買っときゃよかった!! 死ぬまでに乗りたい限定車たち

 消費者は「限定」という言葉にはとことん弱い。クルマに関してはエンジンのスペック、装備されるパーツがその限定車でしか手に入らないものもある。

 そうなると例え10年たっても限定車の価値というものは薄れることがない。

 そこで今回は2000~2009年までにデビューした限定車で、ジャーナリストも「買っときゃよかった」と思わず後悔した限定車ベスト20をピックアップ。あなたも欲しかった1台、ありましたか?

文:片岡英明/写真:Boosterpackdepot編集部
Boosterpackdepot2018年8月26日号


■やっぱり外せないスパルタンな和製スーパーカー

 ホンダの初代NSXは、バブルの絶頂期に開発され、送り出されたスーパースポーツだ。

 当時の技術の粋を集めて開発され、軽量化するためにオールアルミ製のボディを採用した。

オールアルミのNSX。そこに煮詰めた足回り、回転上昇も鋭いVTECエンジン。最終型のNSX-Rは現在の市場価値は2000万円ほどすることも

 パワートレーンも、量産の自然吸気エンジンとしては世界トップレベルの実力を誇っている。

 こんな贅沢な設計のスポーツカーは、これから先は出ないだろう。生産している期間が長かったが、おすすめは最終型のタイプRとなるNSX-R(2002年)だ。

 完成度が高いだけでなく希少価値も群を抜いて高いからである。今、乗っても運転が楽しいし、長く乗っても飽きないだろう。

 2位に選んだのは、ストレート6の傑作といえるRB26DETT型直列6気筒DOHCツインターボを積むR34型のGT-Rだ。

最後の直6のGT-RとなったBNR34。ニュルブルクリンクで煮詰めた足回りは固いだけでなく、しっかりと足を動かせるセッティング。現在のGT-Rに繋がる1台

 その最終仕様であるVスペックⅡのニュル(2002年)は、渡邉衡三さん渾身の力作で、設計陣の執念を感じさせる。

 意のままの気持ちいいハンドリングに加え、エンジンサウンドも耳に心地よい。限定発売だが、NSXより数が多いので2位とした。

 FD3S型RX-7(2002年)もこれから先、長く付き合えるスポーツカーだ。13B型ロータリーターボはパワフルで、独特の味わいがある。RX-8も魅力的だが、RX-7は豪快なパンチ力のターボだし、流麗なクーペボディだからルックスもいい。

ロータリー、そして軽量なボディに名デザイン。スピリットRなどはハンドリングマシンとしてFD型のRX-7の集大成となるモデル

 最終型は、さらに価値がある選択といえる。が、そのちょっと前に登場した特別限定車のタイプRバサーストRやタイプRZも捨て難い魅力の持ち主だ。

 以下4位~20位まで。

【第4位】S204(2005年)

【第5位】ランエボIX MR(2006年)

【第6位】RX-7 タイプ R バサーストR(2001年)

【第7位】ランエボ VI トミ・マキネンエディション(2000年)

今ではトヨタのWRCチームの顔だが、かつては三菱のドライバーだったトミ・マキネン。10mmダウンの車高でロールセンターの最適化などを行った

【第8位】S203(2004年)

【第9位】RX-7 タイプRZ(2000年)

【第10位】S2000 ジオーレ(2002年)

【第11位】レガシィ S402(2008年)

【第12位】フェアレディZ  Version NISMO 380RS(2007年)

Z33の380RSはZ33での究極の形態だろう。3.8Lエンジンにはニスモがレースシーンで採用するレーススペックのパーツが組み込まれる

【第13位】レガシィ チューンド・バイ・STI(2005年)

【第14位】ロードスター ターボ(2003年)

【第15位】S202(2002年)

【第16位】レガシィS401 STi(2002年)

【第17位】インプレッサ WRX STI 「STI 20th ANNIVERSARY」(2008年)

STIの創立20周年を記念したモデル。「曲がる愉しさ」を意識したセッティングは痛快ではないが、じっくりと奥の深さを味わえる1台だ

【第18位】マツダスピード ロードスター(2001年)

マツダのワークス的な存在だったマツダスピードがセッティングしたロードスター。足回りだけでなくエキマニなども変更された

【第19位】インプレッサ WRX STI スペックC タイプRA-R(2006年)

【第20位】S201(2000年)

最新号

Boosterpackdepot最新号

スクープ! 2020年の大物新車たち|Boosterpackdepot 2月10日号

 新年初売り号となる「Boosterpackdepot」最新号が2019年1月10日に発売。元号も変わるなど激動の1年となる2019年だが、Boosterpackdepotではそのさらに先、2020年に登場する大物ニューモデルを独自スクープ! 五輪イヤーに向けて、期待の新車が目白押し…

カタログ

https://best-mining.com.ua

https://topobzor.info/doogee-x5-max-pro/

www.hebidoshi84.blog.fc2.com