ぬおっ、市販したの!? 丸目でキュートなニクいやつ S660 ネオクラシック爆誕

ホンダが誇るミドシップ軽スポーツ、S660。なんせ履いているタイヤはアドバンNEOVAだし、トランクはないに等しいし、ストイックなクルマだ。

そんなS660にオートサロンなどで注目満点の1台が展示されていたのを覚えているだろうか? それが「S660 Neo Classic(ネオクラシック)」。

丸目が愛らしいフロントマスクに、リアも丸テールでどこかクラシカルで、どこか新鮮な1台。まさか市販はないだろう、なんて踏んでいたら。出ちゃいました。しかもそのままで!!

文:BoosterpackdepotWeb編集部/写真:ホンダアクセス


■S660が次のステージへ進んだぞ!!

S660はストイックに走りを求めるユーザーもいれば、その愛らしいコンパクトなボディに魅力を求めるユーザーもいる。

2018年は「究極の走り」を追い求めたドリキン土屋圭市氏が監修の「Modulo X」が発売されるなど、その勢いはとどまることをしらない。

そのModuloXを開発したのがホンダアクセス。従来はホンダの用品の開発をしていた会社だったが、近年はコンプリートカー「ModuloX」を製造。

そんなホンダアクセスの有志が作ったコンセプトカーが「S660 ネオクラシック」は、2016年の東京オートサロンで話題になった1台だった。

これが2016年当時のS660 ネオクラシック コンセプト。クラシカルだが新しい感覚だ

こちらも2016年のコンセプト。リアのライト類などはオリジナリティが高い。標準車との差は大きい

そんな1台がなんと発売されちゃったというからビックリなわけですよ!! 今回発表されたのは2016年のオートサロンで公開された「S660 ネオクラシックコンセプト」がベースとなる。

こちらが今回発表された市販バージョン。ホイールこそノーマルだが基本スタイルは変わらず

基本的なスタイリングはそのままということからも、コンセプトカーだった当初から市販に向けて動いてきたことがわかる。

 

テールはランプ類が丸テールで存在感抜群。こちらは「S660 ネオクラシック コンセプト」のデザインが生かされた。サイドのエアインテークもスポーティ

■販売方式はボディキットでお値段129万6000円

今回のS660ネオクラシックはボディキット、そして中古車ベースの組み立て済みのコンプリートカーとして販売される。素材はFRPでもちろん保安基準などにも適合する。

ボディキットは129万6000円(車両本体、塗装、取り付け工賃などは別途)。すでにS660を持っているオーナーはこちらを選ぶことになる。

塗装色などは好みの色を選べるし、ホイールなどでカスタムすることで、唯一無二の1台に仕上げる。今回のボディキットはその素材といったところだ。

しかしながらこれだけイメージが変わるとなるとなかなか装着も大変で、そこはホンダ直系メーカーだけあって確実な販売方法をとっている。

それがホンダユーテック(ホンダの中古車販売を手掛ける会社)が運営する、「オートテラス城北(埼玉県)」「オートテラス鈴鹿東(三重県)」「オートテラス筑紫野(福岡県)」の3店舗のみで取り扱うというもの。

持ち込みでの装着、そして装着済みのコンプリートカーは上記3店舗でのみ購入可能だ。

装着イメージ。これだけ多くのパーツを装備することを考えればこの価格も納得か? なんせメーカーのお墨付きの強度や安全性を持っているのは大きい

価格はボディキットのみで約130万円とかなり高額ではあるが、ほかのオーナーとの差をつけたいこだわり派は選ぶ価値は大きい。

ホンダアクセスの担当者曰く、「ようやく、本当に、ようやく、発売にたどり着けた1台です」とのこと。

ジャパンオリジナルのS660に、さらにアクセントを添えるこのボディキット。いやー、実物を見たら欲しくなりそうだ。

発売は9月21日(金)となる。

最新号

Boosterpackdepot最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|Boosterpackdepot 6月10日号

 Boosterpackdepotの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ

Узнайте про интересный блог со статьями про видеокарта для компьютера best-mining.com.ua
https://arbud-prom.com.ua