夢か幻か!? 世界唯一の社長専用車!? センチュリーGRMNが東京に出現

 「センチュリーをGRMNにして乗ってみたい」。そんな発言をしていたトヨタの豊田章男社長。

 そして2018年9月上旬、ツイッター上で愛知県の陸運局でのセンチュリーGRMNらしきクルマの目撃例が投稿された。

 チューニングショップがやったにしてはよく出来すぎている。でもトヨタがセンチュリーでGRモデルを作るか!?

 なんて思っていたら本日行われた自動車工業会の定例会見に、センチュリーGRMNらしきクルマに豊田社長が乗ってきたじゃないですか!! サプライズ過ぎるよ!!

 いま現段階でわかっていること、レポートします。

文:BoosterpackdepotWeb編集部/写真:BoosterpackdepotWeb編集部


■陸運局で目撃されたセンチュリーGRMN

 2018年9月上旬、で話題になっていたセンチュリーのGRモデルらしきクルマ。たしかに以前、豊田章男社長は「センチュリーをチューニングして乗りたい」(下の動画の45分頃から)と発言していた。

 とはいえですよ。トヨタの、否、ニッポンのフラッグシップであるセンチュリーを、その製造メーカーであるトヨタがチューニングするなんて考えにくい。

 しかしツイッターで話題になったセンチュリーGRMNの完成度は、チューニングショップがやったというにはどうも綺麗すぎる。

 じゃあトヨタが作ったと思うのが常だが、キャンバーまでガッツリついているし、正直なところ「トヨタがここまでやるかね~!?」とも感じたわけです。

 真実を求めてトヨタ広報部に取材したところ「今後の製品展開にも関わることですのでコメントすることはできません」とのこと。

 否定をしないということはトヨタが何らかの目的で制作した1台になる。

■突如として報道陣の前に現れたセンチュリーGRMN

 そして月日は流れて2018年9月20日。東京都港区の日本自動車会館にて、自動車工業会会長(豊田章男氏)の定例会見が行われるとあって報道陣が詰めかけた。

 今回の会見のテーマは「自動車税制・通称」および「東京モーターフェス2018」。自動車メディア以外にも、新聞各紙や経済誌など、多くのメディア関係者が集まった。

 一連の取材が終わりふと道路を見るとそこには白いセンチュリーが待機していた。むむっ、なんだか様子がおかしい。

グリルに輝く「GRMN」バッジ。ブラックアウトされたグリルなどイメージはがらりと変わる。リップスポイラーには赤いラインも入っておりスポーティイメージが満載だ

 黒のリップスポイラー、そしてフロントグリルには「GRMN」のバッジ。まさにあの陸運局で目撃されたセンチュリーそのものだった。

 ナンバーも取得されていることから完全なる合法仕様だ(当たり前だけど)。

 そしてブレーキキャリパーはホワイトの対向キャリパー。この辺りはこれまでのGRモデルを踏襲しているようだ。

ホイールもアフターパーツのアルミホイールへ交換されている。ミラーはブラックで、全体的に要所要所をブラックで締めるという王道をいく

 ホイールは社外品の軽量そうなアルミホイールへ交換されている。うーむ、かっこいい。

 ちなみにタイヤはヨコハマタイヤのアドバンブランドだ。やる気満々。

■センチュリーGRMNでドリフトは禁止!?

 豊田社長はまるで自慢のコレクションを披露するかのように「これいいでしょ、まだ一般販売する予定はないんだけど」とコメント。

 ナンバーは希望ナンバーの「1867」。トヨタグループの創始者である、豊田佐吉翁の生まれた年を指す。

リアにはスポイラーも装備。ディフューザー形状のパーツも確認できた。ここまで本気で作りこむなら市販化もあるかもしれない

 この年の100年後、つまり1967年に初代センチュリーが生まれる(センチュリーは豊田佐吉翁の生誕100周年記念車でもあった)。

 その豊田佐吉翁の曽孫にあたり、レースにも出場するほど運転が大好きな豊田社長。しかしながらまだハンドルを握っていないようだ。

運転は現段階で「おあずけ」状態の豊田社長。きっと帰り道も運転したくてたまらないはず!!

 「ドリフトはするなって言われました(笑)」とすでに釘を刺されているようだが、世界に一台のセンチュリーGRMNのフィーリングはどのようなものなのか。

 豊田社長!! 試乗されましたらBoosterpackdepotにコメントください!!

■【9月22日追記】S耐にセンチュリーGRMN現る

 なんと2018年9月22日から開催されているスーパー耐久、ツインリンクもてぎ(栃木県)にてセンチュリーGRMNが出現。豊田社長の移動に伴うものだ。

 しかも関係者筋によると黒色のセンチュリーGRMNが存在するとかしないとか。気になります!!

サーキットに現れたセンチュリーGRMN。うーん、似合うぞ!!

 豊田社長もすでにピットなどを訪問するなど、精力的に応援をしているようだ。サーキットにフラッと現れるところも素敵。

 写真を中心に速報をお届けしよう。

タイヤがアドバンスポーツV105。関係者筋によると複数のタイヤを比較したという

黒に思えたリップは実はゴールドに光る。センチュリーらしいぞ!!

フロントにはビッグキャリパー。この存在感は凄い。ハイブリッドシステムとの相性もバッチリだろう

ホイールはBBS製。軽量、高剛性のBBSはセンチュリーにふさわしいだろう

リアスポイラーはカーボン。控えめだがセンチュリーにはこれがいい!!

スタートボタンはGRのロゴが!! 芸が細かい!!

最新号

Boosterpackdepot最新号

平成最後の日本自動車大賞|Boosterpackdepot 5月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 4月1日に元号が「令和」に決定し、いよいよ平成も残りわずかとなる。そこで、最新号では平成最後の日本自動車大賞を決定。  このほか、デビュー直後の日産デイズ&三菱など注目新車の情報も盛りだくさんの内容でお送り…

カタログ

aboutviagra.info/product/tadalis-sx-tadalafil/

У нашей фирмы нужный интернет-сайт на тематику домофоны.
honda.ua