スズキが売れてる秘密はどこにある? 価格の安さか? デザインか?

 相変わらず好調のハスラーをはじめ、納車1年待ちと人気沸騰中のジムニー&ジムニーシエラ、昨年12月に発売され販売好調のクロスビー、さらにはスイフトスポーツやアルトワークスなどクルマ好きの心をくすぐるモデルもラインアップしている。

 スズキの今年4~6月の第一四半期連結決算は、売上高と各利益で過去最高を記録した。なぜ最近のスズキ車は評価が高いのか? 売れてる理由をどこにあるのか、探ってみた。

文/福田俊之、清水草一
写真/Boosterpackdepot編集部
初出/Boosterpackdepot2018年10月10日号


■なんで安いクルマを作れるのか!?

TEXT/福田俊之

納期約1年待ちと大ヒット中のジムニーと、2014年1月に発売したハスラーも好調な販売を続けている

 スズキが1998年以降、20年間もずっとアピールし続けているコーポレートスローガンは「小さなクルマ、大きな未来。」。もっとも、最近の財務状況をみれば、「小さなクルマ、大きな〝儲け〟」などと書き換えてみても異論を唱える人はいないだろう。自称〝浜松の田舎会社〟が驚くほどの高収益企業に成長しているからである。

 2018年8月上旬に発表した2019年3月期の第1四半期連結決算でも本業の稼ぎを示す営業利益は1165億円と前年同期に比べて36.9%の大幅増となり、売上高とともに過去最高を更新した。しかも、営業利益率は11.8%と2ケタの大台に乗せ、トヨタ自動車(9.3%)やスバル(8.1%)を抜いて業界トップに踊り出た。

 だが、スズキは軽や小型の「小さなクルマ」が主力車種で販売価格が安いこともあり、新車1台当たりの収益力では、ブランド力の比較的高いトヨタやスバルに比べると半分程度の利益しか得られていない。にもかかわらず、国内ではスズキが最も稼ぎまくっている自動車メーカーなのである。

いまだに存在感を示す鈴木修会長。「電気やガスといったエネルギーは有料だが、重力と太陽は無料だ」など、コストカットに関連した名言は数知れず。現在の高利益体質は鈴木会長の手腕によるところが大きい

■半端ない効率経営が他社との違い

 

初代アルトが発売された1979年当時、軽自動車は60万円台が主流だったのだが、徹底的にコストカットして47万円という価格を実現

 その背景には同じ業界でも徹底的に無駄を省いて利益を積み上げるスズキ流の〝半端ない効率経営〟に他社との違いがあるようだ。

 例えば、鈴木修会長が社長に就任当時、初代「アルト」の開発陣に「1部品1円、1グラム」を指示。驚くほどのコスト削減と軽量化で50万円を切る「47万円」という超低価格で売り出したのは知る人ぞ知る逸話。

 その後も「製造業は1円のコストダウンが生死を分ける」というケチケチ哲学を貫いて原価低減に邁進する。さらに、デンソーなどから外販部品を調達するにも、メーカー側の購買担当にありがちな「上から目線」での商談ではなく、相手の立場になって考える巧みな交渉術を身に付けていることも大きい。

 また、コスト削減は開発製造現場ばかりではなく全社的に浸透していることも強みだ。ボールペンやコピー用紙など事務用品を厳しく管理するのは当然だが、節電効果を上げるために外光をたっぷり採り入れた工場レイアウトや稼働しない休日は自動販売機の電源を切るのもほんの一例だ。

 スズキの本社は浜松市だが、東京の拠点は「支社」でなく「支店」と呼ぶ。「〝田舎者〟であるがゆえに変な見栄を張ることがない」と鈴木会長は言う。

 事務所は雨漏りしなければ上等という考えで、以前は販売会社の古いビルに間借りして、東京駐在の社員は通勤定期代もかからない同じビルの軒先を〝社宅〟にしていたほど。

 ただ、何から何までコスト削減に徹しているわけでもない。お金には「生き金」と「死に金」があるといわれるが、ここ一番の新型車のお披露目会などは都内の一流ホテルの大宴会場を貸し切って開催するなどメリハリを付けることも忘れない。

「チリも積もれば……」で、ライバルよりもスズキのクルマの価格が安いのは、全社一丸となってコツコツと積み上げた努力の賜物以外には考えられないだろう。

100万円以下で買えるアルト(8代目)

8代目アルトも、軽の価格が200万円に迫るこの時代にあって、100万円を切る84万7800円~。低価格No.1はミライース(84万2400円)に譲るがそれでも安い

■デザインがよくなってきたから売れたのか?

TEXT/清水草一

 日本でスズキというと、第一に軽自動車メーカーであり、あんまりオシャレさんなイメージはないかもしれない。が、そのデザイン力は計り知れない。いや、得体が知れないと言ったほうがいいかもしれない。

 現在のスズキのデザイン力のベースとなったのは、1981年からのGMとの提携関係ではないか。それ以前のスズキ車は、日本の地方に根を下ろした地道なデザインが持ち味だったが、GMという巨人を先生に持ち、人材交流を行ったことで、広く大きな視点を得たのだ。

 現在スズキは、世界第10位の販売台数を誇る自動車メーカーだけに、全世界で販売されているが(北米からは撤退)、そのデザインを見ると、国内向け/インドを中心とした、アジア向け/欧州向けの3つに大別して開発しているように思われる。もちろん販売モデルは各地で重複しているが。

■仕向け地に合ったデザインを採用する

スズキ肝いりの世界戦略車として登場した2代目スイフト。グッドデザイン賞を受賞するなど、高い評価を受けたデザインだった

先代モデルの角を丸くしたようなデザインから、原点回帰のスクエアで塊感のあるボディデザインに変更した新型ジムニー/ジムニーシエラ。いわばレトロ&モダンなデザインだ

 つまりスズキは、仕向け地に合ったデザインを、血のにじむような現場主義で模索し、みごとに形にするのである。そのうち、われわれカーマニアが「これは……」と唸らされるのは、主に欧州向けのモデル。その代表が2代目以降のスイフトだ。

 スイフトの変遷は、スズキのデザイン力の成長を象徴している。2000年登場の初代は、あくまで軽自動車の延長線上だったが2004年に登場した2代目は「オペルのOEMか?」と思うほど、洗練されたヨーロピアンデザインをまとっていた。3代目はそこからさらに一歩洗練し、現行型の4代目では微妙な変革を実行、それなりに成功している。

 イグニスも、ヨーロピアンテイストに日本的なスペースユーティリティを加味した佳作。スズキのヨーロピアンデザインの成功は、1992年からハンガリー工場が稼働を始め、スズキが本格的に欧州に根を下ろした効果もあるだろう。

 一方、例えばバレーノのデザインを見ると、「なにこれ?」みたいに感じてしまうが、それはインド人の好みに合わせているからで、あれをダメデザインと断じることはできない。

 エスクードに関しては、初代はヨーロピアンでスタイリッシュだったが、その後アジア市場を意識してか、意図的にダサいデザインにしているように思える。

 軽自動車に関しては、驚くほどの傑作とイマイチ作が混在しているが、これも広い顧客層を得るためか。現行モデルの傑作デザインを挙げると、軽自動車ではハスラー、ジムニー。普通車ではイグニスとジムニーシエラ。逆に過去、野暮ったいと思わせたのは、2代目エスクードとエリオだ。

 とはいえ、現在絶好調のスズキが売れてる理由は何かと聞かれば、売れてる理由のひとつは間違いなく、最近のデザインの秀逸さにある、と言っていいだろう。

■清水草一が選ぶデザインがいい現行車と残念だった過去モデル

GOOD! ハスラー

丸目のかわいい顔とボディスタイルのバランスがバッチリ

GOOD! イグニス

欧州のデザインテイストを取り入れつつも、内外装に日本車らしさも忘れていない

残念! エスクード(2代目)

クルマのキャラクターに合わない、キレのない垂れ目が残念

残念! エリオ

思わず「仕向け地が違う」といいたかったのがセダン型。東南アジアのレンタカーかと思う野暮ったさだった

最新号

Boosterpackdepot最新号

スクープ! 2020年の大物新車たち|Boosterpackdepot 2月10日号

 新年初売り号となる「Boosterpackdepot」最新号が2019年1月10日に発売。元号も変わるなど激動の1年となる2019年だが、Boosterpackdepotではそのさらに先、2020年に登場する大物ニューモデルを独自スクープ! 五輪イヤーに向けて、期待の新車が目白押し…

カタログ

best-cooler.reviews

https://best-cooler.reviews/portable-freezer-fridge-from-world-famous-brand/

https://best-cooler.reviews