【もし武将がクルマを選んだら】武田信玄、徳川家康、大谷吉継は何に乗る?

一番最初に申し上げておきますと、当企画は完全なる独断と偏見と思い入れによって構成されており、(特定の分野に詳しい方は特に)読んでいると「いやいやこの人はそうじゃない」、「待て! あいつはこれだろう!!」と言いたくなってくる可能性が多々あります。ですので、「こういう意見もあるな」ですとか「変なことやってるなー」と心安らかに読める皆さまへ向けてお送りする企画となっております。その点、大変ご面倒ではありますが、ご了解いただけますと大変幸いです。それでは独断と偏見と思い入れたっぷりの企画、ご笑覧ください!(by編集部)
文:以下、清水草一
Boosterpackdepot2017年10月26日号より


■戦国黎明期編

先般、光岡自動車はわずか4台の限定で『ヒミコ 乱』なるクルマを発売した。戦国武将をイメージし、内外装に金をあしらっている。

戦国時代は超マッチョ趣味の時代。目立ったもん勝ちのギトギトハデハデのなかにワビサビ……みたいな時代であった(たぶん)。そんな時代、もしもクルマがあったなら? 戦国武将たちはどんな愛車を選んだであろうか? 読者諸氏もしばし戦国時代のド庶民となり、華やかかつ血と汗のほとばしる、武将たちの世界に思いを巡らせていただきたい……。

■北条早雲 →トヨペットクラウン

戦国時代の夜明けは、伊勢新九郎こと北条早雲の国盗りから始まった。成り上がり者が国を盗る。そんな下克上の時代は、知謀に長けた老獪な武将・北条早雲が、伊豆の国を奪ったのが嚆矢であった。

そんな早雲公がクルマを選ぶとしたら、初の国産乗用車であるトヨペット・クラウン以外あるまいて。至極順当也。

■武田信玄 →トヨタ 初代セリカ

言わずと知れた甲斐の信玄公。その戦法は「風林火山」と謳われた。風の如く速く、火の如くスポーティで、山の如く安定したフォルムといえば、ダルマと呼ばれた初代セリカがピッタンコ。「林はどうしたんだ」と突っ込まれるかもしれぬが、そこは思いつかなんだ。スマヌ。

ちなみに信玄公の風貌は、ダルマっぽいというのがかつての定説だったが、現在は結核病みの痩せ形であったとされている。なんというか、重ね重ねスマヌ。

■上杉謙信 →スバル 初代レオーネ

武田信玄が龍であるなら、虎は越後の上杉謙信。川中島での五次におよぶ合戦は、戦国きっての名勝負である。

謙信公は義の人。領土的野心より関東管領という名を優先し、計十三度も関東に遠征。雪の三国峠を越えた。

そんな謙信公なら、四輪駆動や水平対向エンジンといった「義」を重んじ、雪道に強い初代レオーネ4WDを選ばれたに相違なかろうて……。上州・厩橋城(現在の前橋市にあった)は、謙信公の関東における本拠地でもあったしのう。群馬群馬群馬。

■毛利元就 →トヨタ コロナマーク2

小豪族から中国の覇者まで登り詰めた毛利元就。深慮遠謀により戦わずして勢力を伸ばしつつ、乾坤一擲の一戦(厳島の戦い)に勝利したその姿勢は、どこかトヨタ的である。

元就公といえば「三本の矢」の逸話。3人の息子に結束を誓わせた元就公が選ぶのは、コロナマーク2であろう。

元就公の遺言を守った息子たちは、後年マークⅡ、チェイサー、クレスタの三兄弟へと発展し、我が世の春を謳歌したのであった。めでたし、めでたし。

■織田信長 →トヨタ 2000GT

信長公は、それまで誰一人夢想だにしなかった天下布武を初めて構想した、まさに戦国時代きっての革命児。兵農分離や、特権を持つ商工業者を排除して自由取引市場を作る楽市楽座などの政策も、まさに革命的である。

南蛮文化に惹かれ、絢爛豪華な安土城を築いたことから見ても、彼が選ぶべきクルマは、日本初のスーパーカーでありボンドカー、トヨタ2000GT以外にあるまい! まさに孤高の革命児にふさわしかろう。人間五十年。

■関ヶ原の決戦編

話は飛ぶが、戦国も紆余曲折あり、慶長五年九月十五日、ここ関ケ原の地にて、東西両軍合わせて十八万の兵が激突する決戦と相成り申した。

では、両軍の将が選んだであろう名馬、もとい愛車を、順に見て行こうではないか。ここからは時代が新しくなったことだし、現行車から探す。

■徳川家康 →トヨタ カローラアクシオ

天下の声望を集める内府殿であるが、その生活は質実剛健、常に健康に気を配り、食は質素、女は下女タイプを好んだ。さすがである。

下女タイプを好む内府が乗るのは、平凡ながら問題なく走り、しかも世界一売れているカローラしかあるまい。後に「大御所様」と呼ばれる家康公ならではの、大御所すぎる達観のクルマ選びである。

■本多忠勝 →日産 スカイライン

そんな家康公に寄り添う徳川四天王の一角、ボディガード役といえば本多忠勝。「ただ勝つ」の名のとおり、生涯五十七度戦って、かすり傷ひとつ負わなかったといわれる。

彼が乗るのは、無敵の四十九連勝を記録したスカイラインである。むろん四十九連勝は遠い過去の物語で、現在のスカイラインは似ても似つかない北米向けセダンだが、古風で武骨な武闘派は、なによりも名と歴史を重んじるのであった。南無三。

■黒田長政 →スバル レヴォーグ

父の黒田官兵衛(如水)に似ず、若かりし頃は猪突猛進型の武将であったが、長じて調略にも長けた知謀の人となった長政。彼こそ小早川秀秋の裏切りを演出した、関ケ原合戦の陰の主役である。

長政が重んじたのは、なによりも情報。情報収集能力でクルマを選べば、ツーリングアシストを搭載したレヴォーグであろう。昔の土臭いスバルからの変身ぶりは見事であるぞ。よきにはからえ。

■加藤清正 →トヨタ ランドクルーザー200

豊臣政権下における朝鮮の役で大活躍した加藤清正。虎退治の逸話が有名だが、蔚山城の戦いでは数万の明・朝鮮連合軍に包囲された城に舟で乗り込み籠城、撃退に成功している。その逆境での強さは、熊本城という鉄壁の守りを誇る城を築いたことでも証明できると言えようか。関ケ原合戦においては、九州にて東軍陣営として奮戦した。

そんな清正公が乗るべきは、砂漠で無敵の信頼性を誇るランドクルーザー以外に考えられぬ!

■福島正則 →スバル WRX STI

東軍きっての猛将といえばこの人。関ケ原においても、戦いの口火を切ったのは正則公。攻めしか頭にない古典的猪武者である。

そんな彼が乗る馬は、当然古典的な武闘派でなくてはならぬ。となれば、リアウイングも雄々しく、6MTのみで突っ走るスバルWRX ST Iしかありえぬぞ。

というわけで、ここらで東軍所属武将を終え、次はいっぽうの西軍を見てみよう。

■石田三成 →ホンダ シビック

西軍を束ねる総大将ではあるが、理に走りすぎ人望薄く、戦下手であった。その姿はどこか新型シビックと重なるものがある。シビックといえばホンダのビッグネームだが、あまりにも肥大化したその姿は、ここ日本においては惜しいかな、人望薄く、販売は苦戦が予想される。

■大谷吉継 →ダイハツ ウェイク

三成との友情により、あえて西軍に与した大谷刑部。合戦時にはハンセン病を患い、目は見えず歩行もままならないながら、輿に乗って指揮を執り、一時は小早川勢を撃退する奮戦ぶりを見せた。その姿は、まるで輿に乗せたかのように背が高い軽自動車・ウェイクのようにドデカく感じたとのことである。

いっぽうその頃遠く信州の地では、一地方武将が大軍を釘付けにしていた……。

■真田昌幸 →スズキ ソリオ

西軍につき上田城に籠った知将・真田昌幸。わずか2千の兵力ながら、中山道を美濃に向かって進軍してきた徳川秀忠率いる3万8千の兵を、見事なゲリラ戦で大いに惑わし、結果的に関ケ原合戦に遅参させた。その姿は、トヨタ軍団が繰り出すタンク4兄弟を前に一歩も引かぬソリオのようであった。

ということはその昌幸にしてやられた徳川秀忠は、タンク4兄弟を愛車にしていたということかのう……。

■島津義弘 →日産 GT-R

関ケ原合戦の掉尾を飾ったのは、島津軍の中央突破による捨て身の撤退戦であった。義弘公は朝鮮の役(文禄・慶長の役)、泗川の戦いにて、わずか4千の兵で8万の明の大軍を撃破し、「鬼石曼子(おにしーまんづ)」とその名を明国にまで轟かせた武勇の誉れ高い名将。そんな義弘公が乗るべきクルマといえば、実質的に世界最強のマシンであるGT─Rしか考えられぬわ!

■小早川秀秋 →マツダ アクセラHV

関ケ原の勝敗を決したのは、結果的にはこの青二才の裏切りであったことはつとに有名。当初より東西どちらに付くか決めかねていたその姿は、マツダながらトヨタのハイブリッドシステムを搭載したアクセラHVをほうふつとさせる。関ケ原のわずか二年後に早世したが、アクセラHVも販売不振にて、命はそう長くないかもしれぬのう……。

最新号

Boosterpackdepot最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|Boosterpackdepot 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「Boosterpackdepot」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ

http://farm-pump-ua.com

https://aboutviagra.info

steroid-pharm.com