記憶に残る最高のコラボ車はどれだ?【現行型&歴代車の採点簿】

 トヨタスープラとBMW Z4、GT-Rとイタルデザインなど、最近、自動車メーカーの提携によって生まれたコラボレーション車や、自動車メーカーとカロッツェリアがコラボしたクルマが話題になっている。

 そこで、現行車&歴代車のコラボレーション車のなかからピックアップし、モータージャーナリストの国沢光宏氏と鈴木直也氏が採点チェック! はたしてどんなクルマだったのか? 「あったね~、このクルマ」と個性的モデルたちを懐かしみつつ、読んでいただきたい。

文/国沢光宏、鈴木直也、BoosterpackdepotWeb編集部
写真/Boosterpackdepot編集部
初出/Boosterpackdepot2018年9月26日号


■現行モデルで最高のコラボ車はどれだ?

※国沢光宏氏、鈴木直也氏が100点満点で採点

TOYOTA86/SUBARU BRZ 合計点195点

現行国産モデルで稀少なスポーツクーペ。86&BRZの存在意義は大きい

■国沢光宏の評価 :100点
 トヨタが企画してスバルで開発&生産しているというOEMのようなモデル。デザインや企画もよかったのだろう。古さをまったく感じさせず。大成功作といっていいだろう!

■鈴木直也氏の評価:95点 
 FRスポーツを作るにあたり、スバルの水平対向AWDに目をつけた多田哲哉CEの発想力がお見事。低重心という素材のよさを行かし、走って楽しいクルマが誕生!

アルピーヌA110(日産の1.8Lターボエンジン)

2018年9月21日、新型アルピーヌA110のカタログモデル2グレードの先行予約を9月25日から10月24日まで同社のオフィシャルウェブサイトを通じて受け付けると発表。ピュアの価格は790万~811万円となっており、車両重量は限定車プルミエールエディションと同じ1110kgながらフロントソナーやリアカメラ、シートの後ろの小物入れを追加装備し、ホイールカラー、ステアリングの仕様など一部を変更。 リネージは価格が829万~841万円。ピュアと同じドライビングプレジャーに快適性を加えた設定となっている

■国沢光宏の評価: 80点
 よくぞミドシップなど作ったモンだと感心しきり。このプラットフォームを使って日産もなんか作ればいいのに、と思う。今後の展開に期待したい。
■鈴木直也の評価 :100点
 アルピーヌは誕生時からルノーのメカを流用してスポーツカーを作っていたので、まさに”復活”。こういう企画がスンナリ通るのが羨ましい。

JEEP レネゲード/フィアット 500X 合計点115点

上がレネゲード、下がフィアット500X。デザインが全く違うのがおもしろい

■国沢光宏の評価: 35点
「でかチンクエ」と呼ばれる不格好なフィアット500Xよりレネゲードはずっとカッコいいクルマだと思う。アメリカじゃソコソコ売れている。日本では中途半端……。
■鈴木直也の評価: 80点
 フィアットとクライスラーの合併から生まれたコラボ車だが、イタ車のプラットフォームでジープを作るなんて、ひと昔前は考えられなかったコラボモデル。グローバル化する世界を象徴している1台と言えます。

アバルト 124スパイダー(マツダロードスター) 合計点115点

マツダとアルファロメオとの提携によりロードスターベースで誕生したアバルト124スパイダー。フィアット版もあるが日本は未導入

■国沢光宏の評価 :20点
 日本でもヨーロッパでも話題にすらなっていない。やはり中途半端なパフォーマンスのわりに高価なんだと思う。WRCにも出てきたが成績伸びず撤退したのは残念。
■鈴木直也の評価: 95点
 ロードスターにフィアットのエンジンを載せたコラボだけど、フィアット側から声がかかってプロジェクトが始まったのがすごい。それがこの点数です。それだけロードスターの評価は高いということ。

NMKV デイズルークス/eKスペース 合計点110点

次期型は2020年の登場を予定しているデイズルークス(左)とekスペース(右)

■国沢光宏の評価: 30点
 ベースはそんなに悪くないと思うのだけれど、ドライバビリティや安全性など日産と三菱の足の引っ張り合いに終始してしまった。次期型は日産開発です。
■鈴木直也の評価 :80点
 NMKVという企画会社を立ち上げ、日産/三菱の共同開発という形だけど、開発実務は三菱ゆえクルマの仕上がりは三菱次第。弱者連合コラボとなっているのが気がかりだ。

スマート/ルノートゥインゴ 合計点105点

ルノー、スマートそれぞれ個性溢れるクルマに仕上がっている。上がルノートゥインゴ、下が4人乗りのスマートフォーフォー

■国沢光宏の評価: 20点
 デザイン的にはルノーのほうが圧倒的にオシャレ。ただライバル車と比べリアシートが狭いなどクルマとしての完成度で厳しい。スマートの価格、高過ぎでしょ。
■鈴木直也の評価: 85点
 率直に言うと、スマートはこういう風にどこかと組まないと存続がおぼつかない。リアエンジンは個性的だけど、それゆえニッチ狙いに留まるんですよ。

MAZDA アクセラハイブリッド(トヨタのハイブリッドシステム) 合計点90点

先代プリウスのハイブリッドシステムと共通部分も多いアクセラハイブリッド

■国沢光宏の評価: 15点
 マツダが「ハイブリッドを持ってないと厳しい」と考え、トヨタにお願いして技術供与してもらったけど、マツダのお客さんはまったくの無視でしたね。
■鈴木直也の評価: 75点
 営業からの圧力で生まれたコラボといえる。走りで本家のトヨタTHSーⅡに負けないものに仕上げたのはさすがだけど、営業のもくろみは見事に外れて販売は低調気味。

NISSAN スカイライン200GT-t(メルセデスベンツの2Lターボエンジン)合計点80点

13代目はベンツ製2Lターボを搭載して話題になった。ダイムラーとの提携が表れた形だ

■国沢光宏の評価: 10点
 どうして日産のエンジンを搭載しなかったのか理解に苦しむ。なにしろベンツの旧世代ターボです。ユーザーからも支持を得られず出た時から低迷。
■鈴木直也の評価 :70点
 クルマの心臓部たるエンジンを社外からOEM調達するなんて、昔はとても考えられなかった。スカイライン存続のためのショートリリーフと理解するしかないです。

■歴代モデルではどのコラボモデルがよかったのか?

ISUZU ジェミニ(GMの世界戦略車) 合計点130点

提携先のGMの世界戦略車構想に基づき、共同開発された

■国沢光宏の評価: 55点
 いすゞがベレットの後継モデル開発に悩んだ末、オペル カデットベースのクルマにすることを決めた。さすがドイツの設計だけに、長生きしました。
■鈴木直也の評価: 75点
 日本向けにカデットをモディファイしたのが初代ジェミニ。アンダーは強いが欧州車風の乗り味が人気で、自動車メディア関係者にもユーザーが多くいたのを思い出します。

フォード フェスティバ(実際はマツダの開発) 合計点130点

マツダが開発して1980年代〜1990年代当時のオートラマ店で販売されていた

■国沢光宏の評価 :60点
 マツダとフォードの提携が緩かった時代の作。ちょっとオシャレな雰囲気のクルマで悪くなかった。ただディーラー数が少なく売れませんでしたね。
■鈴木直也の評価: 70点
 初代フェスティバの末期に登場したGT-Aもスカラ社という謎のデザイン会社とのコラボでした。赤いボディでフロント部分だけ白に塗り分けられていたのを覚えています。

MITSUBISHI エクリプス(プリムスレーザーなど) 合計点105点

写真上が初代エクリプス。コラボとしてプリムス レーザー(写真下)、イーグル タロンも発売

■国沢光宏の評価 :40点
 これは三菱が小型車の開発が超苦手だったクライスラーと提携していた頃のOEMモデルですね。上写真にあるが、プリムスもイーグルもクライスラーのブランド。日本では存在価値薄かったですね。
■鈴木直也の評価 :80点
 三菱とクライスラーが親密な関係にあった1980年代、スポーツカーの企画も両社コラボが前提だった。プリムス レーザーは初代のみだけど、イーグル タロンは2代目まで存続。

MAZDA トリビュート(フォードエスケープとの共同開発) 合計点120点

当時フォード傘下だったマツダがフォードと共同開発したマツダトリビュート。フォード版はエスケープ

■国沢光宏の評価 :50点
 世界規模で見るとエスケープのほうが圧倒的に売れましたね。フォードにとってもディーラーの利益改善に寄与したいい商品だったと思う。日本はソコソコ売れた。
■鈴木直也の評価 :70点
 マツダがフォード小型車部門開発の中心だった時代に生まれた双子車。コラボというよりは、マツダが開発してフォードにOEM供給したというほうが正しいSUV。

SUBARU レガシィブリッツェン 合計点110点

2000年登場の初代ブリッツェン。ポルシェデザインで当時は反響もよかった

■国沢光宏の評価: 20点
 三菱のAMGと同じく、スバルのトライもうまくいかなかったんだと思います。その証拠に、ほとんど皆さんの記憶にないと思います。クルマはカッコよかったんだけどね。
■鈴木直也の評価 :90点
 ポルシェデザインとのコラボという珍しいケース。いかにもドイツっぽいカタマリ感のあるデザインが印象的で、いまだに復活を望む声がある人気モデルでしたね。

アストンマーチン シグネット(トヨタiQ) 合計点105点

ベースにiQが選ばれたのはシャシー性能の高さや高い安全性などが理由とのこと

■国沢光宏の評価 :15点
 アストンマーチンも顧客ニーズのため小さい高級車が欲しかったんだと思う。とはいえ、いろんな意味で007に似合わないクルマはアカンでしょう。
■鈴木直也の評価: 90点
 好燃費の小型車を売ってCAFE(メーカー別平均燃費)の数字を下げたいアストンマーチンの要望にトヨタがiQで応えたコラボ車。シグネット単独では売ってもらえない売り方が珍しかった。

MITSUBISHI GTO(ダッヂステルス)合計点105点

V6 、3Lツインターボモデルもラインナップ。 下写真はダッヂステルス

■国沢光宏の評価 :30点
 当時の日本車のスポーツモデルは、ヨーロッパ車を強く意識したモデルばかりでした。そんななか、GTOだけアメリカ風だったことを思い出します。
■鈴木直也の評価 :75点
 GTOの開発は三菱主体だが、スポーツカーはコラボ車で台数を稼がないと採算がとりにくい。北米市場ではダッヂ版のステルスがGTO以上の台数を売り上げていました。

HONDA コンチェルト(ローバーとの共同開発) 合計点95点

ヨーロピアンスタイルのモデルで日本仕様は日本国内で生産されていた

■国沢光宏の評価 :25点
 今になって思えばホンダもがんばったと思う。インテリアなどオシャレなクルマでしたね。ただ機械的な信頼性がイマイチで個性も薄めでした。
■鈴木直也の評価 :70点
 ホンダがオースチンローバーグループを支援していた1980年代のコラボ車。メカ部分は100%ホンダだけど、レザー内装などインテリアの味付けに英国風味が感じられました。

オーテック ザガートステルビオ 合計点90点

櫻井眞一郎氏率いるオーテックジャパンとイタリアのカロッツエリア、ザガートとの共同開発。フロントに埋め込まれたサイドミラーがデザイン上の特徴のひとつ

■国沢光宏の評価: 5点
 デザインからしてザガートの美しさや繊細さを感じさせない。日産のようなマスプロ生産メーカーとカロッツェリアの相性はよくないんだと思う。
■鈴木直也の評価: 85点
 量産車をベースにカロッツェリアが独自のボディを架装する……。国産車でも1960年代まではこの手法で生まれたクルマがあったけど、1990年代にこれを復活させたのは珍しい。という意味で高採点。

MITSUBISHI ギャランAMG  合計点85点

ギャランAMG専用にチューンされた4G63エンジンはターボではなくNA。ノーマルの140psに対し、170ps(19.5kgm)を発生

■国沢光宏の評価: 10点
 見た瞬間「なんで?」と思った。いろんな意味で三菱の親会社がベンツだったということのメモリアルかもしれない。クルマもきわめて普通です。
■鈴木直也の評価: 75点
 ギャランAMGはエクステリアのモディファイだけではなく、専用チューンのNAエンジンが注目。バルブスプリングリテーナにチタン部品を使うなど、かなり本格的なモディファイだった。

MAZDA ロードペーサー/いすゞステーツマンデビル 合計点85点

1975年からわずか4年間で799台が販売されたマツダ初の3ナンバー車。ボディはGM傘下のオーストラリア・ホールデンが生産していた主力大型車HJシリーズの最上級グレードプレミアーがベース。写真は上がマツダロードぺーサー、下がいすゞステーツマンデビル

■国沢光宏の評価: 25点
 このクルマ、ほとんどみなさん知らないと思う。昔マツダはセンチュリーやプレジデント、デボネアのようなVIPカーを作っていた。そいつにいすゞも乗った。
■鈴木直也の評価 :60点
 コラボというよりは、豪ホールデンからOEM供給された法人向け高級車。マツダ版は13BRE搭載で独自性があるが、いすゞ版は法規に合わせた手直しのみでした。

MITSUBISHI デボネアAMG 合計80点

1986年に三菱とAMGがコラボして生まれたデボネアVロイヤルAMG。AMG製のエアロパーツのほか、サスペンションメンバー補強やブッシュの強化が行われている。1989年の後期型ではDOHC化され、ABSを標準装備

■国沢光宏の評価: 5点
 
これは厳しかった。ギャランと違いエクステリアも大幅にAMGの意見を取り入れたのだろうけれど、宇宙船のようになっちゃいました。超稀少車です。
鈴木直也の評価: 75点
 
今やAMGはメルセデスの一部だが独立チューナー時代はこんなこともやってました、という珍しい例。デボネア本体がレア車なのに、そのAMGバージョンはまさに珍車です。

TOYOTA ハリアーザガート(初代) 合計点80点

モデリスタがイタリアのカロッツェリア、ザガートとコラボして誕生。限定200台で1996年に販売された。2006年には250台限定で2台目ハリアーをベースにしたハリアーザガートが登場

■国沢光宏の評価: 5点
 やはりデザイン的に美しくない。もっと少量生産じゃないとザガートの持ち味は引き出せないいと思う。ザガートの安売りになってしまった。
■鈴木直也の評価: 75点
 1990年代のザガートはチーフデザイナーを日本人が務めていたこともあり、日本車とのコラボに積極的。ハリアーは追加パーツによるモディファイだが、モデルチェンジまで行っていた。

■日本メーカー“コラボ”の歴史を振り返る。トヨタ2000GTはヤマハとのコラボで誕生した!

トヨタ2000GT開発当時の貴重な写真

 自動車メーカー同士の協業、つまりコラボレーションは最近になって始まったものではない。トヨタ自動車とヤマハ発動機の関係性は非常に古く、1964年末にトヨタとヤマハは共同プロジェクトとして2000GTの開発をスタートさせたのだ。

 トヨタが2000GTに相当するスポーツカーを開発するというプロジェクトは前年より立ち上がっていたが、当時の経験値では独自での開発が困難だった。一方、四輪車開発の壁に行き当たっていたヤマハは日産との共同プロジェクトが頓挫しており、両社の思いが一致したことで2000GT開発への道筋がついたのだ。

 具体的には、トヨタ側の開発チームがヤマハの開発拠点に常駐する形でプロジェクトは進行。車体デザインやシャシーの基本設計などはトヨタ側が主導し、エンジンや内装、シャシーの細部のチューニングなどにはヤマハの技術が投入されたが、「1台の市販型自動車としてまとめ上げていく」部分ではやはり多くの経験を持つトヨタの力が大きく寄与したのは言うまでもない。

 2000GTはトヨタだけでは完成できなかったし、もちろんヤマハだけでも作り上げることはできなかったモデルだ。2000GT以降もトヨタとヤマハの関係は継続し、DOHCエンジンなど、トヨタの高性能エンジン開発にはヤマハの技術、ノウハウが大きく活かされているのは有名な話である。

■まだまだある! 意外なコラボ車!

文/BoosterpackdepotWeb編集部

 国沢光宏氏と鈴木直也氏に挙げてもらった意外にもまだまだコラボ車はたくさんある! これは外しちゃいけないと思ったコラボ車を一挙紹介しよう!

ISUSU ハンドリングbyロータス&イルムシャー

左上のジェミニイルムシャーはハードめの足でより走りの性能を高める狙い。ピアッツァにもイルムシャーは設定された。1990年にジェミニが3代目にフルモデルチェンジした際にもこのコラボシリーズは継続設定され、ハイパワー&ハイメカ化が進行した。最終的には1.6L DOHCターボ+180psでフルタイム四駆のイルムシャーRが登場。右上はジェミニハンドリングbyロータス、左下はピアッツアハンドリングbyロータス、右下はビッグホーンハンドリングbyロータス。上質で落ち着いた大人のスポーティといった雰囲気のハンドリング性能を目指した

 1985年登場のFFジェミニはいすゞ独自の設計で、のちにGMの世界戦略車としてGMモデルも登場した。1986年には足回りのチューニングをドイツのイルムシャー社とコラボしたモデルを追加。イルムシャー仕様はジェミニ、ピアッツァ、アスカなどにも設定されることとなった。

 また1988年にはイギリスロータス社と足回りチューニングでコラボした「ハンドリングbyロータス」を投入した。ジェミニやピアッツア、ビッグホーンにラインアップされた。

 イルムシャー、ハンドリングbyロータスともに人気商品となった。勢い余ったのか、ISUSUの認定中古車ではアスカ・カゲムシャーやピアッツァ・ムシャブルイなどの商品化車を発売した。

■ありえないコラボが実現?! シャレード・デ・トマソ

1984年1月に登場したシャレード・デ・トマソターボ。マイナーチェンジした後も引き続きラインアップされ、デトマソ・ビアンカなどのモデルも発売された。カンパニューロのゴールドのアルミホイール+ピレリP8、デトマソのエアロパーツ、MOMO製ステアリングなど装備

 マングスタやパンテーラなどエキゾチックカーを生産するイタリアのデトマソ社が、ダイハツとコラボして生まれたのがシャレード・デ・トマソターボ。なぜ世界のデ・トマソがダイハツへと疑問に思うが、ダイハツは当時、アレハンドロ・デ・トマソ氏が代表を務めるイノチェンティへエンジン供給(イノチェンティミニ・デ・トマソターボ)した関係でシャレード・デ・トマソターボが生まれたのだ。

■異業種合同コラボ「WiLL」プロジェクト

上/ヴィッツをベースにかぼちゃの馬車をモチーフにし、切り落とされたリアルーフはマツダキャロルを思わせるクリフカットのデザイン。左下/2001年4月に販売されたWiLL VS。カローラ系のMCプラットフォームを使い、ステルス戦闘機をデザインコンセプトに誕生。右下/2002年10月に発売されたヴィッツベースの5ドアハッチバック。デザインコンセプトはディスプレイ一体型ヘルメット。車載情報通信サービス、G-BOOKを標準搭載しているのがウリだった

  トヨタ、花王、アサヒビール、パナソニックなどの企業が参加した異業種合同プロジェクト、WiLLプロジェクトによってトヨタから2001年1月にVi、2001年10月にVS、2002年10月にサイファの3台が誕生した。

 画期的な異業種コラボによるコラボ車だったが、クルマ以外の商品を含め、大成功とはいえず2004年には大多数の企業はプロジェクトを中止した。

 ■こんな意外なコラボもあった!

 最後はアニメやウルトラマンとのコラボなど意外なコラボ車を紹介しよう。 これ以外にもハローキティ(三菱ミラージュ、ムーヴ、ミラジーノ)や阪神タイガース(ダイハツミラ、ekスポーツ&ekクラッシィ)、ディズニー(スマート)とのコラボ車なども販売されている。

2017年7月、円谷プロの「A MAN of ULTRA」が86とコラボした「M78×86」。343万5800~377万2400円

アニメ『機動戦士ガンダム』のシャア少佐専用モデルとして発売されたオーリス。2013年と2015年の2度にわたって販売

2012年7月、BMW MINIクーペとロードスターに設定されたギタリスト、布袋寅泰氏仕様車。展示専用で購入は不可

今年5月に製作が発表された光岡オロチとアニメ『デビルマン』とのコラボ車。限定1台のみで今秋に発売予定とのこと。写真は光岡自動車 創業者の光岡進氏(左)とデビルマン原作者の永井豪氏(右)

最新号

Boosterpackdepot最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|Boosterpackdepot 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「Boosterpackdepot」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ