良い車だからこそ知っておきたい! 人気車6選の欠点

 車にはさまざまな評価軸がある。なかでも「売れているかどうか」は、ユーザーからの支持を示す極めて重要な指標だ。

 長年、日本車トップクラスの売れゆきを維持するプリウスや近年、人気を集めている日産のノートe-POWERなどは、まさに売れている=多くのユーザーに支持されているモデルのひとつ。

 しかし、多くのユーザーが買っているからこそ、そのモデルの短所も押さえておきたい。本稿では、いま特に人気の高い6台の国産車に関して、購入前に知っておいてほしいポイントを、2名のジャーナリストの視点から紹介する。

文:渡辺陽一郎、片岡英明
写真:編集部
Boosterpackdepot 2018年9月26日号


プリウスは後発車と比べて未成熟に感じる部分も

■トヨタ プリウス:8037台(2018年1-7月平均)

プリウス(2016年12月発売)/言わずと知れたベストセラーHV。現行型はプラットフォームを一新し、従来型比で基本性能は大きく進化

◆「熟成不足を感じさせる作り。後方視界も悪し」

 TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の手法に沿った新しいプラットフォームを使うが、危険回避時には後輪の接地性が不十分だ。後から登場したC-HRやカローラスポーツに比べると未成熟に思える。

 サイドウィンドウの下端を後ろへ持ち上げたから、後方視界が悪い。後席は腰が落ち込み、頭上の空間も狭めだ。内装も上質とはいい難い。(渡辺陽一郎)

評価:★★★★☆

◆「加速時のエンジン音が×。運動性能もイマイチ」

 17インチタイヤを履くツーリングセレクションは軽快なハンドリングだが、ファミリー向けグレードは今一歩の運動性能。ハイブリッド車特有のラバーバンドフィールも残っている。

 動力性能も今一歩で、もう少し余裕が欲しい。加速時にはエンジン音が耳につく。パーキングブレーキが足踏み式という点も古臭さを感じる。(片岡英明)

評価:★★★★☆

セレナは床の高さと価格設定に注意

■日産 セレナ:9288台(2018年1-7月平均)

セレナ(2016年8月発売)/同一車線運転支援機能「プロパイロット」の搭載が話題に。2018年3月にe-POWERを追加設定

◆「床が高く高重心なことが安定性などに悪影響を…」

 ヴォクシーやステップワゴンに比べて床が90㎜ほど高く、乗降性が不満だ。高重心だから安定性にも悪影響を与え、操舵に対する反応が鈍く感じる。峠道では旋回軌跡を拡大させやすい。

 この鈍さはプロパイロットの操舵制御にも影響しており、直進時でも微調節を繰り返してハンドルが小刻みに左右に動く。(渡辺陽一郎)

評価:★★★★☆

◆「希望装備を追加すると割高になる価格設定」

 e-POWERを得て、さらに魅力を増したが、同一車線自動運転技術のプロパイロットは上級グレード、しかもオプション設定だ。

 希望の装備を追加すると、かなり割高になる。また、スマートマルチセンターシートの設定もないからシートアレンジの自由度はガソリン車におよばない。高速道路では燃費も今一歩だ。(片岡英明)

評価:★★★★☆

タンク/ルーミーは非力さが目立つ

■トヨタ タンク/ルーミー:1万3933台(2018年1-7月平均)

タンク/ルーミー(2016年11月発売)/ダイハツ版のトールの姉妹車で開発もダイハツが主導するトールワゴン。競合車のスズキ ソリオを上回るヒット車に成長した

◆「エンジンはパワー不足。安定性と乗り心地も不満」

 2014年にはダイハツとスズキの競争が激化して、軽自動車の販売比率が40%に達した。小型/普通車が中心のトヨタは危機感を抱き、売れ筋路線のルーミー&タンクをダイハツに約2年間で開発させた。

 だが、安定性と乗り心地は不満で、1Lエンジンはパワー不足だ。ターボはノイズが大きく、作りが粗い印象だ。(渡辺陽一郎)

評価/★★☆☆☆

◆「後席の乗り心地悪く、エンジンは非力」

 キャビンは広いがシートアレンジにこだわったこともあり、後席のシートは小ぶりで、座面も短い。厚みもないからロングドライブでは座り心地が悪い。

 1Lの3気筒エンジンは非力だし、ターボは振動も大きめ。グレード構成も偏っていて、ターボはFFだけになるなど選択肢が少ない。先進安全装備も軽自動車レベル。(片岡英明)

評価:★★★☆☆

大人気ノートe-POWERは静粛性と荷室に課題も

ノート e-POWER(2016年11月発売)/エンジンを発電用とし、モーターで駆動するシリーズハイブリッド「e-POWER」の第一弾。爆発的な人気で一躍ノート全体を登録車No.1に押し上げた

■ノート e-POWER:7973台(2018年1-7月平均)

◆「コーナーでの軽快感欠如。荷室は拡大時に段差残る」

 ノーマルエンジン車よりもボディが200kg近く重いから、カーブを曲がる時の軽快感に欠ける。ブレーキの協調回生制御がなく、エコ/Sモードでないと燃費効率が下がる。

 このモードに慣れると、ほかのクルマに乗った時に制動タイミングが遅れやすい。後席の背もたれを倒すと、広げた荷室の床に段差ができる点もマイナス。(渡辺陽一郎)

評価:★★★☆☆

◆「エンジンがかかると耳障り。高速での燃費も伸び悩む」

 シャシーの基本設計が古く、パーキングブレーキも電動式じゃないなど、すでに新鮮味を失っている。e-POWERがヒットしたため、次期モデルが先送りされたのは残念だ。

 モーター駆動による独特のドライブフィールは新鮮だが、エンジンがかかると耳障りだ。街中の燃費はいいが、高速道路では燃費が伸び悩む。(片岡英明)

評価:★★★☆☆

新クラウンはドイツ車風の乗り味に功罪

クラウン(2018年6月発売)/通算15代目となる新型は、従来と異なる意匠の外観、新しい基本骨格による基本性能の進化が訴求ポイント

■新型クラウン:5260台(2018年1-7月平均)

◆「ベンツになってはダメ。日本のクラウンらしさを」

 クラウンは60年以上の歴史を持つ日本車の中心的な存在だ。それなのに新型は乗り心地や運転感覚がメルセデスベンツなどのドイツ車に近づき、外観を含めてクラウンらしさが薄れた。これなら本家本元のメルセデスベンツを選ぶ。

 優れた走行性能を確保したうえで「日本のクラウン」を取り戻してほしい。(渡辺陽一郎)

評価:★★★★★

◆「華やかさの足りないリア。エンジン音にも不満あり」

 6ライトウィンドウを採用したエクステリアは伸びやかだが、フロントに比べリアまわりのデザインは華やかさが足りない。

 4気筒のハイブリッド車は、急加速するとエンジン音が一気に高まる。2Lのターボエンジンも加速していく時のエンジン音が安っぽい。標準仕様はシャシーに対しタイヤが力不足の印象だ。(片岡英明)

評価:★★★★★

C-HRは視界と室内空間が今一歩

■C-HR:6814台(2018年1-7月平均)

C-HR(2016年12月発売)/瞬く間にSUV販売No.1モデルとなったコンパクトSUV。プリウスに続くTNGA採用車として基本性能の高さも売りとしている

◆「後方視界は劣悪。最低地上高も、もう少し欲しい」

 サイドウィンドウの下端が高く、後席側のドアはウィンドウの面積も狭いから後方視界が劣悪だ。後退しながら駐車場から出る時は不安を感じる。トヨタの社内基準をギリギリでクリアした。

 TNGAに基づくプラットフォームは空間効率が低く、後席の足元が少し狭い。SUVなのに最低地上高は4WDでも155mmと低い。(渡辺陽一郎)

評価:★★★☆☆

◆「運転の楽しさは今一歩。室内は特に後席がタイト」

 1.2Lのターボは過給するまで元気がなく、ある程度回す必要がある。ハイブリッド車は瞬発力が薄く、運転する楽しさが希薄。加速時はエンジン音が耳障りだ。パドルシフトがないのも残念なところ。

 スタイルを重視したためキャビンはタイトな印象で、特に後席は開放感がない。視界も今一歩のレベルにとどまる。(片岡英明)

評価:★★★★☆

※販売台数は2018年1-7月期の累計台数を月平均で換算
※評価は渡辺、片岡両氏が星1つ~5つの5段階で採点

最新号

Boosterpackdepot最新号

Boosterpackdepot 10月10日号 スバル・ミドシップスポーツの真偽に迫る!

 毎月10日と26日に発売される自動車総合誌「Boosterpackdepot」の最新号が本日発売! 今号の巻頭スクープは衝撃情報の真偽を追跡。その衝撃情報とは、なんとスバルからミドシップスポーツが市販されるというもの。本誌スクープ班が総力をあげてその情報の核心…

カタログ