二度と買えない!? 買っときゃよかった限定車 ベスト20【2010-2018年編】

 新車市場において、しばし設定される「限定車」。通常のカタログモデルとは異なり、販売期間や台数を区切った、特別な装備を追加したモデルや趣味性の高いスポーツモデルでは、通常よりパフォーマンスアップした仕様が販売されるケースもある。

 今回、紹介するのはまさに後者のような限定車。直近ではWRX STIをベースとしたS208が即日販売したことも記憶に新しいが、本稿で紹介する車も今なお根強い人気を誇るモデル揃い。

 前回の【2000~2009年編】に続き、2010~2018年に登場した限定車からベスト20を選出する。

文:斎藤聡、BoosterpackdepotWeb編集部
写真:編集部、MAZDA
Boosterpackdepot2018年8月26日号


タイプRにランエボも!! 注目のベスト3は?

■3位:ロードスター 25周年記念車(2014年)

ロードスター 25周年記念車/全長×全幅×全高:4020×1720×1255mm、車重:1160kg、エンジン:2L直4 DOHC、最高出力:170ps/7000rpm、最大トルク:19.3kgm/5000rpm、新車価格:325万円

 3位のロードスター 25周年記念車は、リトラクタブルハードトップ車の6速MTをベースに、ピストンコンロッドの重量バランスとフライホイールの軽量化が施されたメーカー製ライトチューンモデル。

 排気量が大きくなりすぎたNC型シリーズの異端児ではあるけれど、2Lの排気量がもたらす余裕の走りをさらにリファインしたメーカー製ライトチューンエンジンが味わえるのは大きな魅力のひとつ。

 ほかのロードスターにはない独特の乗り味も魅力に挙げていいと思う。

■2位:先代シビックタイプR(2015年)

先代シビックタイプR/全長×全幅×全高:4390×1880×1460mm、車重:1380kg、エンジン:2L直4 DOHCターボ、最高出力:310ps/6500rpm、最大トルク:40.8kgm/2500-4500rpm、新車価格:428万円

 2位の先代シビックタイプRは、ニュルブルクリンクFF最速に挑んだエンジニアの熱、この1点で買いだと思う。

 チューニングを施すことは簡単だが、タイトルを取るためのチューニングはまったくハードルの高さが違う。

 タイヤメーカーまで巻き込んでタイヤ開発を行った戦うスポーツカー。これは持っていてうれしい。ホンダらしくもある。

■1位:ランサーエボリューションX ファイナルエディション(2015年)

ランエボX ファイナルエディション/全長×全幅×全高:4495×1810×1480mm、車重:1530kg、エンジン:2L直4 DOHCターボ、最高出力:313ps/6500rpm、最大トルク:43.7kgm/3500rpm、新車価格:429万8400円

 そして1位はランエボX。

 まだ期待と希望をなくしたわけじゃないけれど、三菱からランエボが復活する可能性は残念ながらかぎりなく少なく、たぶんもう二度と買えないクルマなのだ。

 これはファイナルエディションにかぎらないけれど。25年にわたって途切れることなく積み重ねてきた三菱の4WD制御のノウハウがふんだんに込められている。登場時点で、確実に世界最高峰の4WD制御技術を搭載していたクルマなのだ。

 速く走るという意味で、性能は依然としてトップクラスにある。

【斎藤聡】

4位~10位 スバル/STIの究極モデルが勢揃い!

 続いて4位~10位のランキングは以上のような顔ぶれ。

 4位に2代前のインプレッサベースだったWRX STI tsがランクインし、5位には冒頭で触れたS208、6位にはS206、7位のWRX STI ts タイプRAを挟んで、8位にS208と、STIのなかでも足回りだけでなく、エンジンにまで手を入れた究極の限定車シリーズが続々登場。

 9位もWRX STIの限定車ながら、こちらは5ドアハッチバックベースのR205が入選。7台中6台がスバル/STIの限定車という形になった。

 この結果からも、熱狂的なスバル/STIのファンに向けたこれらの限定車が、いかに高い実力を持った“特別なモデル”であるかがよくわかる。

 また、唯一スバル/STI車以外で登場したRX-8 スピリットRは、現時点で最後のロータリーエンジン車。その熟成度の高さと希少性から未だに人気を誇る現行車のひとつだ。

11位~15位 86やヴィッツのスーパー限定車も登場

 ランキング11位以降の顔ぶれはトヨタ系スポーツモデルのランクインが目立つ。

 11位はヴィッツ GRMN、続いて12位もヴィッツ GRMNターボ、13位は無限が手がけ、エンジンを通常の1.5Lハイブリッドからスーパーチャージャーによる武装でパワーアップしたCR-Z MUGEN RZ、14位には86 GRMN、15位には86のスバル版、BRZのtsがランクインしている。

 同じヴィッツでも今年発売された11位のGRMNは1.8Lエンジンをスーパーチャージャーで過給し、212psを発揮。対して2013年発売の12位 GRMNターボは1.5Lターボで152psを発揮した限定車。

 前者は150台限定の抽選申し込みがすでに終了し、後者は200台限定で販売され完売となった。

 14位の86 GRMNも標準車とは大幅に差別化されたモデルで、エンジン最高出力は19psアップの219psを絞り出した限定車。価格は標準車から2倍超の648万円と高価だったが、限定100台の抽選に応募が殺到し、瞬く間に応募終了となった。

16位~20位 GT-Rの限定車もランクイン!

 ラスト5台、16位~20位は個性派揃い。16位はエクシーガ ts、17位はS660 MUGEN RA、そして18位にはGT-R 45th Anniversary、19位にはフォレスター ts、最後の20位にはWRX S4 tsがランクイン。

 ミニバンあり、軽スポーツあり、SUVありとバラエティに富んだ車種のスポーティモデルが顔をそろえた。

 エクシーガ、フォレスター、WRX S4の3台でランクインした「ts」は、足回りを中心にモディファイを加えられた限定車シリーズで、斎藤氏のコメントにもあるように、その乗り心地が高評価の理由。

 GT-R 45th Anniversaryは、その名のとおりGT-Rの45周年を記念して45台限定で販売されたモデル。2015年仕様のGT-Rがベースで価格は1078万7040円と高かったが、R34型スカイラインGT-R Mスペックに設定されたボディカラー「シリカブレス」を纏うなど、まさにファン垂涎の1台だった。

【編集部】

最新号

Boosterpackdepot最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|Boosterpackdepot8月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ

https://best-cooler.reviews/

http://bestseller-sales.com

best scary movies on amazon prime