新型ランクルはHV!? 新フレーム構造!? 次期ランドクルーザー情報入電!!

 日本のみならず、世界でも圧倒的な信頼を寄せられる4WDといえばランドクルーザーだろう。ラダーフレームを採用し、砂漠でも、亜熱帯でも、その性能をいかんなく発揮する。

 そんな現行のランクル200もモデルライフはすでに10年を経過。時期型”300″への期待が膨らむが、Boosterpackdepotスクープ班が情報をキャッチ。

 なんとハイブリッドが設定されるという。世界に誇るタフで、ラグジュアリーな1台はどのように進化するのか。いまわかっているすべてをお伝えしよう。

文/CG:Boosterpackdepot編集部
Boosterpackdepot2018年8月26日号


■V8廃止でV6ターボとV6ハイブリッドになる

 国産SUVの最高峰であり、そして世界中の悪路で絶大な信頼性を誇るランドクルーザー。

 そのランクルシリーズのフラッグシップモデルである200系の現行モデルはデビューから今年で11年目を迎えるが、その次期モデルの存在が今回、判明した。

 現行のランクルは先代100系からいっそう豪華な内外装が与えられて2007年9月デビュー。その後2011年12月には外観デザインの改良やオフロード走行時の補助装置を採用、2015年8月には外観デザインの大幅変更やトヨタセーフティセンスを採用。

 この2度のマイナーチェンジによって最新の技術が投入され、さらに度重なる改良によって着実な進化を遂げてきた。

 しかしその間、このランクルと並ぶ世界最強のオフローダーとして人気のベンツGクラスとレンジローバーは新世代モデルへと一新。

 今年、Gクラスは1979年の登場以来初のフルモデルチェンジを実施。いっぽう、レンジローバーは2013年登場の現行型ではオールアルミボディなどの最先端技術が導入されている。

これが2020年に登場する”ランクル300″だ。キープコンセプトながらドライブトレイン、そして予防安全装備もアップデートされる

 そこで、これら世界のライバルに対抗するべく、ついにランクルも2020年夏のフルモデルチェンジを計画しているとトヨタ関係者は言う。

 その次期型は300系になる予定で、世界中で愛されてきたタフさ、それにラグジュアリー性を一段と高め、さらに安全性能を含めた世界トップクラスのSUVとして大きく進化する。

 そして、そのフルモデルチェンジは、パワートレーンからシャシーまで、すべてが新しくなるというから注目だ。

 なかでも最大のポイントとなるのがパワーユニットで、先代型と現行型で採用されてきたV8エンジンは廃止。

 次期型の国内仕様ではレクサスLSに採用されているV35A・FTS型をベースにした3.5LのV6ターボ、そしてこの3.5LのV6ターボのハイブリッドユニットという2本立てになる。

ランクル300の心臓部は写真のレクサスLS500に搭載される3.5LのV6ターボ、そして同エンジン+ハイブリッドになるという

 つまりダウンサイジングターボ化が図られ、また国産車では初のターボ&ハイブリッド車となる可能性があるわけだ。

 なお、4.6LのV8エンジンを積む現行型のJC08モード燃費は6.7〜6.9km/Lというガスイーターぶりだが、次期型は新世代パワーユニットの搭載により燃費は大幅に改善されるという。ハイブリッド車では10㎞/ℓ台を達成してくるはずだ。

■新開発ラダーフレームで悪路走破性をさらに向上

 シャシーは初代から強固なラダーフレーム構造にこだわっており、次期型もこれを継承するが、このラダーフレームも新設計となる。

 砂漠やジャングルなど、世界各地の過酷な環境でもけっして音を上げないタフさは、やはりランクルには不可欠な要素だ。

 そのボディサイズは、全長4950×全幅1980×全高1920mm、ホイールベース2850mmとなる模様で、これは現行型に比べて全高が約50mm高くなる以外、全長も全幅もホイールベースまで現行型とほぼ同サイズ。

 さらに外観のデザインもキープコンセプトになるという。外見の変化は少なめだが、機能面にも力が入れられているのも見逃せないポイント。

 世界トップレベルの歩行者検知機能付き自動ブレーキをはじめ、レーダークルーズコントロールなど、最新のトヨタセーフティセンスを搭載。オフロード走破性を向上させる先進のマルチテレインセレクトなども採用する。

 ランクルが持つブランドを確保しながら、ハイブリッドなどの先進技術によって大きく生まれ変わる次期型。大幅に進化する日本最強SUVの誕生に期待が膨らむ!

【ランクル300 予想スペック】

ボディサイズ:全長4950×全幅1980×全高1920mm
ホイールベース:2850mm
パワーユニット:V6DOHC 3444cc
馬力:422ps/6000rpm
トルク:61.2kgm/1600-4800rpm
トランスミッション:10AT
JC08モード燃費:8.9km/L
価格:550~750万円

最新号

Boosterpackdepot最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|Boosterpackdepot 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のBoosterpackdepot最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ