ハイエース!? GT-R!? モテるのはガテン系?ガチ系? 直系チューニングカー一気試乗

自動車メーカー直系のワークスチューニングカーのメディア向け合同試乗会が、群馬サイクルスポーツセンターで行われた。

モータージャーナリスト・清水草一氏がTRD、NISMO、MUGEN、STIの計7モデルを徹底チェック! 採点簿では女性へのモテ問題も切り込んでいるので見てほしい!

文/清水草一
写真/西尾タクト
初出/Boosterpackdepot2018年9月10日号


■TRDは人気のハイエース、新型クラウン、カローラスポーツの3台

TRDハイエース/パーツ販売

新型クラウンのスポーティグレードRS向けに、TRD初の試みである「ブラックエディション」のエアロパーツをラインアップ。LED付きフロントスポイラー+サイドスカートVer.2+リアバンパースポイラーのセットで18万1440円。フロントフードエクステンションは2万4840円。6J×15インチのアルミホイールにTRD TF7A+グッドイヤータイヤ、イーグル#1 NASCAR(195/80R15)を組み合わせたセットで17万7120円

今年のTRDの目玉は、ガテン系やアウトドア派に大人気のハイエース! こういう非走り系のクルマにこそ、チューニングが生きるというTRDのコンセプトはとってもイイネ! 試乗車はハデなラッピング&控えめなエアロが装着されていて、かなりモテそうな雰囲気だ。

チューニングの内容は、ショックアブソーバーの変更が主。それもなんと、ノーマルよりソフトにするという大胆さ。狙いはズバリ、「快適な乗り心地と正確なステアフィール」。これまたモテそうじゃないか! やるなTRD。

乗ってみると、まるで船のようにフワンフワンしている。群馬サイクルスポーツセンターのバンピーな路面を走る と、揺れがデカすぎて正直キツイ。フワフワすぎて、ノーマルのほうが走りやすいでちゅ。しかしまぁ、平滑な路 面をゆったり走るならアリなのではないか。推測ですが。

メンバーブレースで、リアサスペンションからの入力によるボディ変形量を低減。メンバーブレースセットは3万2400円

ヒョコヒョコやゴツゴツと感じる振動を低減。ミニバン的な乗り心地を追求した。TRDショックアブソーバセットは12万9600円

TRDハイエース・採点簿
楽しさ度:2点
本気度:2点
モテるかも度:5点
完成度:2点
※各5点満点

TRDクラウンRS/パーツ販売

新型クラウンのスポーティグレードRS向けにTRD初の試みである「ブラックエディション」のエアロパーツをラインアップ。フロントスポイラー+サイドスカート+リアバンパースポイラーのセットで19万9800円。リアトランクスポイラーは3万7800円。このほかパフォーマンスダンパーセットは9万7200円、ドアスタビライザーセットは3万2400円。8J×19インチの鍛造アルミホイールTRD SF4+ミシュランパイロットスポーツ4S(235/40ZR19)のセットで68万6880円

続いて新型クラウンRS。こちらはエアロと19インチの軽量鍛造アルミホイールが主な内容だが、走りのよさにビックリ! 実は新型クラウンでワインディングを走るのは初めてで、ニュルで鍛えた効果を初めて体感しました! バネ下重量軽減で足の動きもイイ!  感動!!

■TRDクラウン・採点簿
楽しさ度:5点
本気度:3点
モテるかも度:3点
完成度:5点
※各5点満点

TRDカローラスポーツ/パーツ販売

試乗できなかったので撮影のみ。全周を覆うレッドモールが目を惹くエアロパーツを装着し、軽快なスポーティなテイストを演出。まるで純正パーツのように、溶け込んでいる。フロントスポイラー/サイドスカート/リアサイドスポイラーの3点セットで価格は14万8000円。リアルーフスポイラーは4万円、15インチのアルミホイールは5万6000円(1本)。ちなみにフロントスポイラーはオリジナルに比べ約22mmダウン、全長は18mmプラス

■GT-Rとノートe-POWER、2台の凄すぎるNISMO

GT-R NISMO/パッケージ販売

ニュルブルクリンクで7分08秒679を記録した量産車世界最速マシンのパフォーマンスをパッケージ化。2017年モデルのGT-R NISMOがさらに速くなった。1820万円という車両本体価格のほかにNISMO NアタックパッケージAキット972万円(工賃含む)が組み込まれたスペシャル仕様で、その内容は専用のインタークーラーパイピング、専用フロント・リアLSD、専用ショックスプリングのほか、カーボンフロントフェンダーやフロントアドオンスポイラー、カーボンリアウイング、カーボンリアバルクヘッド、フルバケットシートなど多岐にわたる

試乗車には、開発中のBBS製20インチの鍛造アルミホイールが装着されていた。スーパーGTの技術が投入されている

まずはGT-Rの超本気仕様から乗りましたが、凄すぎてどうにもなりません……。それでも超バンピーな路面を爆走してもまったくハネない足の仕上がりに感動。

さらに、ミハエル・クルム選手の助手席でホンモノの走りを体験して失神。さすがニュルで鍛えただけに、バンピーな路面での速さは世界一だろう。凄すぎる! 体育会系をはるかに越えて、オリンピック選手並みの世界でした。

■GT-R NISMO Nアタックパッケージ装着車・採点簿
楽しさ度:超凄すぎる
本気度:5点
モテるかも度:2点
完成度:5点
※各5点満点

ミハイル・クルム選手に挑むも、助手席で昇天。世界レベルの走りは凄かった

ノートe−POWER  NISMO/パーツ販売

まだ開発中だがe-POWER用フロントLSD(ヘリカル式)を装着。リーフ NISMO RCの技術を流用しており、スポーツ走行が楽しくなる。エンジンはNISMOのエンジンチューニングメニュー、スポーツリセッティングが施されていた。価格は工賃込みで13万円。エクステリアはカーボンピラーガーニッシュが3万5640円、カーボンピラーガーニッシュリアが1万7820円、カーボンドアミラーカバーが4万6440円。装着されていたアルミホイールは純正のノートNISMO用17インチアルミホイール

ノートe-POWER NISMOに乗り換えると、とっても平和でカイテキな世界が待っていました。NISMOチューンによって加速も回生ブレーキも、よりコントロールしやすい。ショックの減衰もいい感じで、荒れたワインディングでもしっかりしなやか!

見た目は、グリルのe-POWERのブルーメッキと、NISMOの赤の差し色がいいコントラスト。ただし、これがモテるかは疑問です。

■ノートe-POWER NISMO・採点簿
楽しさ度:4点
本気度:3点
モテるかも度:2点
完成度:4点
※各5点満点

■MUGENはデザインに力を入れたシビックハッチバックとオデッセイ

MUGENシビックハッチバック/パーツ販売

フロントアンダースポイラー /サイドスポイラー /リアアンダースポイラーの3点セットは23万3280円。そのほかフロントグリルガーニッシュは9万6120円、フロントバンパーガーニッシュは4万120円。このほかインテリアパーツもありトータルでコーディネイトが楽しめる

切削面とツヤ消しブラック塗装のツートーン仕上げの8.5J×19インチのアルミホイール(1本5万2920円)

無限は近年、デザインに力を入れているという。サーキット人口も減ってるし、峠を攻めるという時代でもないし、正しい方向性だと思います! パーツ取り付け車両も、ミニバン系が増加中。チューニングはファッション第一という時代なのですね。

そんななか、シビックハッチバックは、やっぱりエアロが主のファッション第一ではあるけれど、スポーツパッドやクイックシフターの装着で、サーキット走行も想定した内容ですた。

見た目は、タイプR並みにハデで目立つ! 特に六角形2本出しのマフラーエンドがやる気マンマンの男汁。マンマンすぎてモテないオーラもかなり出てました。

コースでは、シビックの素性のよさが体感できた! これは楽しいし、ちょうどいい! 走りを捨て切れないオッサンにオススメ。たぶんモテないと思うけど。

テールゲート上端に装着するウイングスポイラー。FRP製。一部ウエットカーボン製。標準装備テールゲートスポイラーを取り外して装着。価格は未塗装で9万1800円

スポーツエキゾーストシステムは、航空機のジェットノズル形状を参考にし、デュアルヘキサゴナルフィニッシャーを採用。優れた排気効率と軽量化を実現したスポーツエキゾーストシステム。無限リアアン ダースポイラー又は、標準装備リアバンパーとの組み合わせで装着可能。価格は18万9000円

■MUGENシビックハッチバック・採点簿
楽しさ度:5点
本気度:3点
モテるかも度:2点
完成度:4点
※各5点満点

MUGENオデッセイハイブリッドアブソルート/パーツ販売

張り出し感のあるスポーティなエアロは、フロントアンダースポイラー/サイドガーニッシュ/リアアンダースポイラーの3点セットで価格はカラード仕上げで27万円

オデッセイのほうは、ハイエースに続いて、乗り心地をノーマル(前期型)よりソフト方向にチューン! とても 素晴らしい。今後のチューニングは、こっち方向がひとつの主流になるのでしょうな。

切削面とブラック塗装のツートーンとした流麗なデザインと軽量化を両立したアルミホイールMDA。サイズは8J×19インチのインセット55。価格は5万760円(1本)。このほか7.5J×18インチ、インセット50(1本4本5360円)も用意している

■MUGENオデッセイ・採点簿
楽しさ度:2点
本気度:2点
モテるかも度:4点
完成度:3点
※各5点満点

■STIのパフォーマンスパーツ装着で走りが変わったか?

新型フォレスター。実はノーマルに乗ったことないので(土下座)、比較できないのですが、チューンの内容は、フレキシブルタワーバーの装着などで、より思い通りにクルマが動くようにしたとのこと。走り屋系とは一線を画する安らぎ系ですね。

実際走ってみても、すべてがしなやかでおだやかで、癒し系でした。ただ、すべての操作系の反応がとってもちょうどイイので、「運転がうまくなったように感じる」というSTIの狙いはしっかり実現してると思います!(たぶん)。

フォレスター STIパフォーマンスパーツ装着車/パーツ販売

SGPを採用し、走りのレベルが大幅に上がった新型フォレスターをさらにレベルアップさせた。フレキシブルタワーバー、フレキシブルスティフナーの体幹チューンに加え、エアロパーツで走行安定性も向上。エクステリアは、STIフロントリップスポイラー+STIフロントサイドアンダースポイラー+STIエアロガーニッシュ+STIリアサイドアンダースポイラー+STIエアロガーニッシュ+STIリアアンダースポイラーを含むSTIエアロパッケージで価格は21万4920円

7J×18インチのSTIアルミホイール(ガンメタリック)は1本4万5360円。STIアンチグレアドアミラー(LED)は3万0240円、STIドアハンドルプロテクターは8640円

STI得意のフレキシブル系パーツも発売。フレキシブルタワーバーは3万5640円、STIフレキシブルドロースティフナーフロントは3万3480円

※STIパーツの金額はすべて工賃込み

■フォレスターSTIパフォーマンス装着車・採点簿
楽しさ度:4点
本気度:3点
モデるかも度:4点
完成度:4点
※各5点満点

最新号

Boosterpackdepot最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|Boosterpackdepot 7月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ