どうせならベンツかBMW!? それともマツダ!? 中古でディーゼルセダン最強決戦

「人とは違うものがいい」。そんな思いでディーゼル車を選ぶユーザーも多いという。国産車のディーゼルの雄、マツダを選ぶか、それともドイツ車を選ぶか。

しかもある程度の年齢になれば、落ち着きのあるセダンが一番使い勝手がよいというユーザーも増える。

そこで中古車(しかも程度極上)で350万円前後で狙えるBMW320d、ベンツC220d、そして新古車に近いマツダアテンザの3台から選ぶならどれが「買い」でしょうか?

文:岡本幸一郎/写真:Boosterpackdepot編集部


■狙うは王道ドイツ車か、それとも国産の雄マツダか?

次々に明るみになった不正問題により、欧州では自動車メーカー自体がすっかり信用をなくしてしまい、すでにディーゼル離れが進みつつある。

だが、遠く離れた日本ではまだまだディーゼルがもてはやされている。張本人であるVWが2年越しでディーゼル車を日本に導入したのも、名誉挽回はもちろん、日本にはまだディーゼルの市場が十分にあると見たからにほかならない。

BMWのなかでも人気の320d。特に中古車相場はかなりこなれてきており、憧れを買うにもベストタイミングかも

また、2018年秋現在、日本で買えるディーゼル車というのは、日本車はごく少ないのに対し、欧州勢は意外なほど多いという事実もある。

そんな中で、本稿ではアテンザXD、BMW320d、メルセデス・ベンツC220dという日独人気モデルについて述べていきたい。

日本のディーゼルの雄となったマツダのアテンザは、現行モデルで最大となる大幅改良を実施したばかり。

それもあってか従来モデルの末期にあたる年式で走行距離の非常に少ない、いわゆる「新古車」と呼べそうな個体が、350万前後でちらほら出回っている。

対するドイツ勢について、まずBWM3シリーズはモデル末期にあたり、次期型の情報もちらほら見受けられるようになったところ。

ディーゼルの320dは2012年秋に初めて販売され、2016年5月にエンジンがアップデートされおり、それを境に中古車相場も少なからず変わる。

いっぽうのメルセデス・ベンツCクラスはマイナーチェンジを実施したばかりというタイミング。

マイチェンされたばかりのCクラス(写真はMC前のC200)。熟成されたMC前モデルは安く買うことができる。その性能差に悩むが価格を考えれば我慢できる?

この機にエンジンも現行Eクラスより導入された最新の2リッターユニットに換装されており、中古車市場で流通している220dは従来の旧いエンジンとなる。

320dと220d、それぞれディーゼルの高年式の中古車が350万円前後でけっこう豊富に見つかる。

2018年5月にマイナーチェンジされたばかりのアテンザ。MC前モデルは走行距離数千キロの個体でもかなり安く買うことができる

3シリーズとCクラスが人気モデルであることはいうまでもなし。いずれも「欲しい!」と誰しもに思わせる強力なパワーを持っている。

アテンザと同程度の出費なら、320dやCクラスを選んだほうがいいに決まってるという人は、それはそれで大いにけっこうだ。

■トルクはアテンザ、パワーはBMW320d

いっぽうのアテンザも、ブランド云々よりも評判のよいマツダのディーゼルにぜひ乗りたい! と思っている人が、それはそれで大勢いる。

なにせマツダのフラッグシップだ。ボディサイズもアテンザのほうがだいぶ大きめ。

といってもどのくらい説得力があるかどうかはビミョーながら、プレミアムブランドのエントリーセダンもよいが、近年ブランドイメージの急上昇したマツダのフラッグシップに乗るほうが気分がいいという人も少なくないことだろう。

尿素水溶液「アドブルー」の定期的な注入が不要のマツダのディーゼルエンジン。デザインも洗練され、非常にコスパも高いが、FFがメインなことなどセダンへのこだわりを持つ層からはデメリットもある

さて、ディーゼルに乗りたいという多くの人にとって、その主な理由というのは、経済性とトルクフルな走りのふたつに違いないはず。

各車の燃費の公表値については、従来型のアテンザの2WDが19.6~22.4km/L、4WDが18.2~20.4km/L、320dの現行型が21.4km/L、C220dのマイナーチェンジ前が20.3km/Lと、若干の差はあるが拮抗しているといえる範囲かなと。

では走りのほうはどうかというと、スペックとしては、アテンザの従来モデルは最高出力175ps/4500rpm、最大トルク420Nm(42.8kgm)/2000rpm。

BMW320dのディーゼルユニットはまだ「現行」だ。いつかは型落ちになるものの、性能はやはり一歩リードか

現行BMW320dは最高出力190ps/4000rpm、最大トルク400Nm(40.8kgm)/1750-2500rpm。

マイナーチェンジ前のC220dは最大出力170ps/3000-4200rpm、最大トルク400Nm(40.8kgm)/1400-2800rpmとなっており、排気量ではもっとも小さいものの最新のエンジンを積む320dがもっとも高出力だ。

ところで、ドイツ勢は後輪駆動のみ、アテンザは前輪駆動もしくは4WDという違いがあることもお忘れなく。4WDにこだわるならアテンザ以外の選択肢はない。

また、先進安全運転支援システムの機能をはじめ装備にも大なり小なり違いはあるわけだが、そこはCクラスが一歩リードという印象だ。

この中で2018年秋現在、どれを選ぶのがもっとも賢明か?  ここまで読んで答えがすでに出た人も少なくないだろうが、実際のドライブフィールをお伝えしておこう。

■ドライバビリティを考えると320dが優位!?

マツダのスカイアクティブDは驚くほどの低圧縮比を実現し、尿素水等を使うことなく優れた走りを実現したところがたいしたもの。

それは中古車で狙う改良前の従来モデルでも同じ。ただし、最高出力190ps/4500rpm、最大トルク450Nm(45.9kgm)/2000rpmになった最新モデルを知ってしまうと、見劣りするのは否めないというのが正直なところ。

それぐらい改良後の最新モデルはよくできているとご理解いただきたい。むろん従来モデルでも、スカイアクティブDのよさはそれなりに味わえるのでビミョーなところ。

どうしてもひっかかる人は、思い切って最新モデルの新車を買うか、中古車が出てくるのを待ったほうがよい、と思うほどだ。

いっぽう、Cクラスはマイナーチェンジ後のモデルには未試乗なのだが、これまた大幅に進化していることは間違いない。

エンジンも新しくなることだし、Eクラスで最新の2リッターディーゼルを味わった印象からすると、これまた差は小さくない。

ディーゼルらしい力感はあるが、ディーゼル特有の音や振動もまたけっこう大きめで、あまり洗練度は高くない。

ベストバイは性能を考えると320dになる。実はこのクラスのディーゼルセダン選びはとても奥が深い。悩みはじめると各社一長一短もあり、そこがまた楽しい部分か

そんな2台に対し、320dは現役のエンジンが搭載されているのが強み。このパワートレインも、低回転域でわずかにディーゼルを感じさせるが、そこを過ぎるとガソリンと遜色ないほど低振動で静粛性が高い。

そして何より低回転から力強いトルクを、レスポンスよくリニアに生み出すエンジンフィールが素晴らしい。

モデル末期につき、そう遠くないうちに現役モデルでなくなってしまうことを許せるなら(どうせ中古車はそういうものだし……)、この中では本記事掲載時点におけるベストチョイスは320dではないかと思う。

【各車(2WDモデル)主要諸元】

[アテンザ XD L パッケージ 2017年モデル]
・サイズ(全長×全幅×全高mm)=4865×1840×1450
・車重:1540kg
・新車時価格:377万5000円

[BMW320d 2017年モデル]
・サイズ(全長×全幅×全高mm)=4645x1800x1440
・車重:1570kg
・新車時価格:532万円

[ベンツC220d 2016年モデル]
・サイズ(全長×全幅×全高mm)=4690x1810x1440
・車重:1650kg
・新車時価格:559万円

 

最新号

Boosterpackdepot最新号

次期フィットにタイプRも!? ホンダ新車戦略|Boosterpackdepot 7月26日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ新車戦略において、との情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、集中BIG特集MAZDA vs. SUBARU、国産SUV&クロスオーバー最新ランキングとも…

カタログ

www.velotime.com.ua

велосипед Comanche Strada Pro

http://velomarket.org.ua