長を経て、商工省の外局として新設された貿易庁の長官を務めた。

 GHQは白洲次郎のことを「従順ならざる唯一の日本人」という印象を持っていたという。高官にケンブリッジ仕込みの英語を誉められると、返す刀で「あなたの英語も、もう少し勉強なされば一流になれますよ」と皮肉った。 白洲次郎の人と成りを神戸一中の同級・今日出海は「野人」と評している。吉田政権崩壊後は、実業家として東北電力の会長など多くの日本企業の役員を歴任した。

 クルマ好きとしても知られ、神戸一中の頃にはアメリカの高級車、ペイジ・グレンブルック、ケンブリッジ留学時代には1924年式ベントレー3Lスピードモデル(埼玉県加須市WAKUIミュージアムに保管中)、1924年式ブガッティタイプ35を所有。 東北電力会長時代にはヘルメットにサングラス、長靴で自らランドローバーディフェンダーを運転して、ダム工事現場をまわるような異色の会長だった。

 80歳まで1968年式ポルシェ911S(2Lエンジンから1971年以降の911S用の2.4Lエンジンに換装)を乗り回していた。またゴルフをたしなみ、軽井沢ゴルフ倶楽部理事長を務めた。「自分の信じた『原則(プリンシプル)』には忠実」で「まことにプリンシプル、プリンシプルと毎日うるさいことであった」と正子夫人は語っていた。遺言は「葬式無用、戒名不用」。まさに自分の信条(プリンシプル)を貫いた83年間だった。

■白洲正子(1910年1月7日〜1998年12月26日)

 随筆家。東京都永田町生まれ。父は実業家・政治家で伯爵の樺山愛輔。 1924年に女子学習院初等部を修了。梅若流の能を学んでいたため、同年女性として初めて能舞台に立つ。

 その後アメリカに渡り、寄宿制のハートリッジスクールに留学。1929年、19歳で白洲次郎と結婚。第2次世界大戦後は早くから評論家の小林秀雄、骨董の目利き青山二郎らと親交を結び、文学や骨董の世界に切り込んだ。

 この当時の東奔西走する姿を青山二郎は「韋駄天お正」と名付けたという逸話が残っている。古典文学、工芸、骨董、自然などについて随筆を執筆。著書は『お能』『かくれ里』『謡曲・平家物語紀行』『西行』『日本のたくみ』『両性具有の美』など多数。

最新号

Boosterpackdepot最新号

平成最後の日本自動車大賞|Boosterpackdepot 5月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 4月1日に元号が「令和」に決定し、いよいよ平成も残りわずかとなる。そこで、最新号では平成最後の日本自動車大賞を決定。  このほか、デビュー直後の日産デイズ&三菱など注目新車の情報も盛りだくさんの内容でお送り…

カタログ

https://oncesearch.com

https://np.com.ua

prosto-pereezd.com.ua/pereezd-kvartir.html