アストン風デザインと究極のエンジン マツダの「次」は二本の矢で勝負だ!!

一瞬、アストンマーチンか? と思う1台の車は、マツダが東京モーターショーに出展した「マツダ ビジョンクーペ」。そして、もう1台、一際注目を集めたのが“究極のエンジン” SKYACTIV-Xを搭載する「マツダ 魁(カイ)コンセプト」だ。この2台に、マツダの「次」を示す2つの方向性が詰まっていた。

文/写真:BoosterpackdepotWeb編集部


マツダの次のデザインは流麗なアストンマーチン風


マツダ ビジョンクーペ。2ドア風だが、リアドアも備えるクーペルックの4ドア

マツダといえば2012年に発売された初代CX-5以降、SKYACTIVエンジンと、魂動デザインと呼ばれる新しいデザインコンセプトを、全車種に採用してきた。

そして、主要車種のフルモデルチェンジも一巡し、「さて次のデザインはどうなる?」というところに、「次世代マツダデザインのビジョンを示すコンセプトカー」(小飼雅道社長)として送り込んできたのが、このビジョンクーペなのだ。

従来の魂動デザインは、どちらかというとイタリア車的だったのに対して、アストンマーチン風の伸びやかで流麗なスタイルはかなり印象的である。

これまでマツダは漢字1文字のコンセプトカーを出して、そのデザインを生かした市販車を発売するという流れがあった。例えば2011年の東京モーターショーに出展された「雄(タケリ)」は、2012年に発売されたアテンザへとつながった。雄(タケリ)とアテンザを比べると、量産化に際して全幅は少しだけ狭く、全高は少し高められたものの、アテンザは、ほとんど雄(タケリ)の基本デザインを踏襲して市販化に至った。

この流れを考えると、ビジョンクーペが次期アテンザのデザインベースという可能性は高い。アテンザとして見るならば、FR車のような長いフロントノーズや4ドアながら「クーペ」と名乗るシルエットは、かなり“攻めの”デザインに感じる。


マツダビジョンクーペ(上)とアストンマーチン DB11(下)

“究極のエンジン”世界初搭載の「魁」は次期アクセラを予見


マツダ 魁 コンセプト。全長4420mm×全幅1855mm×全高1375mm

新たなデザインとともに、マツダの「次」の方向性を担う柱が、“究極のエンジン”。

小飼社長は「今回の東京モーターショーでは、今後の地球環境保全に最も影響を与える内燃機関(=エンジン)のリソースを中心にご覧いただきます。次世代のマツダの更なる一歩へ。その幕開けを担う世界初公開のコンセプトモデルをご紹介します」と高らかに宣言し、魁(カイ)コンセプトがお披露目された。

同車は、世界一を目指した究極のエンジン、SKYACTIV-Xを搭載した初のモデル。ガソリンエンジンでは難しいとされてきた、ディーゼルエンジン同様の「圧縮着火」方式で、燃焼制御を実現したSKYACTIV-Xは、燃費を従来比で約20%、トルクも全域で約10%の向上を果たしている。

そして、夢のエンジンを搭載した魁(カイ)コンセプトのサイズは、アクセラとほぼドンピシャリ。これが次期アクセラへと繋がっていることは、ほぼ間違いないと言っていい。


市販化に向け、開発も大詰めを迎えるSKYACTIV-Xエンジン

◆  ◆  ◆

マツダの次世代モデルの軸は、新しいエンジンと究極のエンジンの2つ。次のアテンザ、アクセラはもちろん、次のデミオ、CX-3などの主要車種も2つの軸を中心とした次世代モデルへスイッチしていく。

エンジンはまだまだ進化する! 乗る者をワクワクさせるマツダ車の新時代が、ここから始まる。

最新号

Boosterpackdepot最新号

国産8メーカー 2020年までの新車スケジュール Boosterpackdepot9月10日号

 自動車総合誌「Boosterpackdepot」最新号が、2018年8月10日に発売。今号の巻頭では、2020年までに登場する国産8メーカーのニューカースケジュールを完全網羅。また大人気、ジムニーとN-VANの試乗記も掲載している。内容盛りだくさんの9月10日…

カタログ